平成22年9月2日(木)

■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー
■昼:豚しゃぶ弁当(美味卵家)飯1/4残し・味噌汁
■夕:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー 
 
□起床時体重:73.6kg /体脂肪 19%
□入浴後体重:73.4kg …さすがに憮然として休肝日

なかなか72kg台に再突入できず、73kg台をウロウロしている間に
メタボライバル・Sちゃんの足音がヒタヒタと迫ってきた。
今朝は74.6kg、その差はわずか1kg。

しかも腹囲に至っては
Sちゃんはすでにメタボ判定基準の85cmを3cmも下回る82cm!
オレ? 怖くって測れねえよ(苦笑)。

やはり歩行よりチャリ走行の方がカロリーを消費するのか、
それとも炭水化物を徹底排除しているのが奏効しているのか、
あるいは風呂場でシャドーが脂肪をこそげ落としているのか?

…てゆーか平日夜、調子こいてビール飲んじゃってるのがいけねえのよ。

-------------------------------------------------------------------

■時計の針を15年前に

15年前、人生におけるブラックホールが、突如目の前に現れた。

常人(苦笑)ならまず遭遇しないか、
しそうになっても危うく回避するであろうところを、
愚かにも(とも思っていないが)敢えて火中に栗を拾うべく、
えいやとばかり、大きな口を開けた奈落の底に向かってダイブした。

以来15年、状況は好転の兆しを見せたかと思えば
ある日を境にいきなり再び悪化の一途をたどったりと、
まさにジェットコースター・ライクな
スリリング極まりない年月があっという間に過ぎていった。

15年前の体重が63kg、それが今年の3月の時点で86kg。
(もっとも、ピークは長い間の90kg…)

23kgも増えりゃあ、そらもう別人だわなあ。

先週土曜日、久しぶりに訪れた旧知の居酒屋で
オレの華麗なる?変身振りに驚愕した女将の様子を見て、
わが愛妻はいつにもまして機嫌よく微笑んでいた。

それからしばらくして、芋焼酎の酔いも手伝ったか
彼女はオレの目をまっすぐに見て、こう言い放った。

「もう何年も前から、デブなあなたを見るのがいやだった」

「だけど仕事で忙しそうだったし、何度もダイエットに挫折してるし、
真面目に言ったらケンカになりそうだったので、冗談めかして言った」

そうなのだ。

風呂上りの裸体を見て、何度彼女におちょくられたかわからない。

◆妊娠何ヶ月ですか?

◆まるでトドみたいな体型

◆あーあ百年の恋も冷めちゃう

実はそれは冗談ではなく、愛妻の悲痛な叫びだったというわけだ。

まったく、豚すれば鈍す。


そして去年6月、50歳を迎えた。
…で、慄然とした。

もう後がない。

40歳を迎えたのはまだまだ一寸先は闇状態の真っ最中で、
自分の齢について考える余裕などまったくなかった。

そこからさらに光陰矢の如しであっという間に50歳。
30歳だったのが昨日のことのようだが、あれから実に20年も経っている。
そしてこのまま再びあっという間に20年が過ぎれば、なんと70歳だ。

誰かが「40の坂を過ぎれば、あとは転げ落ちていくだけよ」と言ったが、
50歳を迎えて、いきなり強烈な切迫感・寂寥感に襲われた。

オレの人生における「年齢的にみた全盛期」は、もうすぐ終ろうとしている。

それは、大いに困る。

まだ何も成し遂げてはいない。
もちろんこれからも何も成し遂げられないかも知れないが、
いずれにしろ、このまま齢とともに朽ち果てていくのは耐え難い。

かといって、何をどうしてよいのやら、
これといった打開策も思い浮かばず、ただ時間だけが過ぎていった。
そしていつしか喉元過ぎて熱さを忘れた今年1月、
愛妻のいつもの侮蔑から、ついに冗談の色合いが消えた。

「これは本気で愛想を尽かされるかもしれない」と身震いしたとき、
忘れかけていた切迫感・寂寥感が鮮烈に蘇ってきた。

「オレはこのまま老いさらばえていくのか?」

よし、決めた。

時計の針を15年前に戻そう。

35歳のときの肉体を、なんとしても取り戻すのだ。


それから5ヶ月、体重的に言えばまだ当時には戻ってはいないものの、
特に成人してからは運動らしい運動をまったくやってこなかったこともあって、
実のところ、51歳の今、大げさに言えば
わが人生史上最も筋肉質で健康的な肉体を手に入れつつある。

連日の朝夕歩行で両足の筋肉はパンパンに張り、
腕の力こぶも過去最高の隆起を見せている。

これでしつこく残る腹回りの脂肪をおおかた除去すれば、
いよいよ35歳のオレが帰ってくる。


場面はこうして先週土曜日の居酒屋に戻る。

愛妻はこう続ける。

「今年の1月から、心を鬼にして本気で軽蔑したフリをしたけど、
体型よりも、体調の方が心配だった」

「おかげで目が覚めたよ、ありがとね」

ほろ酔い気分で居酒屋を出てタクシーを拾える広い道に出るまでの間、
どちらからともなく手をつないで、いつになくゆっくりと歩いた。

それは実に10年以上ぶりのことだった。
 

平成22年9月1日(水)

■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー
■昼:麦飯・納豆・鮭・ひじき・新香・味噌汁
■夕:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー 
 
□起床時体重:73.4kg /体脂肪 19%
□入浴後体重:73.0kg …開き直ってるわけじゃないけどこの後ビール+焼酎。

今夜から四角形コース歩行時には50円玉を1枚、ポケットに忍ばせることにする。

今までは境内にある目黒区公衆便所を拝借するついでに(失礼)、
愛妻と私の両親、それに89歳になる叔母の無病息災を大鳥神社に
毎度「タダ頼み」していたのだが、今回ばかりはそうも行くまい。

個人的一大事が、来る10月5日に決定する。
そしてそれは「人事を尽くす」性質のものではまったくなく、
ひたすら「天命を待つ」しかないのである。

だから、神様にすがるよりほかはない。(神事を尽くす?)

幸いなことに、手元に50円硬貨が50枚ある。

…コレでなんとか、よろしくお願いします、八百万(ヤオヨロズ)の神様♪

------------------------------------------------------------------

■カタストロフィ回避

去る4月、岐阜県各務原市に住む盟友が、突如倒れた。

夜、突然自宅で息苦しくなり、意識が遠のいていく。
「救急車を呼んでくれ」と叫ぶなり、床に突っ伏す。

ところが救急車に乗ると安心したか、症状は急に軽くなり、
近隣の総合病院に着くころにはすっかり平静を取り戻していた。

実は彼、4年前にも同じような発作を起こしている。
やはり動悸、息切れで苦しくなり、
勤務先の地べたに寝転がってしまったほどだ。
(症状はやがて収まったので救急車は呼ばなかった)

そのときはおせっかいな友人(オレ)から
「パニック障害じゃあねえか?」と言われて早速心療内科に通院すると、
(オレの)思った通り
「緊張の連続による心労からくるパニック障害・及び高血圧」
と診断された。

しかし今回の発作は4年前のそれとは比較にならないほど苦しい。
「ひょっとしたら心筋梗塞か?」との思いが彼の頭をよぎったが、
病院に着くころにはすっかり発作も収まり、逆に気恥ずかしさを覚えた。

しかし念のために血液その他各種の検査を受けた後、
その夜は入院することなく、精神安定剤を飲んでそのまま帰宅した。

とまあ、大山鳴動して鼠一匹と、このまま笑い話になるはずだったが、
そうは問屋が卸さなかった。

翌日の昼間、仕事中の彼は昨夜の病院からの電話で急遽呼び出された。
果たして検査の結果は、

◆重度の狭心症=心筋梗塞の一歩手前

◆初期の糖尿病

◆高血圧

特に狭心症は可及的速やかに適切な処置が必要、というわけで緊急入院。

最悪の場合、
開胸して心臓付近の血管バイパス手術を行う可能性まであったが、
カテーテルで血管内に金属の管を埋め込む処置で当面は様子を見ることに。

盟友はこの翌々日には退院したが、そこから徹底した食事制限が始まった。
カロリーはもちろん、特に塩分摂取量は厳守しなければならない。

退院のとき、担当医はこのように盟友を諭した。

「狭心症が見つかってよかったですよ。
前回の発作から4年で、その間、症状は確実に悪化しているはずです。
今回処置していなければ、恐らく次回は心筋梗塞の発作を起こし、
命を落としていたかもわかりません」

高血圧でなおかつ堂々たる肥満体型を誇っていたオレにとって
この医師の盟友への言葉は、
とてもじゃないが対岸の火事とタカをくくってはいられなかった。

そう、カタストロフィ(悲劇的結末・破滅)は、ある日突然にやってくるのだ。

盟友はしみじみと語る。

「今回自分はたまたま早期発見で助かってよかったが、
それ以上に、体内に潜む病巣と向き合う機会を得たことに感謝したい。
1昨年はボランティアの要職にあって対人関係でストレスにまみれ、
そこから開放された昨年はその反動で就寝前の深酒が続いた。
わが身にとんでもないことが起きないうちに、
食事・飲酒・運動不足などの生活習慣を見直し、
なおかつストレスをコントロールする術を身につける必要がある」

まったくその通り。
まだまだ死ねないし、ましてや今、死ぬわけには断じて行かないのだ。

盟友はその後、病院から提示された以上に厳しい食事制限を自らに課し
担当医に「ここまでしなくても…」と苦笑されたという。


今、この盟友の周囲には、明らかな肥満体型+血圧が160-110の友人が2人いる。
(オレはそのいずれの方とも面識がない)
両人とも、医者から節酒・食生活コントロール・運動不足の解消など、
早急な生活習慣の改善を強く勧められているが、
本人たちはどこ吹く風で、みずからの数値を自虐的に笑い飛ばしている。

もちろん、その2人とも80歳を過ぎても元気でいるかもしれない。
だが一方で、ある日突然襲ってきた胸苦しさに身悶えしつつ、
次第に遠ざかる意識の中で
「アノトキ…だいえっとシテ・イ・レ・バ…」と後悔しながら絶命するリスクは、
一般の健康な人よりも、はるかに高いのだ。

それを強く認識して、自覚症状のない今の時点から生活習慣を改善することが
家族へのほんとうの愛情だと考えるが、いかがだろう?

くどいようだが、もう一度書いておこう。

カタストロフィはある日突然に襲ってくる

そのときアナタが何を後悔しようが、そんなこたあ知ったこっちゃないが、
突如として取り残された家族はどうなる?

そうならないために、今すぐに始められることがきっとあるはずだ。
それでこそ大人の男、だと思うけどね。

少し前の手前の醜態を棚に上げて、
だらしなく腹を出っ張らした中年を見ると、その家族が気の毒に思えてくる。

病床で、見舞いに来た友人に
「だから何度も言っただろ? 冷たいようだが、同情はしねえよ」
と突き放されたくなければ、
今すぐに生活習慣の改善に取り組みなさいって、決して損はねえんだから。

…かつては同じようなメタボ体型の51歳にここまで言われても
薄笑いで逃げようとする同世代のオヤジたちは、哀しいかな…

結局のところ、自分にも、そして配偶者にも、甘えているんだな。

それでは、自立した大人の男とは言えないよ、
いくら仕事ができて、金を稼いでいるとしても…。

以上、失礼を承知で、5ヶ月前までのオレへの自戒も込めて。
 

平成22年8月31日(火)

■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー
■昼:ハンバーグ弁当(美味卵家)飯1/3残し
■3時:くずもち(小)・枝豆大福(小) 
 
□起床時体重:73.4kg /体脂肪 20%
□入浴後体重:73.0kg …この後焼豚・胡瓜・ビール+塩辛・焼酎ですが何か?

夜歩行に出て山手通りをひた歩くことしばし、
なんとなく足に違和感が…。

いつになく軽い。

ふと足元を見ると、ウエイトベルトの装着を忘れてやがる。
そら軽いわけよ。

別に慌てて出かけたわけでもないのに…、
また意識障害かいな。

…んなこたねえよ。

不動前とうきゅうの石段で止まり
それまで手に装着していたウエイトベルトを足に巻いて再スタート。

そうそう、この感じ。

でも今度は…

腕が軽いっ!

それでも両手に各500gのウエイトを握り締めているんだけどね。
習慣てのはまったく恐ろしい。

いつもより計1kg軽いのに、それがかえってバランス不均衡を招いて
歩きにくいことこの上なし。

その違和感を払拭すべく、いつにも増して全速歩行。
なんだか余計にくたびれた感じ。

…それでつい酒飲んじゃうのよ。(言いわけになんないっつーの)

土曜日に買った函館産塩辛がですね、もうすぐ賞味期限なので…(苦しい)。

--------------------------------------------------------------

3月31日から始めたこのデブログも
早いもので今日でちょうど5ヶ月が経過した。

この間体重が86.5kg-73.0kg=13.5kg減。
まだまだ道半ばであるし、特に最近は停滞気味でもあるが、
運動と空腹状態が大の苦手で、
なにより飽きっぽいこのオレが、
よくもここまでコツコツと続けてこられたものだと思う。

今回、脱メタボ・ダイエットのトリガーの役割りを果たしてくれたのは、
言うまでもなく【卒業35年目にして初めての中学同期会】だ。

当初、出欠を尋ねる往復ハガキを手にしたオレは、
今の状況で、いったいどの面さげて皆に会えるものかと、
極めてネガティヴな精神状態に支配されていた。

…でもそれなら、
せめて見た目だけでも同級生たちより若くあれば
少しでも胸を張って出席できるのではないか…

そう考えて、ようやく(文字通り)重い腰を上げ、
【6月19日までに70kg台突入】という、
直近の明確な目標を定めて
脱メタボ・ダイエットに取り組むことができたのだ。

同期会を企画し、その開催に向けて
1年以上もかけて準備を積み重ねていらした
E女史はじめ幹事の皆様に、
この場を借りて、改めて心より御礼申し上げたい。

ほんとうに、ありがとうございました。


実は、この10年間で何度かダイエットに挑戦している。

現に今、歩行のたびに手足に巻いている各500gのウエイトベルトは
もう5年以上も前に買って、ほんの数回使用しただけで
長い間ほったらかしにし続けていたものだし、
スポーツ用速乾Tシャツもまた然りだ。

前回のダイエット挑戦は確か2年前だったか?

今では颯爽と軽々歩けている、目黒郵便局を対角とする6kmコースを
計2kgのウエイトベルトを装着して、死にそうな思いで何回か歩いた。
そして帰ってきてはドカ飯とガブ飲みで元の木阿弥の連続で、
体重はむしろ増えるばかり(笑)、
1週間も続かずにあっけなく音を上げた、恥かしくも苦い記憶が蘇る。

では、そんなこれまでの何度かの挫折と今回とでは、何が違うのか?

もちろん、直近の明確な目標の有無ということもあろうが、
それなら6月19日の同期会が終わってしまえば、
早々に挫折してもよさそうなものである。
(9月23日までに60kg台突入という次の目標もあるにはあったが、
同期会が終了して虚無感に囚われた6月20日の時点では、
それは遥か遠い先の、しかも夢のまた夢の数字であった)

しかしその後も(われながら)愚直に継続し、
同期会当日より、さらに約7kgも絞り込むことができた。

この5ヶ月を顧みるに、
トリガーは確かに同期会であったが、
その後も辛抱強く脱メタボ・ダイエットを続けていくにしたがって、
強力な推進力となるべき3つの主題が、ハッキリと浮かび上がってきた。

■カタストロフィ回避

■時計の針を15年前に

■生涯現役へ向けて


明日から3回に分けて、これらについて書いてみたい。
 

平成22年8月30日(月)

■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー
■昼:ハンバーグ弁当(美味卵家)飯1/3残し
■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー 
 
□起床時体重:74.4kg /体脂肪 19.5%
□入浴後体重:73.4kg …週末リバウンドの爪痕深し

朝、恐る恐る体重計に乗ると、案の定連日の74kg台。

そういえばなんとなく少しだけ腹に贅肉がついたような気が…(怖)。
脂肪の全体量が少なくなった分、掴んだ感触ですぐわかる。

ガックリ…といいたいところだが、
昨日1日歩行しなかったので体力はすっかり回復。
意識障害もようやく収まったのではハチミツ舐めて出勤し、
腕立て計30回やってから元気に朝歩行。

帰途、雅叙園裏手あたりの目黒川沿い小道で
男児2人が向こうから歩いて来た。

6歳と4歳くらいの兄弟ではあるまいか、
それぞれ白い帽子をかぶり、虫かごを肩から提げ、
手には真新しい虫取り網と、まさに完全装備だ。

坊やたち、蝉採りかな?

でも、蝉なんて、もうどこにも鳴いていないね。

夏休みの自由研究にしようと思ったの?

残念、ちょっと遅かったみたいだね。

蝉に代わって、今にも泣き出しそうな表情のまま、
その兄弟はすれ違っていった。

1匹でも採れるといいが、まず無理だろう。

残暑は続くが、夏はこうして過ぎていく。

週明けということもあって、気分は今日から9月。
申しわけ程度に生やしていたアゴ髭も剃り落として再スタートだ。

あと25日やそこらで夢の60kg大台に突入できるか?
そのためには今週末時点でまずは71kg台に入っておかねばならぬ。

さらに2週目、3週目の週末も晩飯(それ以上に酒)を抜く破目になるかも。
そうならないように、1日1日気合を入れて脱メタボダイエットに励もうと決意する。

…ソレナノニ、アアソレナノニ、ソレナノニ…

夜歩行を快適に終えて帰宅、シャワーを浴びて計量して73kg台にうなだれていると
愛妻が自室から出てきて悪魔の囁き。

「だだ茶豆が冷蔵庫に入ってるよ、甘い梨も冷えてるよ♪」

この一言を聞いた後、たった30秒足らずの間で
ヱビス350ml缶が一瞬にして空になり、
あとに残されたのはだだ茶豆の殻だけであった。

…まったく、だめだこりゃあ。(何度目だ、このヒキ?)
 

平成22年8月29日(日)

■昼:バジル塗り込みパン1個・コーヒー
■夜:柿安ダイニング(新宿高島屋)にてサラダ系惣菜4種・だだ茶豆・焼豚・きゅうり
    プレミアムモルツ・イタリア白ワイン(ソアベ) 
 
□起床時体重:74.2kg /体脂肪 21.5%
□入浴後体重:73.4kg …この後、最後の晩餐

人間万事塞翁が馬。

金曜夕方にちょいとしたドジを踏んじまったおかげで
今日は午後から再度、新宿駅南口まで行かねばならぬ。

10:00~14:30休日出勤して仕事。
まだちょっと意識の混濁が残るので、朝の歩行はお休み。

14:30に一度帰宅、速攻で着替えて山手線に飛び乗り。
今日はダイヤ通りの運行で助かった。

15:00に新宿某所でちょいとヤボ用をやっつけたら
東南口にあるタワーレコードへ一直線。
Jazzのフロアで片っ端から試聴。

フラメンコギタリストのTomatitoが
オーケストラと共演した“Sonata Suite”に強く心惹かれる。
その他、おなじみケニー・Gやジョージ・デュークの新譜も試聴。
うーん、素晴しいが買うまではちょっと…。

1時間以上もこのフロアをウロウロして最後に偶然見つけたのが
ブルーズ・ギタリストたちの作品を試聴できるコーナー。

…完全にノックアウトされちまった、それも3連発で。

ウェス・ジーンズ/ライブ・アット・ミュージックシティ・テキサス
クレイグ・エリクソン/ニュー・アース・ブルース
ブライス・ジェイニー/ブルース・イン・マイ・ソウル

(リンク先はタワレコじゃなくてHMVでスミマセン)

気がつくと3枚のCDを引っつかみ、嬉々としてレジに並んでいるオレがいる。

3人のどのアーティストも、これまで名前すら聞いたことがなかった。
ということは、今日この新宿タワレコに立寄らねば
一生このまま知らずにいたかもしれない。

それはオレの残り少ない?人生において、少なからぬ損失だ。
金曜夕方にドジを踏んだことが、
結果的には素晴しく幸いしたということになる。
人生なんて何がどう転ぶか、まったくわからないやね。

朦朧も混沌も意識障害も、
この3枚を試聴して、脳天に連続で鉄槌を振り下ろされたおかげで、
スッキリと消えたようだ。
この上ない気分転換になった。まったくありがたいことです。

その後高島屋で晩飯とお使いものを買って店に戻り、
早速3枚のCDをチェンジャー・プレイヤーに乗せて聴きながら仕事。
3作品とも甲乙つけがたいほど素晴しくて、うれしくなってくる。
オレの耳と勘はまだまだ鈍っちゃあいねえぜ。

音楽、てゆーか、やっぱりブルーズ最高!

実のところ、18:00から夜歩行しようと思ってたが
細かい仕事が残っているし、今ひとつ気乗りがしないのでとりやめ。
先日の意識混濁も恐らくは疲労がピークに達してのものだと思う。

とはいっても、今朝の時点でSちゃんにとうとう追いつかれちゃったから、
明日からまたがんばらなくては。

え? だったら週末のドカ食い・ガブ飲みをやめろって?

…それだけは御免蒙ります。
 

Top|Next »

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて4年経過、
今はリバウンドと闘う55歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR