平成22年6月27日(日)

■夜:おろしそば
   
□起床時体重:計量不能
□入浴後体重:80.4kg …酒は恐ろしい

※下品な記述が含まれています。お食事中の方はご遠慮下さい。

二日酔い。

久々の大酒だったから無理もないが、さすがのスーパーウコンも効かず。
とはいえ、ムカムカや頭痛はなく、ひたすらダルいだけなので
鉛のように重いからだを引きずって、這うようにして勤務先へ。
せめてこんな日曜日は家で寝転がっていたいのだが、諸事情がそれを許さず。

しかしいざ出勤しても、実際には何もできない。
ウーとかアーとか呻いている間に、休日の貴重な時間はどんどん過ぎていく。

それでも二日酔い自体は比較的軽度のもので
体調は昼過ぎには回復に向かっていったが、
ひとつだけ問題が。

下痢である。

過度の飲酒というより、(前日も少々飲んだが)
5日ぶりの大量アルコールによって
腸内がくまなく洗浄されたことによるものではなかろうか。

最初は固形が排出されていたのだが、
それがだんだん軟化されていき、
しまいにゃあ水下痢である。

そのうち
「あ、また出る!」とトイレに駆け込むと
ブバン!という空砲のみに終わることが何度か続いた。

もう下痢も終わりか、とたかをくくり、
その次にまた催したときに
「どうせオナラだろ」とその場で軽く踏ん張ったら、
あろうことか、温かい「実」が、尻から太ももへと伝わった。

いけね、ウンチ漏らしちゃった。

直に履いていたのがウエストのゴムが伸び伸びになって、
いつ廃棄してもいいトレパンだったのがせめてもの幸いだった。

夕方、体調はすっかり回復したのだが
この腸の緩さでは怖くてとても歩行などできぬ。

結局、ちょいとだけ仕事して
わが身の情けなさにガックリと肩を落として帰宅。

夜も蕎麦食っただけで早々に気絶。
体重も80kg台に戻るし、まったく冴えない日曜日であった。 

月曜からまた小雨決行で歩きマス。
 

平成22年6月25日(金)

■朝:トースト1枚(バターなし)・ゆで卵・コールスロー・トマト
■昼:トースト1枚(バターなし)・ゆで卵・コールスロー・トマト
■夜:「うなぎ宮川 五反田店」にて枝豆(お通し)・青菜おひたし・酢の物・肝串焼
   焼鳥・うな重特上・スーパードライ・一刻者ロック
   
□起床時体重:79.2kg
□入浴後体重:80.2kg …これくらいで済んで助かった

朝、S区役所内の法務局へ自社謄本を取りに、往復1時間の普段着ウォーク。

昼間はひたすら時の過ぎ行くのを辛抱強く待つ。
(夜に備えて昼飯は極力控え目に)
しかし、こーゆー日に限ってヒマで時計の針の進むのが遅いこと遅いこと。
往生しまっせぇ。

19:00退勤時間と同時にカメラかついで飛び出して
女房と「うなぎ宮川 五反田店」へ。

去年までは月1ペースで訪れていたが、
この春からは諸事情(財政緊縮化・某オステリアに入り浸り・ダイエット)により、
はからずも足が遠のいていたのだ。

飲食内容は昨日書いたことを完全再現し、
さらに女房のリクエストで酢の物を追加した。(これがまた大当たり!)

写真もしっかりと撮影したが、
以前よりお店関係者から「Web作って」と頼まれていたので
近日中に制作し、料理写真はそちらで公開します。
(Web制作は素人よ、期待すべからず)

したがいまして、
今日のところは↓これでご勘弁を。

うな重完食(うなぎ宮川五反田店)

すべて完食。

いや~、うまかった。
相変わらず死にそうにうまいですな。
メインのうな重はもちろん、どの品にも深い味が浸み込んでいて、タマリマセン。

でも女将は

「道の反対側に今度牛丼店ができましたでしょ。
あそこでもうな丼を始めたんですよ。
値段が違いますからね、お昼時も最近は静かなものですよ」

と嘆く。

こうして個人経営店はどんどん圧迫されていくのだ。
もちろん競争社会だからそれも止む無しだが、
この店のうなぎの味を知らないでいるのは、とっても不幸なことだと思う。

気分はすでにホロ酔いを通り越していたが、
このまま直帰して爆睡したらトンデモナイことになるので
女房とリバーサイドを40分ほど腹ごなしウォーク。

実は明日もおそらく外食なのよね…怖。
 

平成22年6月15日(火)

■朝:トースト2枚(バターなし)・ゆで卵・トマト1個
■昼:ハンバーグ弁当(U味T家)※飯1/3残し
■夕:バームクーヘンひとかけら・コーヒー・トマト1個

□起床時体重:81.0kg
□入浴後体重:80.4kg …あと一歩、これがなかなか

今週土曜日に開かれるイベントに関する頼まれものをやっつけて
22:30からウォーク開始。
小雨がパラついているがそんなこた関係なし。

昨夜尿意に妨げられてできなかった分も、
今夜は一歩一歩を踏みしめるようにして
最初から最後まで超大またで歩いた。

N原街道に出てすぐのM蔵K山商店街出口付近にある駐車場、
ワゴン車内で調理し、テントをおっ立てた即席店で食わせる
屋台形式のラーメン屋がある。

上司と部下(不倫関係?)と思しき中年男性と30代女性がラーメンを食べている。
(今夜は客も少ないと見えてテントはおっ立てず、
夜は閉店する隣の商店の軒先にテーブルを出して食わせている)

彼らの前を通りかかったちょうどそのとき、
中年男性がスープを飲んで大声で一言、

「うん、いい仕事してる!」

だって。

思わず噴出しそうになっちまった。

いい歳をしやオヤジがだよ、
しかも女連れてさ、
どこかの店の軒先で、道路に面したテーブルに座って
屋台のラーメンすすりながら、
大真面目に言うセリフかよ。

頼むからそういうのは、皿がグルグル回らない鮨屋のカウンターに座って
コハダのにぎりを、隅にちょいと醤油をつけて口に放り込んで言ってくれよ。
聞いてるこっちが恥かしくなってくるよ。

それにさ、どうせT越G座あたりの安居酒屋の帰りだろうが、
飲んだ後に深夜のラーメン。(そのあとS○X?)
そんな生活していると長いこたねえよ。

気をつけましょうや、ご同輩。
 

平成22年6月11日(金)

■朝:トースト2枚(バターなし)・ゆで卵・コールスローコーヒー
■昼:納豆・ひじき・海苔・新香・麦飯・味噌汁
■夜:枝豆・そら豆・冷奴・トマト・桜海老・土川そば(おろしそば)
    糖質ゼロビール・一刻者

□起床時体重:計量失念(抜け殻)
□入浴後体重:80.8kg…今だけですよ。これから暴飲暴食。

いつも「大またウォーク」と書いてこそいるが、
実のところそれは大概にして道半ばまでのことであって、
26号線突入と同時にストライドは飛躍的に短くなり(苦笑)、
気がつくと、早く帰りたいばかりにすっかりピッチ歩法と化している我が脚に気づく。

猛省。

そこで今日は徹底的にロングストライド歩法を意識してみる。
M黒通りの上り坂はかえって大またの方がラクなのだが、
T急を過ぎたあたりで道が平坦になると、とたんに大また歩法がキツくなる。

そこをじっと我慢して常に意識して脚を広げてで歩くと
26号線突入前から早くも内ももが強烈な悲鳴をあげ始める。
そしてN原街道に入る頃には、気がつくと50を過ぎた男が
歩を進めるたびごとに「うっ」とか呻いている情けない有様。

こりゃあほんとキツいわ、実際。
ロングコースなんぞ金輪際、歩けたもんじゃない。

で、帰宅してシャワー浴びてビール浴びて蕎麦も浴びる。
…意味ねえじゃん。

そこで遅かりし由良之助ではあるが、23:10から食後の散歩。
歩幅は先ほどの1/3以下で、千鳥足にも劣るが
どうにかこうにか50分の道程を完遂。マジで足が棒状態。

さてあと1週間で夢の70kg台突入となりますやら。無理でしょ♪
 

Top

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて7年経過、
今はリバウンドと闘う58歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR