平成22年8月31日(火)

■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー
■昼:ハンバーグ弁当(美味卵家)飯1/3残し
■3時:くずもち(小)・枝豆大福(小) 
 
□起床時体重:73.4kg /体脂肪 20%
□入浴後体重:73.0kg …この後焼豚・胡瓜・ビール+塩辛・焼酎ですが何か?

夜歩行に出て山手通りをひた歩くことしばし、
なんとなく足に違和感が…。

いつになく軽い。

ふと足元を見ると、ウエイトベルトの装着を忘れてやがる。
そら軽いわけよ。

別に慌てて出かけたわけでもないのに…、
また意識障害かいな。

…んなこたねえよ。

不動前とうきゅうの石段で止まり
それまで手に装着していたウエイトベルトを足に巻いて再スタート。

そうそう、この感じ。

でも今度は…

腕が軽いっ!

それでも両手に各500gのウエイトを握り締めているんだけどね。
習慣てのはまったく恐ろしい。

いつもより計1kg軽いのに、それがかえってバランス不均衡を招いて
歩きにくいことこの上なし。

その違和感を払拭すべく、いつにも増して全速歩行。
なんだか余計にくたびれた感じ。

…それでつい酒飲んじゃうのよ。(言いわけになんないっつーの)

土曜日に買った函館産塩辛がですね、もうすぐ賞味期限なので…(苦しい)。

--------------------------------------------------------------

3月31日から始めたこのデブログも
早いもので今日でちょうど5ヶ月が経過した。

この間体重が86.5kg-73.0kg=13.5kg減。
まだまだ道半ばであるし、特に最近は停滞気味でもあるが、
運動と空腹状態が大の苦手で、
なにより飽きっぽいこのオレが、
よくもここまでコツコツと続けてこられたものだと思う。

今回、脱メタボ・ダイエットのトリガーの役割りを果たしてくれたのは、
言うまでもなく【卒業35年目にして初めての中学同期会】だ。

当初、出欠を尋ねる往復ハガキを手にしたオレは、
今の状況で、いったいどの面さげて皆に会えるものかと、
極めてネガティヴな精神状態に支配されていた。

…でもそれなら、
せめて見た目だけでも同級生たちより若くあれば
少しでも胸を張って出席できるのではないか…

そう考えて、ようやく(文字通り)重い腰を上げ、
【6月19日までに70kg台突入】という、
直近の明確な目標を定めて
脱メタボ・ダイエットに取り組むことができたのだ。

同期会を企画し、その開催に向けて
1年以上もかけて準備を積み重ねていらした
E女史はじめ幹事の皆様に、
この場を借りて、改めて心より御礼申し上げたい。

ほんとうに、ありがとうございました。


実は、この10年間で何度かダイエットに挑戦している。

現に今、歩行のたびに手足に巻いている各500gのウエイトベルトは
もう5年以上も前に買って、ほんの数回使用しただけで
長い間ほったらかしにし続けていたものだし、
スポーツ用速乾Tシャツもまた然りだ。

前回のダイエット挑戦は確か2年前だったか?

今では颯爽と軽々歩けている、目黒郵便局を対角とする6kmコースを
計2kgのウエイトベルトを装着して、死にそうな思いで何回か歩いた。
そして帰ってきてはドカ飯とガブ飲みで元の木阿弥の連続で、
体重はむしろ増えるばかり(笑)、
1週間も続かずにあっけなく音を上げた、恥かしくも苦い記憶が蘇る。

では、そんなこれまでの何度かの挫折と今回とでは、何が違うのか?

もちろん、直近の明確な目標の有無ということもあろうが、
それなら6月19日の同期会が終わってしまえば、
早々に挫折してもよさそうなものである。
(9月23日までに60kg台突入という次の目標もあるにはあったが、
同期会が終了して虚無感に囚われた6月20日の時点では、
それは遥か遠い先の、しかも夢のまた夢の数字であった)

しかしその後も(われながら)愚直に継続し、
同期会当日より、さらに約7kgも絞り込むことができた。

この5ヶ月を顧みるに、
トリガーは確かに同期会であったが、
その後も辛抱強く脱メタボ・ダイエットを続けていくにしたがって、
強力な推進力となるべき3つの主題が、ハッキリと浮かび上がってきた。

■カタストロフィ回避

■時計の針を15年前に

■生涯現役へ向けて


明日から3回に分けて、これらについて書いてみたい。
 

平成22年8月30日(月)

■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー
■昼:ハンバーグ弁当(美味卵家)飯1/3残し
■朝:トースト1枚・トマト1個・ゆで卵・コーヒー 
 
□起床時体重:74.4kg /体脂肪 19.5%
□入浴後体重:73.4kg …週末リバウンドの爪痕深し

朝、恐る恐る体重計に乗ると、案の定連日の74kg台。

そういえばなんとなく少しだけ腹に贅肉がついたような気が…(怖)。
脂肪の全体量が少なくなった分、掴んだ感触ですぐわかる。

ガックリ…といいたいところだが、
昨日1日歩行しなかったので体力はすっかり回復。
意識障害もようやく収まったのではハチミツ舐めて出勤し、
腕立て計30回やってから元気に朝歩行。

帰途、雅叙園裏手あたりの目黒川沿い小道で
男児2人が向こうから歩いて来た。

6歳と4歳くらいの兄弟ではあるまいか、
それぞれ白い帽子をかぶり、虫かごを肩から提げ、
手には真新しい虫取り網と、まさに完全装備だ。

坊やたち、蝉採りかな?

でも、蝉なんて、もうどこにも鳴いていないね。

夏休みの自由研究にしようと思ったの?

残念、ちょっと遅かったみたいだね。

蝉に代わって、今にも泣き出しそうな表情のまま、
その兄弟はすれ違っていった。

1匹でも採れるといいが、まず無理だろう。

残暑は続くが、夏はこうして過ぎていく。

週明けということもあって、気分は今日から9月。
申しわけ程度に生やしていたアゴ髭も剃り落として再スタートだ。

あと25日やそこらで夢の60kg大台に突入できるか?
そのためには今週末時点でまずは71kg台に入っておかねばならぬ。

さらに2週目、3週目の週末も晩飯(それ以上に酒)を抜く破目になるかも。
そうならないように、1日1日気合を入れて脱メタボダイエットに励もうと決意する。

…ソレナノニ、アアソレナノニ、ソレナノニ…

夜歩行を快適に終えて帰宅、シャワーを浴びて計量して73kg台にうなだれていると
愛妻が自室から出てきて悪魔の囁き。

「だだ茶豆が冷蔵庫に入ってるよ、甘い梨も冷えてるよ♪」

この一言を聞いた後、たった30秒足らずの間で
ヱビス350ml缶が一瞬にして空になり、
あとに残されたのはだだ茶豆の殻だけであった。

…まったく、だめだこりゃあ。(何度目だ、このヒキ?)
 

平成22年8月29日(日)

■昼:バジル塗り込みパン1個・コーヒー
■夜:柿安ダイニング(新宿高島屋)にてサラダ系惣菜4種・だだ茶豆・焼豚・きゅうり
    プレミアムモルツ・イタリア白ワイン(ソアベ) 
 
□起床時体重:74.2kg /体脂肪 21.5%
□入浴後体重:73.4kg …この後、最後の晩餐

人間万事塞翁が馬。

金曜夕方にちょいとしたドジを踏んじまったおかげで
今日は午後から再度、新宿駅南口まで行かねばならぬ。

10:00~14:30休日出勤して仕事。
まだちょっと意識の混濁が残るので、朝の歩行はお休み。

14:30に一度帰宅、速攻で着替えて山手線に飛び乗り。
今日はダイヤ通りの運行で助かった。

15:00に新宿某所でちょいとヤボ用をやっつけたら
東南口にあるタワーレコードへ一直線。
Jazzのフロアで片っ端から試聴。

フラメンコギタリストのTomatitoが
オーケストラと共演した“Sonata Suite”に強く心惹かれる。
その他、おなじみケニー・Gやジョージ・デュークの新譜も試聴。
うーん、素晴しいが買うまではちょっと…。

1時間以上もこのフロアをウロウロして最後に偶然見つけたのが
ブルーズ・ギタリストたちの作品を試聴できるコーナー。

…完全にノックアウトされちまった、それも3連発で。

ウェス・ジーンズ/ライブ・アット・ミュージックシティ・テキサス
クレイグ・エリクソン/ニュー・アース・ブルース
ブライス・ジェイニー/ブルース・イン・マイ・ソウル

(リンク先はタワレコじゃなくてHMVでスミマセン)

気がつくと3枚のCDを引っつかみ、嬉々としてレジに並んでいるオレがいる。

3人のどのアーティストも、これまで名前すら聞いたことがなかった。
ということは、今日この新宿タワレコに立寄らねば
一生このまま知らずにいたかもしれない。

それはオレの残り少ない?人生において、少なからぬ損失だ。
金曜夕方にドジを踏んだことが、
結果的には素晴しく幸いしたということになる。
人生なんて何がどう転ぶか、まったくわからないやね。

朦朧も混沌も意識障害も、
この3枚を試聴して、脳天に連続で鉄槌を振り下ろされたおかげで、
スッキリと消えたようだ。
この上ない気分転換になった。まったくありがたいことです。

その後高島屋で晩飯とお使いものを買って店に戻り、
早速3枚のCDをチェンジャー・プレイヤーに乗せて聴きながら仕事。
3作品とも甲乙つけがたいほど素晴しくて、うれしくなってくる。
オレの耳と勘はまだまだ鈍っちゃあいねえぜ。

音楽、てゆーか、やっぱりブルーズ最高!

実のところ、18:00から夜歩行しようと思ってたが
細かい仕事が残っているし、今ひとつ気乗りがしないのでとりやめ。
先日の意識混濁も恐らくは疲労がピークに達してのものだと思う。

とはいっても、今朝の時点でSちゃんにとうとう追いつかれちゃったから、
明日からまたがんばらなくては。

え? だったら週末のドカ食い・ガブ飲みをやめろって?

…それだけは御免蒙ります。
 

平成22年8月28日(土)

■昼:トースト2枚・トマト2個・ゆで卵・コーヒー
■夜:なるほど(大井町)にてだだ茶豆・煮豚・刺身盛合せ(ぼたん海老入り)
    秋刀魚塩焼き・鳥味噌漬け焼・かんぱちかま焼・おにぎり1個・新香・味噌汁
  
□起床時体重:73.8kg /体脂肪 21%
□歩行後体重:73.0kg
□就寝前体重:連夜の計測不能

なんとなくまだ意識が少し朦朧としている感じだが、
ひょっとするとこれはまだ昨夜の酒が残っているせいかも知れぬ。

土日は休業だが仕事はある。
それをやっつけて15:00~16:20目黒川沿いコースを中目黒往復歩行。
帰宅して計量しても72kg台には戻らず。
昨晩あれだけ飲みゃあ、ねえ。

夕方、所用で有楽町~銀座に出るべく愛妻と五反田から山手線に乗り込むも
上野駅で線路内に危険を知らせる信号がどうとかでしばらく発車せず。
10分ほど待ってようやく大崎までは行ったが、ここでまたエンコ。
またまた10分以上待たされたので、業を煮やして下車。

りんかい線で大井町→京浜東北で有楽町というルートもあるが
いかになんでもバカらしいし、それ以上に行く気が失せた。

大崎駅改札を出て目黒川沿いを歩いて
最近お気に入りのスーパー、デリドとその隣のパン屋で調達を済ませ
それらを自宅に置いて今度はタクシーで大井町へ。

約20年ぶりに大井どんたく(盆踊り大会)をチラと覗いてから
さて一杯飲るかと八幸本店にTELするもなんと満席!

仕方ないから八幸すずらん通り店に行くかと歩き出し、
東口を越えたあたりで突如ひらめいた。

なるほどで秋刀魚塩焼きを食おうじゃあねえか!

失礼ながら八幸ならいざしらず、いくら不漁とはいえ
この時期、なるほどに秋刀魚がないわけはない。

早速TELして席を押さえて足取りも軽く
光学通り(現ニコン通り)から一本橋通りへ。
生まれ育った地元のさらなる変貌振りに驚きつつ店に入ると、
今度は女将の和ちゃんが
「○○さん、どうしちゃったの!? 病気? 大丈夫?」
と、オレの変貌振りに驚嘆!

ランニングダイエットに成功し、その体型を維持している
板前の相川クンも「やりましたね♪」とVサイン。

というわけで、思わぬ形で新体型のお披露目と相成った。

この店の刺身盛合せは相変わらず素晴しいが
今日はまたぼたん海老が悶絶するほどの旨さ!

そして待望の秋刀魚。

でかい。

さすがはなるほどである。
焼き具合もパーフェクトで実にうまい。

それでも女将・和ちゃんは
「まだ脂の乗りが今ひとつ、ほんとうにおいしくなるのは9月下旬」
とのご託宣。そのころまた参りましょう。

しかし最後に大きなミスを犯してしまった。

誘惑に耐え切れず、〆におにぎりを食べてしまったのだ。

なるほどのおにぎりは知る人ぞ知る逸品だ。
米、飯粒の硬さ、握り具合、塩のあんばい…
すべてにおいて完全無欠の、恐るべき旨さがここにある。

普段は〆の炭水化物などはめったに注文しない愛妻までもが

「なるほどのおにぎりは特別♪」

などとのたまいつつ、喜んで頬張っている。

それに加えて、五反田までの帰途は腹ごなしも兼ねて歩いて帰るのが通例だが
黒霧島900ml瓶を2人で3分の2以上も飲んじまったので
(ほとんどオレが飲んだ)、それもかなわずタクシー帰宅。

これで明日も意識の混濁は続くだろうし、
それ以上に、74kg台へのリバウンドは確実な情勢なのである。

…それでもうまかった秋刀魚塩焼きとおにぎり。

まったく、なるほど最強である。

【追記】わが永遠のメタボライバル・Sちゃんがブログデビュー!
     拙ブログ同様、ご愛顧のほどよろしくです。
 

平成22年8月27日(金)

■朝:トースト1枚・トマト2個・ゆで卵・コーヒー
■昼:麦飯・鮭塩焼・ひじき・納豆・新香・味噌汁
■夕:某所で串焼き・生3杯・黒霧島2杯→某所でモヒート1杯・モスコミュール3杯
  
□起床時体重:72.4kg /体脂肪 20%
□入浴後体重:計量不能

昨夜のこと。

19:00に仕事を終え、
さて歩こうか思いながらパソコン画面に向かっていた。

一瞬、気を失ったような感覚に襲われ、
ふと壁にかけられた時計を見たら、20:30を指していた。

???

ともかく歩行に出よう。
その前に腕立て伏せだ。

…何回やっていたのか、思い出せない。

このブログを見て、20回1セット+10回1セットであると
「知った」

そう、「思い出した」のではく「知った」のだ。

この時点で異変に気づいたが、
腕立て伏せを終らせると、からだが勝手に歩行用ウェアに着替え始める。

そして歩行を開始したが、幽体離脱感がはなはだしい。
もちろん目の前の景色ははっきり見えていて、
足が地面に着く感覚も確かに伝わってくるのだが、
恐らくは90分も気絶していたであろう間に見ていた、
具体的な場面でなく、なにやら観念的が画像が
断続的に浮かんでは消える。

オレはおかしくなっちまったのか。

試しに自分の名前、愛妻の名前、両親の名前を思い浮かべてみる。
ちゃんと言える。

次に今日の日付…思い出せない。
25日だか26日だか、はっきりしない。
木曜日だということはなんとなくわかるが、日付がダメだ。

そうこうする間にもからだは勝手に歩き続け、
意識は混沌としながらも、歩行は無事完了することができた。

着替えて帰宅し、シャワーを浴び、
ノートパソコンを開けてみる。
パソコンはいつもどおり使えるので、少し安心する。

それでも明日朝起きたとき自分がどうなっているか、かなり心配だ。
記憶が全部飛んでいたらどうしよう。

いや、それよりも…

寝て起きて、廃人同様になっていたらどうしよう。
実に気の毒で悲劇的な話だが、
事実、盟友の友人にそうなってしまった人がいるのだ。

確かに、最近少々疲れ気味であろうことは間違いない。
からだもそうだが、頭がボーっとしているようだ。

なんかちょっと変な感じで、怖い。
何かとりかえしのつかない重大な事態の予兆でなければよいのだが。

それとも…熱中症?
 

Top|Next »

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて4年経過、
今はリバウンドと闘う55歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR