平成28年12月31日(土)

■朝:柿・キウイ
■昼:年越し蕎麦・海老天2本
■夜:霧笛楼 仏蘭西おせち・トマトサラダ・Pモルツ・サンタチェチリア2011

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.3kg/16.5%/42歳

昨夜(連夜?)の飲みすぎか、はたまた1年の疲れが出たか、
朝から妙に体がだるい。

でも毎年のことだが大晦日はタイトなスケジュールが待っている。
8:40に嫌々ながら自宅を出て今年最後の大また歩行で9:30実家着。

老母に晩飯を届け、2階で30分ほど雑用を片付け10:00に一度おいとま、
こんなときに限って乗るべきバスが遠く前方に見える。

やれやれと思いつつ1つ先の停留所まで約200mほぼ全力疾走、
ギリギリ間に合ってゼーハー言いつつバスで10:20帰宅。

しばし自室で休息して10:45に再度自宅を出発、
11:00ジャストに【遊庵】にたどり着くとすでに店内には3組の客。
2世帯分の年越し蕎麦を受け取り、タクシーに飛び乗って11:15に再度実家へ。

妹夫婦分の年越し蕎麦(+海老天4本)と老婆用海老天2本を置き、
お待ちいただいたタクシーに乗って11:30帰宅。

これ以上の体調悪化は何としても避けねばならぬので30分ほど気絶、
おかげで少なからず持ち直し、昼飯に年越し蕎麦をいただく。

しばし録画番組を観たりして14:30に愛妻と自宅を出発。
今年から新しいルートで15:10みなとみらい駅到着。

クイーンズスクエア~リハ音が漏れるパシフィコ横浜脇~新港パーク~
赤レンガ~プロムナード~山下公園~ニューグランド~元町と歩き
16:30に【霧笛楼】到着、おせちを受け取り、さあ年に一度の緊張タイムだ。

おせちの入ったボール箱の取っ手を右手でしっかり掴み、
左手で箱の底を支えつつ、足元を見ながら1歩ずつ注意深く歩く。

帰りの電車も途中駅で奇跡的にスムーズに乗り換えでき、
地元駅ではエレベーターでホームから改札まで降りることができた。

しかし最後の難関はここから。
駅から自宅までの歩行時間が去年の倍以上になった。
か弱いわが両腕が最後まで持ちこたえられるか?

「道にバナナの皮とか落ちてねえだろうな」などとバカをいいつつ
とある橋を渡っている途中、突如として取っ手を持つ右手が限界を迎えた。

そこで左手と同じように底を持とうと、右手を取っ手から手を離したとき
少々バランスを崩してボール箱が一瞬グラリと揺れ、愛妻が悲鳴を上げる。

おっと危ねえ。

なんとか体勢を立て直し、やっとのとこで自宅まで無事運搬完了。
しかしホッとする間もなくおせちを玄関に置いて再度自宅を出て
駅前スーパーで雑煮の材料などを買って18:20帰宅。

愛妻が入浴している間に今日ここまでのこれを殴り書き、
英会話文を暗誦しながらゆっくり入浴、今年はかろうじて69kg台で幕を閉じた。
それにひと安心して21:00から飲んで食って23:00気絶。


【2016年回顧】

年初には思いもつかなかったような1年を過ごして年末を迎えるのは
もはや毎年恒例となっているので、多少のことでは驚かないが、今年は参った。

2月に突如として勤務先の移転を決断し、
3月から4月にかけては延々とその準備に追われた。

新たな勤務先となる実家2階、及び3階のロフトは
この際だから恥を忍んで書くが、事実上ゴミ屋敷と化していて、
いつ終わるとも知れないゴミの山との格闘に全エネルギーを費やした。

Yちゃん、K社長にご協力いただいて引越し自体は順調に運んだが、
物品の収納完了まで1週間以上も要したし(大型連休はそれで潰れた)、
新しい職場環境に体が慣れるまで2ヶ月近くもかかってしまった。

ようやく落ち着いたと思った6月末、1本の電話で電撃的に自宅の転居が決まった。
入居に際しての審査書類の数々を整えるためにいくつもの役所を走り回り、
いちばん肝心な書類作成にあたっては、義弟に助けてもらって事なきを得た。

おかげで審査はクリアでき、晴れて入居確定となったが、ここからがまたひと騒動。
これまでの住まいと環境があまりにも異なることもあって、
この際だからとテレビ2台と洋タンス1台を除いて家具・電化製品は総取替え。
(新居にはエアコンも室内灯もついていないので各3基ずつ新調…泣)

ヨドバシと遠方のニトリに何度となく、ほぼ休日のたびに足を運んで選定・購入し、
おかげでただでさえ少ない貯金は、見事なまでに完全に底をついた(マジですマジ)。

そして引越し後に旧宅に残された膨大な家具・電化製品を
冷蔵庫やソファなど一部を除き、炎天下の中、5時間かけて5階から1階玄関に下ろした。

今振り返っても、勢いとはいえ、よくぞやりおおせたと思う。
そらぁね、石も降りてくるし(10月の結石騒動)、眼の血管も破れるわな。

そんなこんなで、まさしく激動というか、激変の一年。
苦節1年(短っ)、万里の長城企画もなんとかリリースできたが、
こちらはまあ4年先に向けての気の長い種まきということで。

さて来年はどうなるか?

一昨日にも書いたが、わが業界全体を俯瞰すれば、
経営環境は悪化の一途を辿るであろうことは間違いない。

厳しさを増す中で、いかにして生き残っていくか、
そのための具体策をどのようにして見出して行くか、
そう考えるとき、正直なところ、不安に打ち震えることはない、と言えば嘘になる。

それを乗り越えるには

【創意工夫】

これしかない。

【創意】とは「独創的かつ購買層に訴求し得る【種】を思いつく着想力」

【工夫】とは「アイデアの【種】をなんとしてでも【実にする】実行力」

この両輪をフル回転させて、来年以降も続くであろう苦境を乗り切って行きたい。

…それとあと個人的な目標は2つ。

■英会話を少しでも上達せしめること。

■1年を通じでオーメン66.6kgをキープすること。

前者はともかく、後者は夢のまた夢か。


今年もこんな垂れ流し駄文のために貴重なお時間を拝借し、
恐悦至極に存じ奉ります。

こうしてなんとか69kg台のナイスバディをキープできているのも
ひとえに読者諸兄の慈愛に満ちた冷やかしと嘲笑のおかげと、
心より感謝申し上げます。

来年も引き続きお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

来る2017年も皆様が健康で楽しく有意義にお過ごしになれるよう、
衷心よりお祈り申し上げます。

それでは、毎年同じ言葉で恐縮に存じますが、

どうぞ良い年を、

自力で、

お迎えくださいますよう。

ありがとうございました。
 

« 平成29年1月1日(日)|Top|平成28年12月30日(金) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metabo-diet.jp/tb.php/2495-954b52c1

Top

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて7年経過、
今はリバウンドと闘う58歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR