平成25年2月26日(火)

■朝:りんご
■昼:野菜スープ・ゆで玉子・りんご
■3時:チョコ(ガルボ)・コーヒー
■夕:野菜スープ・ゆで玉子
■夜:富士山麓ウィスキー2杯・チーズ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:67.2kg/体脂肪14.9%/体内年齢38歳

本日の行状はほぼ昨日と同じ。

9:00起床(軽度頭痛付)→日中ダラダラ→夕方バタバタ
→夜は片付け→富士山麓ウィスキー+スモークチーズ+社長忍法帖→気絶。

とまあそんなこたあともかく、
昨日の【追記】が、とある方面に大きな反響を呼んだ、予想通りに(ニヤリ)。

早速、当事者【めた坊2号】Sちゃんからコメントが寄せられた。

================================================================

激励のお言葉ありがとうございます。
元々食いしん坊な自分ですが今後食事は質と量、
しっかり頭で考えて舌で味わって心で感謝して
正に「一食入魂」で行こうと思います。

無理な数字は追いかけずに実際に達成できた69kg台目指してまた頑張ります。

================================================================

さらには次のようなメールが。

================================================================

なんだか本当にこのままずるずるデブに逆戻りする所でした。
マジで体重いです、動くのが億劫です、やっぱり見た目きもいです。
適量食べて適度動く、基本的な事が全然出来てませんでした。
またがんばります、29インチ入ったら4人で食事行きましょう。

================================================================

加えてさらに、昨日付けのブログで痛烈な自己反省まで展開。
こいつぁあ、寝た子を起こしちまったかな(ニヤリ)。

でも結局、そういうことなのよ。

「生活習慣病」とはまったくうまく名づけたものだと、つくづく感心する。

■ついつい食べ過ぎる習慣

■運動しない習慣

■鏡に映る「醜く太った己が姿」を見ても、何とも感じなくなる習慣

こうして人は瞬く間に太り、ある日突然、カタストロフィーがやってくる。
血管を詰まらせ、瞬時にして重篤な状態に陥り、薄れ行く意識の中で
「ああ、もう少し普段の生活に気をつけていれば…」と悔やんでも後の祭りだっつの。

極論に聞こえるかもしれないが、
「食べすぎ・運動不足・現状直視からの逃避」という悪しき生活習慣は、
長い目で見れば「自殺行為」に他ならないのだ。

そう考えると「生活習慣病」からの脱却は、
自分自身に甘い己との闘いもといえよう。

であるからこそ、その方法論の如何より、
果てしない暗闘を長期にわたり「継続せしめること」がより肝要となる。

一度目標体重に達したからと言ってダイエットはそれで終わりではない。
むしろ、目標達成に安心して、徐々にであっても元の自堕落な生活習慣に戻すと、
体重もそれに比例してジワジワと増加傾向に転じていく。

特にSちゃんやオレのように、
いくらでも食べられる恐るべき強靭な胃袋と、
食べた分がすぐ脂肪になるスポンジ体質とを併せ持つ先天的メタボ候補生にとって、
ダイエットとは「生涯克己」、文字通りライフワークとならざるを得ない。

しかも、そのような先天的メタボ候補生に限って、ひたすら自分に甘いのよ。
自分に厳しければ丸々と太ったりしませんて。

そういう甘ちゃんがダイエットに成功し、なおかつそれを維持するには、
もう何度も書いているけどモチベーションの持続が不可欠だってこと。

目標設定するにしても、1km先のバス停的な長期的スパンではなく、
10m間隔で立つの電信柱のように、短期間(2~3ヶ月)ごとに区切り、
コツコツとクリアしてく方がモチベーションも持続しやすい。

さらにはそ電信柱ごとに(できれば同じ)人と会うイベントを設定するのが好ましい。
ダイエットしていることを知らせず、相手に「痩せた?」と言わしめればヤル気も倍増!

…相手が配偶者以外の異性であればなおさら結構♪


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「結局はモテたいだけじゃあねえか」と呆れたアナタ、恐縮ですがポチお願いします。 
 

平成25年2月25日(月)

■朝:りんご
■昼:野菜スープ・ゆで玉子・りんご
■夕:野菜スープ・ゆで玉子・りんご
■夜:富士山麓ウィスキー2杯・ミックスナッツ・チーズ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:67.6kg/体脂肪15.2%/体内年齢38歳

燃え尽き症候群。

起きたら8:30、この時間から朝練は無理、クソ寒いし。
午前中から午後にかけては静かだったが、夕方にちょいとバタバタ。

それも19:00にはすっかり片付き、晩飯食って20:20に隣町某所で今夜も片付け作業。
長いこと所持していた本人にとっては宝の山かも知れないが、
片付ける方にしてみれば悪いけど単なる雑物以外の何ものでもない。

しかし、日々のコンビニのレシートまでもが、
ご丁寧にきちんと日付順に保管されているのには驚きを禁じえない。
捨てられない性分なのか、はたまた世代なのか。

ともあれ、今夜も2時間ほどでめでたく45ℓ10袋が満杯。
帰途、隣町のスーパーで買い物して23:00帰宅。
それにしても今日も寒かった、体の心まで冷え切っている。

ゆっくり入浴して池波先生「黒幕」をついに読了、もう読むものがない。
それでも湯上り計量ではあっけなく67kg台に逆戻り。

こんな調子では4月5日までに64kg台突入なんて不可能に近い。
罰ゲームは目に見えているので今のところ宣言は控えておこう(苦笑)。

だったらさっさと寝りゃあいいものを、
おまけのグラスにつられてついつい買っちゃった富士山麓ウィスキーをロックで2杯。
つまみにチーズやミックスナッツも少々…。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「相変わらず学習能力のない53歳だ」と呆れたアナタ、恐縮ですがポチお願いします。 


【追記】

思いついたときに書いておかないと忘れそうだから。

あくまで標準身長及び体型の人に当てはまることだが、
個人的に思うに、2~3kg増えたくらいでは、
しかも服の上からでは、他人にそうと気づかれることはあるまい。

逆に「あれ?この人、ちょっとふっくらした?」と感じたら
恐らくその人は4~5kg増量している可能性が高い。

そして「あ、この人太った!」とハッキリ認識できた場合、
当人はまず間違いなく6~7kg増えているだろう。

しかし、たった2~3kgの増量でも、そこで食い止めないと
あっという間に4~5kg増に到達する。

そして、さすがに6~7kg増えてしまうと、それまでの服が着られなくなる。

最近では「永遠のメタボライバル」と呼ぶのも憚られる(ニヤリ)、
【めた坊2号】Sちゃんなどは、オレと同じ87kgスタートで、
一時は69kgまでダイエットして、せっかく29インチのジーンズを買ったのに
それが今では…(この後自粛)。

要するに痩せたり太ったりするのは身体に負担がかかるだけでなく、
ヒッジョーに不経済だということ。
がんばれSちゃん!また29インチのジーンズはいて夫婦4人で飯食おうぜ!

オレたち【めた坊】「一食入魂」で行こうじゃあねえか。

他山の石以て玉を攻むべし。

そしてもちろん、

驕れる者は久しからず。
 

平成25年2月24日(日)

■昼:海老民にて「ゆず切り手打ちそば大盛」
■夜:生ハム・チーズ・サラダ・ジェノベーゼ・オリーヴ・パン・シチリア赤

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:66.8kg/体脂肪14.4%/体内年齢38歳

10:00覚醒、残酒感ゼロ、おまけになぜか腰痛もほぼ完治。
腰の痛みには酒が効くのか?バんなそカな(©TRICK 上田教授)。

10:30に勤務先へ立ち寄った後、さらに12分歩いて隣町某所へ、今日は寒い。
近くのそば屋にて大好物のゆず切り手打ちそば(大盛)で腹ごしらえして片付け開始。

…机周りだけで45ℓゴミ袋が軽く10袋満タン、まるでゴミ屋敷だ。

それでも思わぬところから思わぬモノが出てきて溜め息、
どうせ発見されるなら昨年末イベント前だったらよかったのに…。

あっという間に17:00を迎えてタイムアップ。
冷たい風が吹く中、トボトボ歩いて勤務先経由で一度帰宅、
リュックを置いてすぐ出発、品川駅ecuteで母親の晩飯を買ってお届けし、
その足で徒歩7分の某所へ。

さっき発掘したブツを本人に見せると満面の笑顔。
彼にとってはいわば足跡であり、また誇りでもあるからね。

18:50に愛妻とおいとま、ヤマダ電機とヨーカ堂で日用品を買い、
品川駅ecuteでちょろっと晩飯を買って20:00帰宅。

ゆっくり入浴すると再び66kg台にお目にかかれて望外の喜び。
それでも晩飯をガッツリいったから、明日はヘタしたら68kg台まで戻しているかも?

この2日間で結構飲み食いしたから、明日から絞るか…絞れるのか?
実は「罰ゲームダイエット第二弾」、一応密かに目標設定してはいるが、
今度はかなり難しそうなのでここでアナウンスするかどうか思案中。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「柳の下に泥鰌は二匹といねえぞ」と思ったアナタ、恐縮ですがポチお願いします。 
  

平成25年2月23日(土)

■朝:りんご
■昼:りんご
■夜:1次会・品川某所にてぶり刺身2切れ・日本酒少々・赤ワイン少々
    2次会・中目黒スペインバル【エグザイルス】にていろいろ・生・LA PLANTA
    3次会・某カラオケ店にてモヒート2杯

□起床時体重:67.5kg/体脂肪16.7%/体内年齢39歳
□入浴後体重:計量不能

ノルマ達成と引き換えに腰痛が見事に本格化。

7:00覚醒、昨日分のこれ書いて9:00から二度寝。
10:30に再度目覚めて起き上がろうとして思わず唸り声。

ああ痛え。

やっとのことで着替えて顔をしかめつつ出勤。
りんご食って時代劇専門chで放映中の「鬼平犯科帳/雨引文五郎」を観る。

13:00にようやく行動開始を決意、鎮痛剤と胃薬を飲んでよろよろと退出。
都営地下鉄で浅草橋、まずはシモジマ5号館にて業務上買出し。
重い買い物カゴを持って階段を昇り降りしているうちに冷や汗が出てきた。

地下鉄で東銀座まで戻って某所で紙屑を買い、銀座ハンズでもちょいと買い物。
16:30に品川着、ぶらぶらと時間を潰し、
18:00から某所で中学同期会の新年会に出席、3回目の今年も50人近くが集まった。

18:30に一時退出してタクシーで隣町某所へ。
待っていた愛妻と一緒においとまし、品川駅でちょいちょいと買い物して愛妻と別れ、
19:30に何食わぬ顔で新年会会場へ戻る。

対面に座ったのは小学校4年から同級生だったSくん。
バンビのような美少年だった頃の面影は今やどこにも残されていないが(苦笑)、
思いがけずヒッジョーに参考になる経験談を聞くことができた。

20:00に席替えでテーブルを移動。
今度目の前に座ったのは、偶然に去年も対面の席だったナイスバディのKくん。
驚いたことに去年からさらに6kgものダイエットに成功し、体脂肪はなんと11%だとか!
今年54歳になる中年男の数字じゃあねえな、無条件降伏です。

1次会は21:00にお開き、2次会は1階上のバーで開催されるが、
なんたって1次会では寒ぶり刺身2切れしか口にしていないのでさすがに空腹だ。

仲の良い同級生3人を誘ってタクシーで中目黒へ直行。
21:30いつものスペインバル【エグザイルス】に突撃。


201302231.jpg

【チャングーロ ズワイガニのバラ、バケット添え】


201302232.jpg

【ハモンセラーノ】


201302233.jpg

【ハモンイベリコ】

ちなみにこの後の逸品【ヤリイカ墨煮 バターライス添え】は取り分けに熱中して写真撮り忘れ


201302235.jpg

【パエーリャ】4人前


201302236.jpg

米一粒たりとも残すものじゃあねえよ

あ~あ、久しぶりにこんな時間に米飯をがっつりいただいちゃった。
お腹ポンポン(岐阜弁)になったら今度はカロリー消費だ、
ってんでタクシーに乗って来た道を戻って某カラオケ店へ。

今夜もなぜかオール洋楽カラオケ大会(これがいちばん楽しい)。
オレが熱唱したのは、




I didn't meant to turn you on / Robert Parmer




Gott'a be somebady / Nikcelback




Because I love you / Steevy B




Badboy / Whitesnake




Open arms / Journey




Burn / Deep Purple

あとは覚えてねえや。

かくして53歳たちの狂宴は25:30にようやくお開き、
3人をタクシーに押し込めて徒歩で帰宅→シャワー浴びて26:00沈没。

気がつけばあれだけ苦しめられた腰痛はどこかに吹っ飛んでいた。
まったく現金なものだ。

・・・そのかわりまた脂肪がついちゃったけどね。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「早速反動が現われやがったな」と喜んだアナタ、恐縮ですがポチお願いします。 
 

平成25年2月22日(金)

■朝:りんご・ポトフ
■昼:野菜スープ
■夜:かきフライ・サラダ系惣菜5品・ミモレット・
    Syrah(シチリア)・紅茶

□起床時体重:66.4kg/体脂肪15.3%/体内年齢38歳
□入浴後体重:66.8kg/体脂肪14.9%/体内年齢38歳

-----------------------------------
◇腕立て伏せ:35回
◇5kgウエイト歩行:約5km(55分)
-----------------------------------

運命の朝。

8:00覚醒、早速床を離れるべくからだを起こそうとすると背中に電流が走る。
アイテテテテ。
この肝心なときに腰痛完全復活(泣)。

マジで朝練なんてやってる場合じゃあなくて
一刻も早く電気鍼のお世話にならねばならぬ。

それでも淡い期待を込めて体組成計に乗ってみるも、66.9kg
リミットまで300gも残してやがる。

こうなったら歩くしかねえじゃあねえかよっ。

やむなく出勤して腕立て→8:35からウエイト歩行へ。
今朝も風は冷たいが日差しはまさに早春のそれだ。

9:30勤務先帰着、ささっと着替えて一度帰宅、シャワーを浴びて、
さあ計量だ。

期待と不安に胸を膨らませつつ体組成計に乗ると


201302221.jpg

おお、ジャスト、オーメン66.6kg

・・・待てよ、今デジカメを手に持ってるぞ、こいつを棚に置いてもう一度乗りなおすと・・・


201302222.jpg

余裕のよっちゃんでノルマ達成、へっへっへ、見たかおい!

なんて達成感に浸っている時間はない、小走りで勤務先へ。

午前中こそ比較的落ち着いていたものの、午後からは例によって急ぎ連発。
酷くなる一方の腰痛に耐えながら立ったり座ったりの連続で、
今日こそ必ず18:30には早仕舞いしてGNクリニックに駆け込み、
患部にズブリと電気鍼をブチ刺してもらおうと固く心に誓っていたのだが、
月曜朝入用の3件を仕上げ、通販分4件を含めた7件を出荷し終えたのが19:20。
診療受付時間はとっくに過ぎてやがる(泣)。

こんなことなら朝連やめて今朝のうちに通院しておくべきだったかもしれないが、
そうなるとオーメン66.6kgを達成できずに腹部のブヨブヨを晒すだけでなく
命と愛妻の次に大事な諭吉2枚を涙とともに手放すハメに陥っていただことだろう。

しかし、こんな無意味なノルマ達成と引き換えに健康を損ねては元も子もない、
ともあれ、これで体調最悪の週末を迎えることは確定した。

腰をかばいつつ山手線に乗って(立ってるものつらくなってきた)品川駅。
ともあれ祝杯の肴を買ってロッカーにぶち込んでヘアーサロントムラへ。
散髪~白髪染めの間、ほとんど気絶っぱなしで頭はグラグラ、すみません。

21:00帰宅、まずはゆっくり入浴するとまだ66.8kg、でも所詮は今日だけの最大瞬間風速。
22:00からSylah飲みながら三代目・中村又五郎氏が出演する池波先生関連番組を観る。

先生の代表作、鬼平犯科帳の一篇の舞台となった街を巡る小さな旅だが、
朝練歩行で横切る太鼓橋、行人坂、権之助坂をはじめ
現在退去準備中の隣町某所隣りの老舗飴店の店主が登場したりと、
思わず親近感を抱かざるを得ない内容で、なかなか興味深かった。

鬼平犯科帳はもう十年以上前にまずコミックで知り、
ついでおなじみ中村吉右衛門主演のテレビシリーズにドップリ首まで浸かり、
遅まきながらその後、原作本に行きついたのだが、
あまりの面白さに文庫全24巻を一気に3周(延べ72巻)連続で通読してしまった。

そうこうするうち、
それまでの口先だけで生きてきた薄っぺらい40男の人生観及び死生観にも、
われ知らず、多少なりとも厚みらしきものが備わってきたように思われる。

誤解のないように言っておくが、これは決して自分を褒めているのではなく、
「鬼平犯科帳」の、単なる勧善懲悪ベースの時代小説の域を大きく超えた、
「中年男の教科書」とでも言うべき存在に、厚く・深く感謝しているのだ。

そしてその対極にあるのが映画「社長シリーズ」。
戦後の高度経済成長の波に乗る森繁社長一派の奮闘、というか浮気(の未遂)の連続が、
最初観たときはただアホらしいほど楽しくて笑い転げるだけだったが、
何十回(呆)と観続けるうち、森繁社長の男としての途方もない懐の深さが見えてくる。

硬(ときどき軟)の鬼平と軟(まれに硬)の社長、タイプはまったく正反対だが、
いずれも包容力に溢れ、度量の広い「男のお手本」であることは間違いなかろう。

いつまでも太った痩せた言ってないで、そろそろいい加減に男を磨かなきゃ。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「その前に腰痛治せ」と思ったアナタ、恐縮ですがポチお願いします。 
 

Top|Next »

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて4年経過、
今はリバウンドと闘う55歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR