平成22年6月28日(月)

■朝:トースト1枚(バターなし)・ゆで卵・コールスロー・トマト・コーヒー
■昼:豚しゃぶ弁当(U味T家)飯1/3残し
■夕:トースト1枚(バターなし)・トマト・コーヒー
   
□起床時体重:80.4kg
□入浴後体重:79.4kg …あれだけ大量発汗してなおこの体重とは

なんだよ、このクソ暑さは!?

19:00の時点で外はまだ蒸し風呂状態。
しかも雲行きがヒジョーに怪しく、今にも一雨来そう。

幸か不幸かほんの少しばかり残業があり、それを終わらせてから、
「鰻(うなぎ)宮川 五反田店」Webページを作って遊んでいたら
あっという今に21:30、こりゃあイカンとサウナスーツ着て慌てて飛び出す。

さっきよりはほんの少~しだけ体感温度は下がっているようだが
まだまだ蒸し風呂状態に変わりない。
しかもこんな日に限って歩行コースはほぼ全面的に無風地帯。

「51歳男性(自由業…笑)夜間歩行中に熱中症で突然死」

なんてぇことになったらあまりにも情けないので
いざとなればいつでも上着を脱ぐ心構えでいたが、
なんとか着用のまま歩き終えた。

それはそうと、宮川のWeb作ってたら
また鰻食いたくなってきやがった。

先日は女房のリクエストで、
初めて「酢のもの」を注文したのだけれど、
これがまたさっぱりとしてやがってうまいのなんのって!

鰻(うなぎ)宮川五反田店・酢のもの

正直言って、酢のもので¥840はちと高いなあと思ったんだけど
出されてビックリ、鰻はもちろん、海老・タコ・いか・ホタテ・カニ…
どれも清涼感たっぷりでうまかったなあ。
この時点ではとうにビールを飲み干して焼酎に移行してたんだけど、
これはビールをグイっと飲りながら食いたいねえ。

そして絶品「肝串焼き」

鰻(うなぎ)宮川五反田店・肝串焼

肝の苦味とタレの甘みが…うぅーっ、タマラン。
もう焼酎が止まらない止まらない。

そこへ持ってきて「焼鳥」でしょ。

鰻(うなぎ)宮川 五反田店・焼鳥

あ、この手前に茶色く写ってるのは椎茸ですよ。
奥の薄茶色が焼鳥ちゃんです。
こいつも凄い味だよ。

でもって〆にへい、鰻重特上とくらあ。

鰻(うなぎ)宮川 五反田店・鰻重特上

ここに至ってはもう何も申しません。
ああ腹減った。
食いてえだろ畜生!

個人的には75kg突入したらまた行こうと思ってるけど、
I黒くん、K林くん、この写真見て食いたくなったら、
7月予定の密会、宮川でもいいよ(笑)。
予算はまあ、焼酎ボトルはオレが持つとして
お一人様6千円てとこかなあ。

それぞれのフトコロと相談して決めましょうね。
 

平成22年6月23日(水)

■朝:トースト2枚(バターなし)・ゆで卵・コールスロー・トマト
■昼:焼肉弁当(U味T家)飯1/3残し
   
□起床時体重:79.6kg
□入浴後体重:79.0kg …やっと先週末のレベルに戻ってきた

昨日書いたSのダイエット法について
非常に多くの問合せをいただいた(ウソ)。

今朝これを読んだS本人からメールがあった。
それによると、彼が取り組んでいるのは
「低糖質ダイエット」というもので、結構有名らしい。

端的にいうと、短期間(2週間くらい)で
炭水化物摂取を極限まで抑制することにより
太りにくい体質に変貌せしめるというもの、らしい。
(しゃくだからリンク貼らない、笑。各自で調べてね)

肥満の大敵は糖質(でんぷん?)だという。
事実、Sは朝食に納豆で白飯を半膳だけ。
昼、夕食に炭水化物は一切口にしない。

Sは内臓脂肪型肥満体質であり、また糖尿血統でもあるので、
この方法は彼にとっては大正解だろう。

…でも、皮下脂肪型肥満体質のオレにはどうだろう?
てゆーか、炭水化物抜きなんてとっても無理っ!

だって三度の飯より炭水化物が好きなんだもん♪(なんのこっちゃ)
でもまあ、朝のトースト2枚を1枚にすることくらいは、検討の余地があるだろう。

…検討するだけは、ね。
 

平成22年6月22日(火)

■朝:トースト2枚(バターなし)・ゆで卵・コールスロー
■昼:納豆・海苔・ひじき・昆布佃煮・新香・麦飯・味噌汁
   
□起床時体重:80.0kg
□入浴後体重:79.6kg …水太り気味?

実は、ライバルがいる。

名前をSとしよう。
普段会うことはないが、同じWebサイトで仕事上の繋がりもある友人だ。

その彼が、どうやらこのブログに刺激を受けたようで
私から遅れること2週間後に、ダイエットを開始した。

4歳年下のSだが、2人の間に共通点は多い。

◆ともに親から家業を継いだ同業者
◆仕事はほとんど細かいデスクワーク
◆身長はSが172cm、私が168cm
◆ともに86kg台からダイエットスタート
◆化け物のように恐るべき強靭な胃袋を持つスポンジ体質
◆配偶者がすこぶるつきの美人(ヨイショっと!…橘家圓蔵調で)

しかし今回、彼が取り組んでいるダイエット方法は
私のそれとはまったく異なっている。

最初の2週間で炭水化物の摂取をできるだけ抑制することで
脳に送られるインスリンがどうたらこうたら…よくわからん。
(説明を聞いたのが大井競馬場で東京ダービー出走直前だったこともあるが…)

とにかく、晩飯を食わずに歩くという私の、いわば無茶系ダイエットとは対極をなす、
今日流行の科学的かつ医学的?裏づけのあるダイエット方法なのだ(そうだ)。
(それだけではなく、自転車通勤にも励んでいるが)

そのSからつい先ほど、仕事のメールが来た。
そして文末に

現在:80.4kg

と、さりげなく書いてありやがる。
その差は詰まるどころか、明日にも逆転されちまうじゃあねえかよ!

それを読んで、焦って今夜も大またウォークに励んだが、直後計測で79.6kg。
その後、龍泉洞の水をガブ飲みしたから、現時点では限りなく80.4kgに近いだろう。

無茶系ダイエット敗北の日は近い、か?
 

平成22年6月21日(月)

■朝:トースト2枚(バターなし)・ゆで卵・コールスロー
■昼:豚しゃぶ弁当(U味T家)飯1/3残し
   
□起床時体重:計測失念
□入浴後体重:79.6kg …危ねえ危ねえ

祭りの後の虚無感。

徐々に薄れていく余韻と入れ替わるようにして、
容赦ない現実が色濃く迫ってくる。

次の目標までまだあと3ヶ月。
さすがに連日の大またウォークに対するモチベーションも
少しは下がるかに思われた。

…が。

早くもWeb上にアップされている一昨日の同期会の写真。
モニターに映し出された我が身を見て愕然。

デブじゃん。

自分としては2ヵ月半前のダルマ状態が基準なので
少しはやせたつもりになって意気揚々とポーズを決めたのだが、

そこには、ほんの少しほっそりしただけのダルマが
精いっぱい気取って写っていただけだった(赤恥)。

ダメじゃん。

やはり70kgを切らないと
とてもじゃないが、「やせた」とは見られそうにない。

これでまたファイトが湧いてきやがったぜ畜生!
今夜も20:00から90分かけて超ゆっくり大またウォーク。

でも明日から当分雨?
そんなの知ったこっちゃねえ。
 

平成22年6月19日(土)

■昼:ビール・ワイン少々
■夜:八幸本店にて刺身・鯵なめろう・鳥わさ・焼なす・ホルモン炒め・にら玉・
   豆腐ステーキ・そら豆・生ビール・芋焼酎ロック3杯
   コネスール高輪店にてラガブーリン16年 2杯
   
□徒歩後体重:79.6kg
□入浴後体重:79.8kg …ギリギリ収まった

7:30~9:00 3kgウエイト6kmウォーク。
今朝は最後までストライドが狭まることなく、納得のいく歩行ができた。
昨日1日、久々に脚を休ませたせいもあろうが、
それ以上に、内ももに筋肉がついたことで、大また歩行の持続が可能になったと推察。

12:40に旧友と連れ立ってO森東急インへ。
今日はな・な・なんと、卒業以来35年ぶりにして初めての中学同期会。
熱意溢れる数名の幹事有志により、
企画立案から1年もの歳月をかけて実現に至った夢のようなひととき。

現在の容姿からは到底相手の氏名を思い浮かべることができず、
首にぶら下げた当時の写真入り名前カードを見てお互いを確認し、
感嘆(密かな驚嘆)・歓声・握手・抱擁という奇跡のような再会の構図が、
広いパーティ会場のあちこちに現出していた。

この上なく感動的なファンタジー映画を間近で見ているような錯覚にとらわれた。
そう、これはまさに、大人のリアルなファンタジーだ。

50~51歳の同期生たちと我が身を比べて、彼らより少しでも若々しくありたい。
そんな思いがダイエットに挑む重い腰を上げさせてくれたのである。
その目論見は結果的に成功したか否かは別にして、
数字的には当初の目的である79kg台突入を達成した。

…ありがたいことに、会場では話に夢中で食べ物を口にする余裕はなく、
いかにもカロリーの高そうな料理には一切手をつけずに済んだ。
2次会でもビールを少々口に含んだだけで
超アナログ機械の慣れない操作に没頭し(大して使えず残念)、
3次会は男子4人で私の行きつけの居酒屋へ。
ここでも主に低カロリー料理を注文させてもらった。

仕上げはこれもたまに顔を出す高輪のシガーバー(シガーは吸わないよん)。
落ち着いた店内の、ワインレッドの革製ソファにゆったりと身を沈める。
もはや甘酸っぱいノルタルジズムからは脱却し、
50男が背負っている現実の重さについて互いに励ましあうという、
最も会って話したいと願っていた彼と、
極めて貴重かつ濃密かつ有意義な時間を存分に共有できた。
これこそが私が望んでいた、35年ぶりの再会の完成形なのだ。

というわけで、
ほぼ13時間ぶっ通しで飲み続けたが
リバウンドすることもなく79kg台のまま、
深夜3時に心地よい疲労感の中、からだを横たえた。

さて次の目標は…あるのよこれが。

来る9月23日(祝)
私が身を置く業界の、最大規模コンベンションが都内某所で行われる。
年に1度の開催だから、多くの業界関係の友人・知人とは1年ぶりの再会となる。
去年の9月下旬、私は90kgに手が届きそうな巨体を苦しげに揺らせつつ会場を歩き回り、
出会う人のほぼすべてから「太ったねぇ~」という、有難いお声を頂戴したものだ。

あれから1年。
今年は彼らに「やせたねぇ~」といわせてやろうじゃあねえか。

最低でも69kg突入、あわよくば68kg、できることなら65kg

というわけで、これからも修行は続いていくのである。

ああ楽しい♪
 

Top|Next »

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて7年経過、
今はリバウンドと闘う58歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR