平成30年5月12日

■昼:焼き菓子
■夕:おにぎり2個
■夜:【そば人弁慶 神保町店】にていろいろ・生・地酒3合
   【Bar ICE】にてジントニック2杯・カリラ(ストレート)

□起床時体重:68.0kg
□入浴後体重:計量不能

9:30自宅出発、地元駅から地下鉄で神保町へ。
三省堂でちょいと時間を潰して10:45某会館着。

11:00からY常務ほか4人で3階講習室の机の配置換え。
12:30日本人講師、ネイティヴ講師、マネジャー、担当の4名様ご来訪。
講習室は英語が飛び交い、あっという間にこの空間だけ外国。

ありがたいことに皆さんがお話しになる内容はほぼ理解できるが、
そこに言葉をさしはさむだけの会話力はなく、まだまだ実力不足を痛感。

「すみません、ちょっと日本に戻って参ります(苦笑)」とマネジャーに伝え
2階に下りて日本人と日本語で打ち合わせ。

13:00から受講生が集まり始め、13:30講座スタート。
前説でマイクを手に(もちろん日本語で)ちょいと説明すも
自分でも緊張しているのが手に取るようにわかる、ああ情けなや。

途中休憩を挟んだ後半のヤマ場はマンツーマンの模擬接客。
いちばん最初に指名され、自分では平常心で臨んだつもりだったが、
離れた席から見ていたY常務に

「笑顔がなく硬い表情のままでしたよ」

と厳しいご指摘を受ける。

しかしそういうY常務もいざ自分の番ではガッチガチに緊張しまくっていた。
他人のことは冷静に見られるんだな。

16:40、楽しく充実した講座1日目が終了、受講生は皆グッタリ。
そらそうだ、3時間ほぼ英語しか話さなかったのだから。

講師の先生方をお見送りし、机の配置を元に戻して15:20から蕎麦屋で懇親会。


20180512.jpg

頭がしびれました


201805122.jpg

【お通し】


201805123.jpg

【ごぼうチップス】


201805124.jpg

【野菜サラダ】


201805125.jpg

【刺身盛合せ】


201805126.jpg

【玉子焼き】


201805127.jpg

【鶏唐ポン酢】


201805128.jpg

【さざえつぼ焼き】


201805129.jpg

【トマト】


2018051211.jpg

【つぶ貝】


2018051212.jpg

【半玉そば】

19:30におひらきとなり、Y常務と本日受講した愛妻と3人で新宿へ移動。
ここ3回ほどクロ大先生との会食の2次会に利用したBar ICEへ。


2018051213.jpg

さあどうでしょう?


2018051214.jpg

【お通し】


2018051215.jpg

【自家製チョコ】


2018051216.jpg

【レーズンバター】


2018051217.jpg

【ドライフルーツ】

実は初めてこの店を訪れていたときから感じていたことがある。
それはマスターとY常務の顔が少なからず似ているということ。

注文をとりに来たマスターとY常務を見比べた愛妻も

「似てる~」

とニッコリ。でしょ~?

もっともご本人のY常務は

「マスターの方が全然いい男じゃないスか」

といささが憤慨。

あんたも10kg痩せて髪を伸ばせばあんな感じになるよ。

2時間ほど楽しく飲んで23:00におひらき、
Y常務とお別れして山手線で地元駅着、コンビニ経由で帰宅。
さっとシャワー浴びてウコン飲んでおにぎりとしじみ汁を平らげて24:30気絶。

明日2日目も今日と同内容だから、もっとリラックスして臨めるだろう。
頼むよ、小心者。
 

平成30年5月10日(木)

■昼:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■夕:野菜たっぷりタンメン・ゆで玉子
■夜:あとひき豆・トマト・蛍烏賊・玉ねぎ・
   にんじんとじゃがいものキンピラ・牛肉団子・
   すき焼きコロッケ・キャベツ・Pモルツ・いいちこお湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:68.1kg

まるで朝方の悪夢の続きを見せられたような1日。

午前中こそ余裕だったらが午後に入ると相次いで注文が入る。
そのうち1点の時間設定を甘く見て約束納期の15:00近くなっても
小僧1号がなかなか仕上げてくれず、血圧はMAXにまで上昇し、
頭はクラクラし手はブルブルと震えが止まらない。

15:10にようやく完成、震える手で仕立てて15:15引渡し完了、
お叱りを頂戴せずに済んだのがせめてもの幸いだ。

いつもならここで一息入れるところだが今日は無理。
明日朝イチ引き取りの受注品製作に勤しんでいると新規客から電話、
これからWeb経由で注文するが明日納品は大丈夫かと事前確認。

「間違いなく明日お届けできます」と優しく返事をして電話を切ると
まさに最悪なタイミングで丸の内からズドンと受注、しかもC難度。

ほどなくして電話の客からもめでたく注文が入り戦闘状態に突入、
やっとのことで落ち着いたかに見えた血圧は再び急上昇。

何をどうやったか覚えていないが、気がつくと18:20にすべて完成、
亡霊のような足取りでヤマトに出荷して嵐のような1日が終わる。

18:30終業とともに脱兎の如く退出して品川へ。
ecuteでちょろりと買い物した後ヘアーサロントムラで散髪&白髪染め。

気力体力が限界を迎えていたので失礼してタクシーで帰宅、
それでも英文法書籍(限定詞)を読みつつ入浴し
21:00から胃と肝臓を満たし脳みそを癒して23:00気絶。
  

平成30年5月9日(水)

■昼:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■夕:掻き揚げそば
■夜:あとひき豆・蒸し鶏ときゅうりの中華和え・アスパラお浸し・
   温やっこ・麩田楽・豆腐しゅうまい・湯葉巻き豆腐・
   Pモルツ・いいちこお湯割り梅入り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:68.2kg

今日も季節はずれの低温が続き、
おかげさまで業務も低調で18:30退出してバスで帰宅。

入浴~晩酌で23:00気絶。


見知らぬ会場での会合を終え、総武線某駅の改札を抜け、
階段を上ってホームに出ると新宿方面行きの電車が滑り込んできた。

乗車してホッと一息ついたのも束の間、
乗車位置を間違えたことに気がついて慌てて電車を降りてホームに戻り、
駆け足で別の車両から再度乗り込もうとした瞬間にドアが閉まり、
無情にも電車はゆっくりと走り出す。

ふとリュックを背負っていないことに気づく。
なぜか今日に限って網棚に乗せてしまったのだった。

リュックにはノートPCをはじめ貴重品がごっそりと入っている、
顔面蒼白になってホームを走り、駅員をつかまえるも
「遺失物担当者は今、会議中」とつれない返事。

二階建て駅舎の階段下で待つことしばし、
会議を終えて降りてきた担当者に窮状を訴えるも、

「その話はまあ昼飯でも食いながら」

と、のん気そうな表情で答えつつ、その担当者は近くの喫茶店に入り、
昭和アンティーク玩具がところ狭しと置かれているテーブル前の椅子に腰掛ける。

「今すぐ運転手か車掌に連絡できませんか?
 電車が新宿駅に着いてしまってはリュックは多分取り戻せない」

と半べそをかきながら懇願するオレに、担当者は悠長にもこう言い放つ。

「今12:03でしょ、その電車が新宿に着くのは12:44だからまだ大丈夫だって」

・・・なんと取り返しのつかないことをしでかしてしまったのか!

あぁ、と大声で叫んだら目が覚めて5:30、夢と現実の区別がつかずしばし呆然。

ようやく悪夢だとわかって安堵しつつトイレに立ち、
ヨロヨロと自室に戻って瞬時に再び眠りに落ちる。

どこかの新聞社のポッチャリした女性記者と打ち合わせを兼ねてランチ。

ん? この店、確か前に一度来たことがあるぞ、と思ったら
目の前には見覚えのある昭和アンティークトイが山積みされている。

「実はさっきこの店が夢に出てきてね、しかもそれが酷い夢でさ・・・」
 

平成30年5月8日(火)

■昼:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■夕:掻き揚げそば
■夜:枝豆・帆立バター焼・春巻き・蒸し鶏ときゅうりの中華和え・
   アスパラお浸し・あさりとねぎのつまみ揚げ・
   Pモルツ・青酎ロック

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:68.1kg

大型連休中の初夏のような陽気から一転、
初春に逆戻りしたかのような肌寒い朝。

薄手のコートを羽織って自宅出発、
午前中入用の注文が入ったこともあってバスで9:20出勤。

数点の受注品を製作するとあとは閑散、
それ以上の勤労意欲も学習意欲もまったく湧かず、
撮り溜めた「悪魔が来たりて笛を吹く」5話分を一気見。

16:30に飛び込んだ丸の内からの注文も1時間ほどで片付け、
ちょうど店の前を通りかかったヤマトに出荷して17:30業務終了。

あとはちょろちょろとメール書いたりして18:30退出、
バスを1つ先の停留所で降り、ガード下スーパーで買い物して帰宅。

英文法書籍(可算名詞の項)を読みつつゆっくり入浴し
21:00から飲んで食べて23:30気絶。

聴かねばならぬ英会話ラジオストリーミングも溜まっているし
土日の英会話講座に向けての予習もせねばなるまいのに、
この無気力状態はなんだ? いい歳ぶっこいて今さら5月病?
 

平成30年5月7日(月)

■昼:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■夕:掻き揚げそば
■夜:枝豆・そら豆・スモークチーズ・トマト・山芋わさび漬け・
   春キャベツと鶏つくねの塩ちゃんこ鍋風煮物・
   Pモルツ・青酎ロック

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:68.0kg

閑散期とはいえそこは大型連休明け、
始業早々から注文が舞い込み、午前中は少しだけ焦る。

夕方、小柄な初老の男性外国人客が来店。

と思ったらいきなりスマホに向かって英語を話し出し、
日本語訳をオレに聞かせるのだが、まるでチンプンカンプン。

てゆーかその程度の英語なら聞き取れますって。

で、今度はオレが言葉を返そうとすると、
スマホに向かって話せと言う、ああ面倒くさ。

内容はここには書けないが、
オレの拙い英語の説明でようやく納得したらしく、
「よく理解できました、ありがとう」と帰って行った。

一銭にもならなかったが、英語が通じだのでよしとしよう。

本降りの中18:30に退出してバスで19:10帰宅、
久々に英文法書籍(2回目)を読みつつゆっくり入浴し、
21:00からゆるりと飲んで食べて23:00気絶。
 

Top|Next »

HOME

QR