平成24年8月28日(火)

■朝:ハム玉子サンド・トマト・コーヒー
■昼:玄米がゆ・豚肉生姜焼き(135kcal)・ひじき・ごまスープ
■夕:小豆がゆ・豚肉生姜焼き(135kcal)・豚冷しゃぶ(135kcal)・ひじき・ごまスープ
■夜:チーズケーキ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:66.5kg/体脂肪16.0%/体内年齢38歳

-----------------------------------
◇ウエイト歩行:目黒川沿いコース田楽橋往復約5km(60分)
-----------------------------------

昼間、あまりにヒマだったので
当初9月上旬を予定していた3300通のメール一斉送信をついに敢行!

…したところ、エラーで1通も送信されず…。

それならと、10通ずつ小分けにして再試行するも、結果は同じ。
詳しい原因は不明だが、送信不可なメールが1通でも含まれていると
どうやら全体が送信されないようだ。

…結局は当初覚悟したとおり、1通ずつ個別に送信するしかないということか。

1日100通ずつ送信したとしても33日も要してしまい、まったく意味を成さない。
とにかく3300通のメールを、遅くとも9月14日(金)までには送信し終えなくては。

というわけで本日午後から腹を括って個別送信開始。
これがまあ哀しいことに10通送信すると5~6通は差し戻されちゃうもんね。

こんなことなら直近から始めて5年前まで遡ったあたりで止めた方がよほど楽だが、
それはオレ自身が許さない。

メールアドレスを変更するのはあくまでもお客様の勝手であり、
それを承知の上で
すべてのお客様にお知らせすべく送信するのが礼儀だと考えるからだ。

古い奴だとお思いでしょうが…。

途中細かいオーダー製作を挟みつつ一心不乱にメール送信、
19:00に退出、ヘアーサロントムラで散髪&白髪染めを終えて20:30帰宅→シャワーの後、
21:00から自室で再びメール送信。

別ルートからのお客様にお知らせするため、
隣室でハガキ400通の宛名書きを始めた愛妻が、
黄色い付箋がモニター画面中央に貼り付けられたオレのノートPCを見て思わず、

「いよっ、デジタルとアナログの融合♪」

なんつって励ましてくれるけど、まだまだ先は気絶しそうなほど、長い。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「こいつぁマジでリバウンド間違いなし♪」と喜んだアナタ、恐縮ですがポチお願いします。
 

平成24年8月27日(月)

■朝:たまごパン・野菜パン・トマト・コーヒー
■昼:たまごパン・オムレツパン・トマト・コーヒー
■3時:ソフトクリーム
■夜:おろしそば

□起床時体重:66.6kg/体脂肪14.6%/体内年齢38歳
□入浴後体重:66.5kg/体脂肪13.4%/体内年齢38歳

-----------------------------------
◇足上げ腹筋:45秒×4回
◇腕立て伏せ:30回
◇ウエイト歩行:目黒川沿いコース田楽橋往復約5km(60分)
-----------------------------------

よんどころない事情が突如として勃発したので
それが収束するまでの間、恐らくここ1週間ほどは
極めて簡潔な記述とさせていただく。

ダラダラと冗長なだけで何ら意味のない垂れ流し拙文でも
お楽しみいただいている奇特な読者がおいでになるとすれば
ヒッジョーに申しわけないが、何ともご容赦願いたい。

■朝歩行
■日中はちょいちょいと業務
■19:30→入浴→岩手名産・土川そばを用いた福井名産越前そばを食す。
■めでたく休肝日とすることができて22:30気絶。

週末リバウンドもなく66kg台で推移して、せっかくここまでいい塩梅で来たのに…。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「当分ワークアウトもできねえか」と喜んだアナタ、恐縮ですがポチお願いします。
  

平成24年8月26日(日)

■昼:どん兵衛天そば特盛(天ぷら抜き)・きざみねぎ・温泉玉子・いなり3個
■夜:枝豆・サッポロ黒ラベル500ml

□起床時体重:67.4kg/体脂肪14.4%/体内年齢38歳
□入浴後体重:67.5kg/体脂肪14.9%/体内年齢38歳

勤務先の玄関ドアを開けて表に出ると、
そこはなぜか日ごろ見慣れた大通りではなく、池上通りの大井4丁目付近。
ということは、今オレが出てきた建物は大井セントラル(とうにない映画館)か?

ふと上空を見上げると、一面に垂れ込めた雲越しに
東京湾方面から巨大な円盤型の物体がジグザグに飛来してくるのが
うっすらと透けて見える。

近づいてくるにしたがって円盤の形状はより明確に目視できるようになった。
慌ててポケットをまさぐり、いつものデジカメを取り出して必死に撮影する。

再生画面で確認すると、
軽く直径100mはあろうかという巨大な円盤型の飛行物体がクッキリ映っている。

やった!ついに念願のUFO写真撮影に成功したぞ!

勤務先に戻ってSDカードをノートPCに差し込み、
モニターで確認しようとしたとき、突如として異様な感覚に囚われ、
背筋がゾクゾクと凍りつく。

ふと、現実にはない裏窓から外を見上げると、さっきのUFOが、
今度は雲間からその正体を現し、こちらに目がけて飛行してきた。

オレは慌ててSDカードを再度デジカメに装着し、
今度は動画モードに切り替えて再びUFOの姿を撮影する。

なんてことだ、今度は動画の撮影にも成功したぞ。
これはまさに驚天動地の大事件だ!

もっと近くで撮影できないかと、裏口のドアを開けたところで
オレは思わずたちすくんでしまった。

現実にはない4軒先のビルの陰から、
さっきのUFOが低空で静止したまま、じっとオレを見つめているではないか。

…奴らはオレを狙っている、このままだと間違いなくアブダクトされる!

咄嗟にそう確信したオレは一目散に勤務先に戻り、
現実にはない押入れの奥深くに身を隠し、
カビ臭い布団に顔をうずめ、懸命に息を殺す…。


奴らが襲ってくる直前で間一髪目覚めたが、心臓はバックバクで破裂寸前。
さらには胸の上に置かれた右手が、デジカメを持つ格好をしていた。

覚醒寸前の悪夢には、毎度のことながらグッタリさせられる。
それにしても今回の巨大な空飛ぶ円盤のあまりのリアルさには驚かされた。
一瞬、オレは「未知との遭遇」のリチャード・ドレイファスかと思ったほどだ。

…まあ、どうせ「UFOハンターズ」の見すぎだろうけどよ。

そんなんで朝から疲れ果てたので今朝も歩行はお休みして9:30出勤。
しかしこんなクソ暑い日曜日にオーダーなんぞあるはずもなく丸坊主に終わる。

16:00に社内ボランティアを終えて、久々の室内ワークアウトを開始すべく
全裸になった途端、Webから明日引き取りのオーダーが入る。
その他にもやるべきことが次々と噴出して、
なんのこたあない、18:00まで丸々2時間にわたって素っ裸でデスクワーク。

18:20にようやく退出、品川駅クイーンズ伊勢丹で両親の晩飯を買って東大井の実家へ。
ケーブルTVリモコンの使い方を再度教えたりして19:00においとましようとすると、
母親が「あんた、コレいつになったら持って帰ってくれるの?」と
某有名デパート包装紙にくるまれた平たい箱を指差す。

それは親父の一番弟子さんからいただいたお中元。
毎年恒例のビールだそうだが、親父は一滴も飲めないし、
母親も今年6月のあの忌まわしい事件以後、さすがにビールはきっぱりと断って、
今では毎日、朝からノンアルコールビールを浴びるように飲んでやがる(苦笑)。

というわけでオレが代わりにありがたく頂戴することになってはいたが、
何せ重そうなのでなかなか持ち帰る機会を得なかった。
しかし今日はこれからどこにも寄らずまっすぐ帰宅する予定だから
途中でこれ以上荷物が増えることもなかろう。

いざ手に抱えてみると案の定かなり重いが、持って帰れないこともない。
何度も左右の手を持ち替えてなんとか大井町駅まで到着。

遠回りだが途中までは確実に座っていけるルートAにするか、
座席を得ることはまず不可能だが、タイミング次第では短時間で帰れるルートBで帰るか、
少々悩んだが次の電車が5分後に到着することがわかったの後者を選択。

都内有数の人気スポットから来る路線だから、車内はそれなりに混んでいた。
その上隣駅で乗り換えた別路線はさらに混雑していて、箱を持つ手がちぎれそうになる。

それでも地元駅に到着し、駅に隣接するスーパーで枝豆を買って帰宅。
まずは頂戴したビールをできるだけ多く冷蔵庫にブチ込むべく、
バリバリと包装紙を破り、いそいそと箱を開けると…

ノンアルコール・ビールが15缶!

なんだなあ、おい!!

あまりの腹立たしさと情けなさに思わず苦笑い。
早速実家に電話して軽くキレると母親は大爆笑しつつ「悪い悪い」だって。

疲れが一気にドッと出て「剣客商売番外編・黒白 下巻」を読みながらゆっくり入浴。
湯上り計量では67kg台だったが、もうそんなこたあどーでもいいや。

自室で買ってきた枝豆食いながらビール500mlを一気飲みし、
最近のお楽しみ「天皇の世紀 ドキュメンタリー版」を1話分だけ観て21:30には気絶。

5時間後の2:30にはバッチリ覚醒してしまったが、
空腹に耐えて「黒白」を1時間ほど読み進めて3:15に再度気絶。

今朝方見た夢があまりに鮮烈だったのか、
40年ぶりに再会した中学1年当時の同級生の某女子に、
夢に現れたUFOの形状を事細かに説明している夢を見た。

ひょっとして、どこか壊れてきてる?


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「何を今さら」と笑ったアナタ、恐縮ですがポチお願いします。 
 

平成24年8月25日(土)

■昼:カップ麺(また食べたくなる塩ラーメン)・炒飯2/3
■3時:アイスコーヒー
■夜:トマトじゃこサラダ・グリルポーク・鶏と茄子の黒酢あんかけ・掻き揚げ・
    ひらす塩焼き・山芋と蓮根包み揚げ・Pモルツ・芋焼酎・
    アイスモカラテ・コーヒーババロア・ミルフィーユ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:67.3kg/体脂肪14.6%/体内年齢38歳

夜中に歌舞伎町でバットを振り回したおかげか、
あれだけ飲んだのにアルコールは体内からすっかり消えている。

それでもなかなかふとんから起き上がれず、
10:30に至ってようやく行動開始。

ヨロヨロと出勤…といっても本日は休業。
飲んだ翌日のカップ麺の美味さをしみじみ味わった後、
11:30に地元駅ホームでまだ前夜の酒が残っているHな社長と合流して一路新宿。

今使っているノートPCが限界に来ているHな社長に付き合ってヨドバシアウトレット館へ。
ひとつ前の型落ち新品が8万円近く値下がりして売られているのに驚いた。

続いて西口本店でイラスト素材集をいろいろと物色した後、今度はオレの買い物。
今だけ15%安い某ソフトウェアとBDディスクを無事調達。

帰って経理担当重役に相談、というかお願いするというH社長と新宿西口で別れ
クソ暑い中を南口まで歩いていつものタワレコへ。
1時間以上ウロウロしてあらゆるジャンルを試聴しまくるも、琴線に触れる作品はナシ。

埼京線で渋谷に移動、駅前のカフェでス分補給しつつ昨日分のコレを途中まで書き、
14:30に店を出て2時間ほど炎天下をウロウロした後、
16:30に下北沢での観劇帰りの愛妻と合流。

まずはハンズで彼女の買い物に付き合い、続いてロフトで業務上仕入れをして
東急東横FoodShowのいつもの和食惣菜店で晩飯を調達して18:00帰宅。

うだるような暑さの中、それも人混みを歩くのはホント疲れる。
これならウエイト装着で目黒川沿い歩行の方がよっぽど快適。

順番にシャワーを浴びて20:00から晩飯。
22:00にヤボ用で勤務先まで千鳥足で歩いた帰途、
カフェでデザートとアイスモカを買い、一気食いして23:30気絶。

週の前半での節制を後半の自堕落生活で台無しにするという
毎度おなじみ悪循環ループの繰り返し。

こんな調子だとあっというまに70kgまで戻しちまう、要注意。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「昨日今日でドカ食いしやがったねどーも」と喜んだアナタ、恐縮ですがポチお願いします。 
 

平成24年8月24日(金)

■朝:たまごパン・野菜パン・トマト・コーヒー
■昼:たまごパン・オムレツパン・トマト・コーヒー
■3時:バナナ
■夜:【ROMANO】にていろいろ・生・ガヴィ・イルパッソ・プリミティーヴォ
    グラッパ

□起床時体重:67.4kg/体脂肪14.8%/体内年齢38歳
□入浴後体重:計量不能

「佐藤 黒」があまりに美味くてガブ飲みし、
帰宅→シャワーで速攻気絶したのが響いたか、
6:00に目覚めるとうっすら頭痛が。
今夜のことを考えて朝歩行は自重し、体調回復に努めよう。

9:00に自宅を出て畑田パン→銀行→自宅→勤務先着が9:30、
Tシャツはすでに汗ビッショリ、早速手洗いして外に干す。

昼間は細かいオーダーや少々ややこしい社内ボランティアに忙殺され、
常客からの本日出荷オーダーも含めて全部片付いたのが17:00。

ここから昨日の続き、2004~2005年分の顧客のメールアドレスを
アドレス帳に落とし込む単調作業。

今日は睡魔に襲われることもなく粛々と進捗し、18:30には完了。
当初概算では4500件だったメールアドレスも、
終わってみれば3300件にとどまっていた。

ということは全体の4割近く、1300人ものお客様に
2回以上の繰り返し注文を頂戴してきた計算になる。
消耗品でもなく、耐久消費財ですらない商品なのに。

事業開始以来10年もの時を経て今さらそんな数字を目の当たりにするとは
あまりにも遅きに失していると、われながら苦笑するとともに、
顔の見えない3300人のお客様に、改めて感謝と御礼の念を抱かずにはいられない。

これであとは来月上旬に頃合を見計らって一斉メール送信すればよし。
思ったより短時間でカタがつき、ひとまず安心。

19:00に地元駅で西麻布の師匠、Hな社長と待ち合わせ、
さらには店の入口で愛妻とも合流、【ROMANO】にてイタリアン宴会だ。

今夜は初めて個室を利用させていただくことにする。
個室といっても板塀で仕切ってあるだけの簡単な作りだが
それでも天井の高い大広間とは隔離されているので、
周囲の喧騒は大いに軽減されており、大声を出して話す必要もない。

こいつぁあ快適だ。


201008241

残暑払い~っ


201008242

【お通し】


201008243

【冷製ローストビーフ落花生のソース】


201008244

【サンマの炙りカルパッチョ、ほろ苦いサラダ添え】


201008245

【ガヴィ】


201008246

【エビのカダイフ巻きオーブン焼き】


201008247

【マルゲリータ】


201008248

【スズキと夏野菜のグリル、サルサヴェルデ】


201008249

【マリナーラ】


2010082410

【生ハム】


2010082411

【サラミ】


2010082412

【ゴールデンポークのビアンコラグーと焼きとうもろこしのフジッリ


2010082413

【イル・パッソ】


2010082414

【ズワイガニと枝豆、フレッシュトマトのフェデリーニ】


2010082415

【プリミティーヴォ】


2010082421

【イベリコ豚肩ロースのグリル、桃のマルメラータ添え】


2010082416

【チーズ盛合せ】


2010082417

名前失念、要するにエスプレッソをジェラートぶっっかけるのね


2010082418

【カプチーノ】愛妻の注文


2010082419

【グラッパ】野郎3人はこれ


楽しく飲み進めるうち、なぜか話題は15年前に遡った。

その夜、師匠、愛妻と3人で新宿で飲んだ後、
なぜか師匠に連れられてバッティングセンターに行った。

自慢じゃあないがオレぁ野球なんてやったことないもんね。
快音を連発する師匠と愛妻をよそに、
オレのバットはただの1回もボールにかすりもしなかった。

そのときのオレのヘッピリ腰打法を思い出し、
「あれは酷かったな」と今さらながらに笑う師匠に、ついムッとした。

「それならこれから新宿のバッティングセンターに行きましょうよ。
タクシー代はオレが持ちますから」

ああ、酔った勢いとは恐ろしい。
22:30にROMANOを出て、駅前から4人してタクシーに乗り込む。

23:00にバッティングセンター到着、結構混んでいるのに驚いた。
オレらみたいな酔っ払いがたくさんいるということだろう。

ちょうど球速の90km直球ブースが空いていた。
まずは師匠、相変わらずバッティングは好調だ。
次にHな社長、スイングのスピードはさすがだが、気負いが目立つ。

続いて愛妻が打席に立つ。
これが結構うまくて、バットは着実にボールをとらえる。
これには師匠もHな社長も思わず舌を巻く。

さて最後はいよいよオレの番、15年越しのリベンジだ!

…¥600使って48球、見事なまでに全部空振り…。

あまりのみっともなさに、一同声も出ず。

さて帰ろうかと出口に行く途中、
球速80kgカーブのブースが空いているのが目に留まり、
気を取り直して再挑戦、今回も師匠→Hな社長→愛妻→オレの順。

カーブにタイミングが合わないのかして、皆直球より手こずり気味。
最後にオレが打席に入ると、愛妻が「今だ!」と声をあげて
懸命にタイミングを図ってくれる。

応援虚しく今回もオレのバットは空を切り続けたが、
あと5球を残す時点で初めてボールにかすり、
その後4球は立て続けに快音を放ち、ヒット性の打球が見事に前に飛んだ。
特に最後の1球は見事に打ち返し、ボールは新宿の夜空高く舞い上がった(大げさ)。

これでスッキリした。

ひと汗かいて酔いも少し醒めたので歌舞伎町の師匠行きつけ?の多国籍スナックへ突入。
席に着くとフィリピーナと思しきオネイサンがオレの顔を見ていきなり

Are you Japanese? You look like a foreigner, because of your big eyes.

目玉が大きいからって日本人に見えないとは、テルマエ・ロマエか?

I was born and have been in Japan for 53 years, and I have never gone abroad.

と一気呵成に畳みかけ、久々の「Native相手ではない夜の英会話教室」を楽しんだ。

さて、今夜はお目当ての「師匠の長年のオトモダチ」が欠勤とかでお目にかかれず、
さらにはそのせいか、お会計でビックリする高額を提示され、
思わず隣席のHな社長と目を丸くする。

オレらのテーブルについてくれたオネイサンたち、
日本人、フィリピーナ、お隣の大陸の方、ベネズエラ人(だったか?)
言っちゃあ悪いけど、美貌の点では、いずれも大したこたあない。

もっとハッキリ言っちゃうと、客である愛妻の方がはるかにウツクシイ(ヨイショっと♪)

それなのに7.2諭吉とは驚いた。
確かに師匠がジェムソンズ12年のニューボトルを入れたし、
オネイサン方に赤ワインを1本振舞ったりしたけどね。

しかしさすが師匠、慌てず騒がず表情ひとつ変えず、
おもむろに分厚いサイフを取り出してきっちりキャッシュでお支払い。

オネイサン方に見送られながらそそくさと店を出てから
オレは愛妻の分を含めてなけなしの2諭吉を、Hな社長は1諭吉を
慌てて師匠のポケットに押し込んだ。

すると師匠は申しわけなさそうに
「かえって悪いことしたなあ、彼女が出勤してれば4人でも2諭吉で済むんだけど…」
それなら値段なんてあってないようなもんじゃあねえか、歌舞伎町恐るべし。

ほどなく方向の違う師匠とお別れして3人でタクシーに乗り込み、
中目黒でまだ飲み足りないHな社長を降ろしてそのまま帰宅→シャワー→26:00沈没。

予定外にバブリーな豪遊をしてしまった。
明日から当分、塩を舐めて生きよう。


2012082422

歌舞伎町で葉巻をくゆらせて得意満面のHな社長


2010082420

「今夜のことは、ウチのおかみさんにゃあナイショだぞ」

オレの白メガネをかけるとテリー○藤クリソツになる師匠。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「残されたものは脂肪だけ」と喜んだアナタ、恐縮ですがポチお願いします。
 

Top|Next »

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて7年経過、
今はリバウンドと闘う58歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR