平成22年5月18日(火)

■朝:トースト2枚(バターなし)・ゆで卵・コーヒー
■昼:ハンバーグ弁当(U味T家)飯1/3残し
■夜:春の夜スープカレー(UDNテイクアウト)

□起床時体重:84.8kg
□入浴後体重:85.0kg …カレー食わなきゃ84kg台

ちょい残業してから歩くかと思ったその時、
女房が「UDNのスープカレー食べたい」と一言。

まさに鶴の一声。

弱いなあ…その声に、というよりはUDNのカレーに。

4パターンある季節の夜スープカレーの中でも、
アスパラ・セロリ・貝柱・ひき肉の入った「春の夜スープ」は
絶品中の絶品。

もう10年も前になるかなあ、
最初この店のカレーをテイクアウトで食べたときの衝撃は忘れ難い。
「な・な・なんなんだ!?この水っぽい、てゆーか水のようなカレーは!?」

マジで水分量間違えたかと思った。店の兄ちゃん素人っぽいし。

これがスープカレーというシロモノであることを知り、
なおかつ、スープを飯にかけるのではなく、
最初にスープを飲んで、その余韻で飯を食うべし、
というお作法を学んでから、すっかり虜になりマシタ。

それからしばらくたってからだろう、
やたらとTVで「札幌発スープカレー」が取り上げられだしたのは。

冗談じゃあないよおい、こちとらUDNのおかげで10年前から食ってらあ。

最初はどうなることかと思ったこの店だが、
ネットで火がつき口コミで広まり、
今や常時満席の超・人気店になってしまった。
しかも相変わらずメディアの取材は基本的に受けないし。(絶対正解!)

すぐ近くの大通り沿いにある有名カレーチェーン店が、
毎日12時から1時まで「今ならすぐお席にご案内できますよ~」と
懸命に呼び込みしている一方で、(昼時でも座れるって…)

一本細い道を入ったところにある、まるで目立たないUDNの前には
昼時ともなれば連日行列ができる。
(店主ひとりでその都度作っているので時間がかかり、
休み時間の関係上、あまり長時間は待てないので、
並んでいるのはいつも数人だが…)

セントラルキッチンから毎朝運ばれてくる、どの店で食べても同じ味のカレーと、
日本中探してもここでしか食べられないカレー。

接客などはともかく(チェーン店はそういう点でしか差別化できない)、
「独自な味の創造と確立」に賭けた人生の重みがまるっきり違わい。

…ン?これは(B級といっては失礼か)グルメブログ?

もとい。

今までは自分の分はもちろん、女房がくれる飯も平らげていたが、
さすがにそんな愚挙には及ばず、自分の飯も1/4ほど残した。

その後女房と近所のスーパーへ日用品の買い物に行き、
彼女を自宅に送り届けてから3kgウエイト装着6kgウォーク。
ここで歩いとかないと元の木阿弥になっちまう。

でもっておかげさまで85kgジャスト。
微量だが着実に減りだした…か?(油断すなっ!)
 

平成22年5月17日(月)

■朝:カップ鮭茶漬け(永谷園)
■昼:ひじき・切干・新香・海苔・昆布佃煮・麦飯

□起床時体重:85.4kg
□入浴後体重:85.4kg …6km歩いて朝と変わらずって

昼間は哀しいくらいヒマでほとんどカロリー消費の実感なし。
夜は3kgウエイト6kmウォーク、それで体重に変化なし。

このブログを開始してから約50日、
体重はわずか1kgしか落ちていないが
スボンは確実にブカブカになり、ベルトの穴も1つ進んだ。

多少なりとも脂肪が筋肉に代わってきた、
・・・と思わなけりゃやってられんよ。

そういえば土曜日の慰労会が主賓の都合で日延べ。
それ自体は別にどーってことないが、
某ホテルの中華コースを予約してたんだよなあ。
うーん、残念至極。

さて、土曜の晩飯どうしよう。
T町のMYN寿司(お好みにぎりの持ち帰り)か、
いつものオステリアのリブも捨てがたいが…
そういえば地元の鰻屋にも顔出してねえなあ…。

あと4日、大いに悩むか。
他に考えることもねえし。

(金曜夜は諸事情によりS駅ectの和食弁当にほぼ決定)
 

平成22年5月15日(土)

■朝:冷奴・ひじき・切干・海苔・新香・麦飯
■昼:コンビーフ+ザワークラウトサンド(TDS)
■夕:ギョウザドッグ・チュロス(TDS)
■夜:サラダ系惣菜5点(イクスピアリ柿安持ち帰り)・ビール・白ワイン

□起床時体重:84.8kg
□入浴後体重:85.8kg …1日中歩いて1kg増かいな(呆)

(以下、お食事中の方・うんこネタがお嫌いの方はご遠慮下さい)

諸事情により10:30から女房とTDS突撃。
目的はアトラクションなんかじゃなくて、
パスポートをプレゼントしてくれた妹夫婦への土産品購入と
あとはひたすら散歩。

昼飯は予定していたイタリアンが予約でいっぱいということで断念。
恐ろしく空いているニューヨークデリでサンドイッチ。

その2時間後に20分並んでギョウザドッグ。
一度食ってみたかったのだが、これのどこがギョウザじゃい!
生姜を必要以上にきかせただけの、単なる肉まんじゃあねえか。
…あ、見た目がギョウザ風ってこと?
いずれにしろ個人的には2度目はNo Thanks.

夕方は午前中にファストパスを取っといた「タワーオブテラー」。
要は室内・垂直落下型アトラクションだな。
エレベーターの急降下・急上昇で胃の内容物まででんぐり返り。
怖かねえけど気分が悪くなりやがった。
50男が青白い顔で女房に背中さすられてりゃあ世話ねえぜ。
…ったく、あんなのどこが楽しいのかね?
(あくまで個人的な感想でゴザイマス)

それはそうと、2夜連続でガブ飲みした寝酒ワインのせいか、
朝から排便地獄に陥る。

自宅と勤務先で計4回、TDSではなんと5回。
しかも最後の2回は下痢気味で
朝食ったひじきが原型のまま排出された。

はっきりいってTDSにうんこしにいったようなもんよ。

それでも朝より1kg増えてるってどういうこったい。
しかもこれから晩飯だってぇのによ。
 

平成22年5月14日(金)

■朝:鮭茶漬け(永谷園)
■昼:納豆・ひじき・切干・海苔・新香・麦飯
■夕:鮭茶漬け(永谷園)
■夜:赤ワイン少々・カマンベールチーズ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:85.0kg

夜は3日連続の3kgウエイト装着6kgウォークで疲労困憊。
帰宅→シャワー→寝酒にワイン少々。五臓六腑に染み渡りやがった。

明日は朝から某所で混雑の中、朝から1日中歩くことになりそうだ。
さすがにウエイト装着はやめとこう。
 

平成22年5月13日(木)

■朝:納豆・温泉玉子・海苔・昆布佃煮・新香・麦飯
■昼:むつ西京焼弁当
■夜:糖質ゼロビール・胡麻煎餅数枚・赤ワイン少々・カマンベールチーズ

□起床時体重:85.0kg
□入浴後体重:85.0kg …よしとしよう

朝、月例通院。

尿酸値は良好。
だいぶ前から苦しめられている、突如発症する「のぼせ」は、
(誰かが夜な夜な五寸釘打ってるとかじゃなくて…多分)、
どうやら現在服用してる降圧剤の副作用であることが濃厚で
医師に相談して薬を変えてもらうことにした。
これで一安心。

午前中、昔世話になった某氏の慰労会?を急遽思いつき、
昼間はスケジュール調整、店の予約やコースメニュー選定と、
食い物のことばかり考えていた。

だからというわけではなかろうが
21:00からの3kgウエイト装着6kmウォーク中ずーっと

「ビール飲みてえ」
「煎餅食いてえ」
「赤ワイン飲みてえ」
「チーズ食いてえ」

これは栄養補給だ。
そうだ、カラダが本能で欲しているのだ。
チーズや煎餅やビールや赤ワインは
きっと今夜のうちに筋肉になるのだ。
だったら飲まねばならぬ、食わねばならぬ。

と、無理やり自分を納得させて(=ごまかして)、
現在、糖質ゼロビール(風飲料)をほぼ一気飲みした後、
コンビニで売ってる安~い南アフリカ産赤ワイン(うまかねえよ)を
一人でグイグイ飲みながらコレを書いてる次第。

まあ、たまにはこんな夜もあらあな。

…ホントに「たま」かよ?
明日からが怖い。

(当初は↑で終わるつもりだったが酒が入ってついつい饒舌に…)

ついでに酒について少々…(ウンチクなんかじゃあねえよ)。

最初に一口(その一口が多いのよ)飲むならやっぱビールでしょ。
生もいいけど、できれば「サッポロラガー」がありがたい。
以前は(知る範囲では)O町のH幸くらいでしか飲めなかったが、
最近ではコンビニでも見かけることができてうれしい。
大人はラガーよ、それもサッポロに限る。

次は、和食なら断然日本酒、それも生酒がいいねえ。
盟友にもらった「初緑」(岐阜)が恐ろしく旨くて悶絶。
(モノスゴク旨いらしい富山の酒も併せて頂戴したが、そちらは未賞味)
「出羽桜」(山形)もヒッジョーに素晴しい。

肴は浅利の佃煮、小田原の蒲鉾、かに味噌瓶詰めだけでOK。
(全品成城石井で調達可能)
…〆はやっぱり土川そば(岩手)! オレに茹でさせろ!

---------------------------------------------------------

…蛇足ながら、個人的日本の三大麺は、
■土川そば(岩手)
■盛岡冷麺(※それも戸田久に限る)
■味噌煮込みうどん(※それも山本屋本店に限る)…以上蛇足。

---------------------------------------------------------

高価なフランスワインを飲むような店には金輪際行かないので
ワインといえばイタリアかなあ。
味にしろ香りにしろ、華があるからね。

たまに行くオステリアでもだいたいガブ飲みだから
味も銘柄もほとんどわからないけど
キャンティクラシコ、カンポフィオリン、アマローネなんかは
うまいと思うねえ。
成城石井で売ってるエヴァも素晴しいし、バローロは別格。

焼酎を覚えたてのころは石蔵を毎晩のようにグイグイ飲んでたけど
今はコンビニで売ってる一刻者や黒霧島で満足できます。
でも蕎麦屋で飲むなら蕎麦焼酎(十割とか)の蕎麦湯割りに尽きるだろう。
(ねっとりとした蕎麦湯であることが必須条件だが)

でもって仕上げの一杯はポートエレン。
現在では生産されていない、幻となりつつあるシングルモルトの皇帝。

今の経済状況と、それが及ぼす心理状態では、
とてもポートエレンをゆっくり味わうようなゆとりはないけれど、
そんな時を再び過ごせるように、日々悪戦苦闘してるわけだな。

その時のために、実はわが家の倉庫の奥には、
そのポートエレンのオフィシャルボトルが
5~6本眠っているのだよ、ウッシッシ(とっくの昔に死語)…。

間違ってもヤフオクにゃあ出さねえよ。
(オフィシャルボトルはもうほとんど出品されてないのね)

…これだけ書いてるうちに赤ワインどれくらい飲んだかって?
ボトル1//3くらいじゃあねえか。
う~ん、いい酔い心地。ではそろそろ気絶。
 

Top|Next »

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて7年経過、
今はリバウンドと闘う58歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR