平成29年5月22日(月)

■朝:おにぎり2個・漬物・しじみ汁
■昼:わかめそば・ゆで玉子
■夜:【芋蔵】にて軽く・生・芋焼酎お湯割り2種(山ねこ・ひとり歩き)

□起床時体重:68.9kg/19.0%/45歳
□入浴後体重:計量不能

まさしく満身創痍、全身筋肉痛の重いからだを引きずって7:30自宅出発、
久々にバスで8:00出勤、まずは激務?に備えてあさからおにぎり2個ペロリ。

これがいけなかった。

食後1時間もすると胃もたれと胸焼けで七転八倒、
慣れない米食で朝からほぼ完全にノックアウト状態。

それでも蛮勇を奮って受注品製作に精を出し
丸の内別ルートからのオーダーもクリア、
さらには明日発送予定の通販受注分出荷準備も完了。

あとは本日17:00の早じまいまで英会話ラジオストリーミング♪…
のはずが、16:50に丸の内から1点受注、これで明朝は日比谷駅直行だ。

小僧2号を叱咤激励したおかげで17:15完成、
それをリュックに詰め込んで17:20に脱兎の如く退出。

大井町駅までの道を小走りで駆け抜け、17:26の京浜東北線に飛び乗り、
17:50に上野駅公園口改札で愛妻と無事合流、東京都美術館へ。

本日は閉館日だが、ちょいとわけあって


201705221.jpg

ブリューゲル「バベルの塔」展を鑑賞。

ネーデルラント地方の絵画は、この地で油絵の具が発明されたこともあって
どれも細密描写が素晴しいが、同時になぜか冷たい輝きを放つ。

異能の画家、ヒエロニムス・ボスの数少ない現存作品のうち2点が
揃って来日するのも奇跡に近いが、
今回の主役はなんといってもブリューゲルの「バベルの塔」。




約60cm×75cmのさして大きくない作品だが、
その中に高さ推定510mの巨大建築物と、そこに働く1400人もの人が
これでもかというほど緻密に描かれている。

その現物はもちろん素晴しいが、なにせあまりにも細かいので
すべてを肉眼で捕捉するのは不可能に近い。

そのため、最新技術を駆使して制作された300%大の複製画も同時に展示、
オレたちを含め、ほとんどの来場客が原画と複製画の間を行ったり来たりしては
原画に何がかかれてあるかを確認し、その細密描写に感嘆していた。

噂には聞いていたが、いやはや、スゴイものを観させていただいた。

図録・公式ガイドブック・ポスターを買い込んで会場を後にしてJRで地元駅へ。
いつもの【坊乃】に電話するも空いているのはカウンターだけとのこと。
今日は荷物もあるので断念し、駅前ビル4階の【芋蔵】に初突撃。


201705222.jpg

目が疲れた


201705223.jpg

【お通し(きびなご)】


201705224.jpg

【ごぼうのチーズクリーム和え(確か)】 この前のそら豆は写真撮り忘れ。


201705225.jpg

【つくね】


201705226.jpg

【黒豚と野菜のせいろ蒸し】

蒸し料理の旨さや芋焼酎お湯割りの美味い飲み方(何を今さら)など
ここでも新しい発見をして本日はまことに収穫大なり。

ゆるゆる歩いて帰宅、ささっとシャワー浴びてPC開いてメールチェックすると
あまりにもマヌケなオーダーが1件入っていてガックリと気が抜ける。
実り多き1日の最後がこれかい。
 

« 平成29年5月23日(火)|Top|平成29年5月21日(日) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metabo-diet.jp/tb.php/2638-fba0d5cc

Top

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて7年経過、
今はリバウンドと闘う58歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR