平成28年1月29日(金)

■朝:和朝食
■昼:懐石料理・瓶ビール
■夜:【坊乃】にていろいろ・生・熱燗(男山)

□起床時体重:69.5kg(推定)
□入浴後体重:計量不能

6:00覚醒、まだ早いが、かといって二度寝できそうにもないので
むっくり起きて机に腰掛け、ちょとりと通販系の業務を片付けて
2日分のこれを殴り書いたら早くも8:00。

あわてて身支度を済ませ、地下に降りると
朝食会場にはすでに皆様お揃い。
バイキングではない和朝食は久々だ。

9:00にいとこ(年上の女性)と妹の3人でタクシーに乗り
20分ほど走った町の某寺にある父方の実家の墓に参拝。


201601290.jpg

この隷書、どこかで見たことがあると思ったら
なんと、親父の揮毫であった。

倶会一処(くえいっしょ)とは、浄土教の往生の利益の一つ。
 阿弥陀仏の極楽浄土に往生したものは、
 浄土の仏・菩薩たちと一処で出会うことができる、という意味。

 浄土真宗では、念仏の信仰に生きる人は、
 この世の命が終わるとただちに浄土に生れるとし、
 そこで墓碑に「倶会一処」と刻むことがある。

 それは、先に浄土に往生している先祖たちと、
 共に同じ浄土に生まれたいと思う心持ちを表したものであるし、
 また同じ浄土へ往生させていただくことを喜ぶ姿でもある。

 -以上Wikiより)

この後タクシーでまた別の寺にある
今は無縁墓となってしまった父方親族の墓へも参拝し、
タクシーで斎場に戻ったのがジャスト10:00。


201601291.jpg

告別式を待つ間、昨夜初めて会ったいとこの娘さんが
あまりにもかわいいのでツーショット写真をお願いする。

11:00からの式は淡々と進んだが、
最後のお別れの際、聞こえるはずもない叔父の耳元で

「ありがとうございました」

と口にした瞬間、突如として激情がこみ上げて不覚にも号泣。

他のいとこたちとは違って、叔父との交わりはさほど濃密ではない。
毎年のように夏は金沢に長期滞在したいとこ2人に比べれば、
叔父と会った回数は累計で10分の1にも満たないはずだ。

それでも、節目節目で叔父と語らう機会に恵まれ、
そのたびに示唆に富んだ言葉をいただいてきた。
25年前、まぐれ当たりで天下を取った気になっていたオレを
遠回しな表現でやんわりと諌めてくれたことを思い出す。

しかし30をほんの少し越えたばかりの当時のオレは、
そんな叔父の危惧を推し量るには
あまりにも若く、不遜で、なおかつ唯我独尊でありすぎた。

その5年後、個人的な大問題を起こしたオレは
電話で叔父から強烈な叱咤を食らう羽目となり、しかもそれに逆上し、
あろうことか大恩あるはずの人を口汚く罵るという愚行を犯す。

それから20年近くの時を経てようやく謝罪の機会に恵まれたのは3年前、
叔父は何事もなかったかのように、
満面の笑みで不肖の甥子を迎え入れてくれた。
その穏やかな笑顔は、この先もずっと、瞼の裏から消えることはない。

ほんとうに長い間、いろいろとご心配・ご迷惑をおかけしました。

11:50出棺、バスで20分ほどの火葬場で荼毘に付され
斎場に戻って初七日法要の後、精進落としの会食。


201601292.jpg

【前菜:公魚昆布巻・紫芋・子持布・菜の花胡麻辛子・
     はたはた南蛮漬・蟹身・もって菊黒巣ジュレ・
     胡麻豆腐・金持芋雲丹焼】



20160129a.jpg

【御造り:赤そい・刺身湯葉・甘えび】


201601294.jpg

【鉢もの:茶そば】


201601295.jpg

【お吸い物:白味噌仕立て海老くず餅】


201601296.jpg

【焚合:湯葉饅頭・絹さや・艶あん】


201601297.jpg

【焼物:鰤柚子焼・磯辺豆腐・はじかみ】


20160129b.jpg

【揚物:鱈白子あられ揚げ・青唐】 続く茶碗蒸しは写真取り忘れ


20160129c.jpg

【止:青菜ご飯・香の物・小吸い物】


20160129d.jpg

【水物:ほうじ茶アイスクリーム】

16:30に斎場を後にして妹とタクシーで金沢駅へ。


2016012911.jpg

20分後の便ではせわしないのでその1本後の切符を買い、
ほんの数年前とは大きく様変わりした構内の土産店街を見て回る。

17:52発のかがやきに乗り、途中爆睡しつつもここまでのこれを書き、
英語Webのモバイル表示用画像を作り変えたりして20:24東京着で21:00帰宅。
晩飯を食べずに待っていてくれた愛妻と今年初めての【坊乃】へ。


2016012912.jpg

おつかれぃ


2016012913.jpg

【お通し:手羽大根】


2016012914.jpg

【俺の作った塩辛】


2016012915.jpg

【ぶり刺身】


2016012916.jpg

【あじたたき】


2016012917.jpg

【熱燗(男山)】


2016012918.jpg

【牡蠣酢】


2016012919.jpg

【はまぐり酒蒸し】


2016012920.jpg

【揚げたて厚揚げ】


2016012921.jpg

【ねぎ入り卵焼き】


2016012922.jpg

【漬物】

この2日間の報告をしつつゆっくり飲んで食って23:00帰宅、
ささっとシャワー浴びて24:00気絶、今夜は最低10時間は寝てやろう。


たった20時間の金沢滞在であったが、実に有意義なひとときをすごせた。

心配をかけっぱなしだった叔父に最後のお別れを申し上げることもできたし、
思いがけなく父方親族の墓参も叶い、親父の実家への思いも肌で感じた。

特に彼が実家の墓を兄(亡くなった叔父)と一緒に建てたこと、
しかも墓碑銘を自ら揮毫したことなど、今までまったく知らなかった。

いつか親父が「死んだら分骨して半分は金沢にある実家の墓に入れてくれ」と
(母のいない時に)語ったことがあるが、そのときはオレも真剣に取り合わなかった。

なるほど、そういうことだったのか、と、今初めてその意図を知りえた。
まだしばらく先のことになるだろうが、いつかは彼の遺志を叶えようと思う。

今回は叔父のおかげで父方のいとこたちとも久々にゆっくり語らうこともできたし、
彼らを通じて、今まで知ることのなかった親父とのエピソードも聞けた。
(かつて「60歳を過ぎたらフルートを習いたい」と言ったとか・・・まったくの初耳)

親父はオレたち子供には見せない一面を持っていた。

いや、というよりも、むしろ子供の側が、
父親という「役割」を前提にのみ彼と接していて、
(このような状態をこそ「父に甘えている」というのだろう)
「個人」としての彼に誠実に向き合う、という客観性と許容量に、
圧倒的に欠けていたという事実を、今さらながら痛感せざるを得ない。

だから彼も「個人」として接してくれる甥・姪や教え子たちに胸襟を開き、
その思いや心情を気楽に、率直に吐露できたのだろう。

親子、特に父親と息子というのは近すぎるがゆえに、
かえって逆に乖離した存在になってしまいがちなのかもしれない。

最近、逆の状況をありがたく擬似体験する機会を得ていることもあって、
親子における人間関係の脆弱さ・危うさというべきものを、
ようやく身にしみて理解できるようになった。

オレとしては自分なりに精一杯、父親孝行したつもりでいたが、
かんじんなところで至らなさ過ぎた。

もっと話を聞けばよかったね。
さびしい思いをさせてごめんね…

今となっては、心の中でそう呟くしかないけれど。
 

平成28年1月28日(木)

■朝:ロールパン2個・ゆで卵・コーンスープ
■昼:かき揚げそば・温泉卵
■夜:枝豆・すし1カン・ビール・加賀鳶

□起床時体重:70.5kg/19.9%/44歳
□入浴後体重:計量不能

7:00覚醒、枕元でメールチェックすると寝ている間に2点受注。
ムクッと起きて7;30出勤、データ制作を済ませてから
1か月分溜めちゃった入出金伝票記帳作業。

一度退出して銀行~コンビニと回って9:40再度出勤。
朝飯食って10:00始業、こんな日に限って朝から受注が相次ぐ。

丸の内の発注担当のオネイサンが実に親切極まりない方で、
こちらの事情を慮っていただいて13:00には午前中発注確定分のメール。
16:00にはご丁寧に「本日追加発注はありません」と再度メールを下さる。

これに安心して残るオーダーを片付けて16:50に早仕舞い、
まさしく脱兎のごとく退出して地元駅から山手線で東京駅着が17:20。

当初は19:00までの通常営業を想定して(それでも少し早上がりして)
19:24発の切符を取っていたが、窓口に駆け込んで急遽変更をお願いする。

間一髪セーフで2時間早い17:24発の「かがやき」に飛び乗り。
生まれて初めて乗る北陸新幹線は快適そのもので、
亡き親父も、あともう3年生き長らえたら新幹線で里帰りできたのに、
としみじみ思う。

19:56に金沢駅着、2年半前とはまた様変わりした駅構内に驚きつつ
東口からタクシーに乗って某所到着。

チェックインを済ませ、部屋にスーツバッグを置いてから
皆さんお集まりの控え室へ。

2年半前のあの日
20年ぶりの和解が結局最後となってしまった叔父と対面。
まだまだ長生きして欲しかったが、87歳は大往生というべきか。

いずれにせよ、あのとき叔父に謝罪する機会を得てよかった。
断絶したまま今生の別れとなっていたら、
この先(短い)一生、心残りを抱えたままだったであろう。

その後、通夜振る舞いをいただきつつ、
こういうときでないとなかなか会うことができない従兄弟や叔母たちと
叔父、そして親父の思い出を和やかに語らい、
24:30に自室に戻りささっとシャワー浴びて
電話で愛妻と互いに今日の報告をし合って25:30気絶。
   

平成28年1月27日(水)

■朝:ロールパン3個・ゆで卵・コーンスープ
■昼:天ぷらそば・おにぎり1個
■夜:鶏唐揚げ・海鮮サラダ・えびタコのハーブグリル・
    しゃきしゃきサラダ・いわしとポテトのロースト・
    Mドリーム・Pモルツ・シチリア白

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.8kg/17.6%/42歳

7:30出勤、今日も朝からあわただしく時が過ぎ行き、
宿題の英語Webのモバイル表示用画像部品をやっとのことで仕上げ、
19:00に脱兎のごとく退出、駅前の洋服店でYシャツを買い、
品川駅ecuteでもちょろりと買い物してヘアーサロントムラで散髪&白髪染め。

21:00に帰宅してゆっくり入浴すると
ここのところ寒さにかこつけて連日炭水化物過剰摂取しているので
それがモロに反映されて今日も首の皮一枚で69kg台にとどまるテイタラク。

それでもガツンと飲み食いして24:00気絶、さあ明日はどうなる?
 

平成28年1月26日(火)

■朝:長餅
■昼:かきあげそば・いなり3個
■夜:節分用豆・大根漬物・味噌煮込みうどん(山本屋本店)
    Mドリーム・Pモルツ・芋焼酎ロック2杯

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.8kg/17.2%/41歳

9:00出勤するも勤務意欲ゼロ(いつものことだろ)。
午前中はダラダラと昨日分のこれ書いておしまい。

午後も数少ないオーダーをのんびりと片付けていると、
夕方にとある方から久々に電話をいただいたと思ったら
その内容に愕然。

マジか…。

その後に入った丸の内からのオーダーに取り組むも、心ここにあらず。
誠に不謹慎な話だが、電話で知らされた内容そのものより、
それにより派生する諸問題をいかにクリアするかの方が
実のところオレにとっては重要課題だ。

特に、この件に付随して某社担当者から電話で提示された難問への回答が、
皮肉なことに図らずも弊社のレーゾンデートルを思わぬ形で立証する結果となる。
(思わせぶりな記述で恐縮だが、これ以上詳しくは書けないのでご勘弁を)

頭を抱えつつ駅前ミニスーパー経由で19:30帰宅、
名古屋で買った陣内先生のヴェネツィア本を手に入浴するも、
文字は読めても一向に頭に入らない。

20:45から晩飯。
本来であれば今日は休肝日とする予定であったが
諸事情により急遽一献傾ける仕儀と相成った。

おかげで名古屋名物「味噌煮込みうどん」(山本屋本店に限る!)を
一度煮あげたまま鍋の中で長時間放置したため、少なからず柔らかくなったが
愛妻は「むしろこのくらいの方が食べやすい♪」とご満悦。

そんなこんなで23:00気絶、次の休肝日はいつになったらやってくるのか?
今年から週2日の休肝日設定を励行している某先生を見習いたいのだが…。
  

平成28年1月25日(月)

■朝:タマゴサンド・ポタージュスープ・長餅
■昼:野菜サラダ・海鮮スープ・長餅
■夜:【なるほど】にていろいろ・生・燗酒(嵐山)

□起床時体重:69.9kg/19.9%/44歳
□入浴後体重:計量不能

銀行~コンビニと回って9:30出勤、3日ぶりの勤務先は少しは新鮮に映る。

日中は細かいオーダーの連続に振り回されておしまい、
17:00に早じまいして脱兎の如く退出、一度帰宅して喪服に着替えて出発。
山手線と京成線を乗り継いで18:10に町屋斎場着。

業界大先輩の通夜に参列、焼香を済ませて早々においとま、
HなK社長と合流して来た道を戻って大井町へ。

こうクソ寒いと八幸のおでんにも大いにそそられるが
人気店ゆえ月曜といえども油断はできない。

言っちゃあ悪いがおそらくヒマだろうとタカをくくって【なるほど】に決定。
ところが大井町駅改札を出たところで念のため店に電話すると、

「…すみません満席です」

と一度は断られる。

バんなそカな(懐)!

もういちど「○○です」と名前を言うと、
女将の和ちゃん

「なんだ○さん(オレの名前の頭1文字)、どうぞいらしてください」

どーなってんの? と思いつつも店に向かって歩き出し、
5分後、暖簾をくぐって戸をあけて愕然。

小上がりひとつをのぞいてギッシリ満席でやんの。
まだ月曜日だよ、どーなってんの?

特に奥の座敷は二間ぶち抜いての大宴会の真っ最中。

「○○○の役員OBさんと秘書さんたちよ」

と和ちゃんに耳打ちされて納得、超一流企業上層部(OBと現役)の新年会だ。

かつてこの街に○○○の本社があったころ、
【なるほど】は上層部の役員さん方御用達で連日賑わっていて、
22:00を過ぎると店の前には黒塗りのハイヤーがズラリと並んだ。

その後、数年前に2つ隣の街に本社が移転して以降、
【なるほど】はかつての勢いを失い(味はもちろん変わらないが)、
奥の座敷はほとんどいつでも空いていた。

今日は(あくまでもオレが居合わせた限りでは)久々のフルハウスで
まるで往年の活気が戻ってきたような賑やかさだった。

…おかげで料理が出ない出ない(苦笑)。


201601251.jpg

HなK社長にいただいた水なしで飲める特効薬をまず最初に



201601252.jpg

献杯


201601253.jpg

お通し(おから、写真取り忘れ)と1品目の【煮物盛り合わせ】(大皿料理)

ここまではいつもどおりスムーズだったが、
この後の刺身盛り合わせが出てくるまで、なんと1時間以上を要した。


201601254.jpg

(その間、サービスで出された小品2皿でつなぐ)

ところが、この状況に全然苦痛を感じないから不思議だ。

HなK社長曰く、

「飲んでいるのが燗酒で、それ自体に味があって、
肴がなくてもおいしく飲めるからじゃないかな」

それは確かに的を得た達見だ。
燗酒を飲みだしてから「塩さえあればOK」が理解できるようになった。
(んなこた理解できなくていいっつの)

それに加えて、HなK社長とは中学同級生で、属している業界も同じゆえ、
広範囲に及ぶ話題を共有できるので会話も尽きないし、
また、久々に目の当たりするこの店の活況が肴となっているせいもあろう。


201601255.jpg

そんなこんなで入店から1時間半以上を経てようやく【刺身盛合せ】登場。
この時点ですでに2合徳利が3本目(苦笑)。

座敷の団体客に鍋料理の〆のうどんが供されて以降は
注文した料理がようやくコンスタントに運ばれてくるようになった。


201601256.jpg

【白子ポン酢】


201601257.jpg

【味塩焼き】


201601258.jpg

【焼き蛤】


201601259.jpg

【カキフライ】


2016012510.jpg


2016012511.jpg

〆の巨大おにぎり(HなK社長は鮭、オレはプレーン)までガッツリいただいて満腹。
カロリーを消費するためにオヤジ2人で英語カラオケを延々25:00まで。

タクシーで帰宅してシャワー浴びて床についたのが26:00、久々の夜更かし。
  

Top|Next »

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて4年経過、
今はリバウンドと闘う55歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR