平成29年10月10日(火)

■朝:ブルーベリーまんじゅう(小)・りんご・ヨーグルト・コーヒー
■昼:野菜たんぷりタンメン・ゆで玉子
■夜:煎り豆・スモークチーズ・黒酢酢豚・エビチリ・炒り玉子・
   きゅうり漬物・かぼちゃ煮・Pモルツ・ハイランドハイ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.4kg/体脂肪15.7%/体内年齢43歳

要は匙加減。

なこたわかっちゃいるが、これがなかなか難しい。

先週末のように、コメをたらふく飲んだり食べたりすれば、
たった2日間でも一気に軽く2kgは戻しちまう。
(しかもそのうち1日は軽く2万歩以上歩いたというのによ)

一方、炭水化物を制限して9月上旬に66kg台に再突入したのはよかったが、
そんな生活をしばらく続けると、今度はその影響が日常生活に如実に顕れた。
脳の働きの鈍化による意欲減退、注意力散漫、集中力欠如、疲労蓄積などなど。

事実、この8月下旬から9月中旬にかけては軽い幽体離脱状態が続いていて、
常在感、とでも言おうか「今確かに生きている」という自己認識が薄れ、
少々大げさに言えば、目の前にうっすらと靄がかかったような日々の連続。

苦労してせっかくナイスバディ(笑)を手に入れたとしても、
その結果、日々のQOLが大きく損なわれてしまっては元も子もない。
(このくだり、確か以前にも書いたような気がする・・・)

そこで空腹に耐えかねて昼のサラダを掻き揚げ蕎麦に1食替えただけで
あっという間に67kgに逆戻りしたが、
同時に目や頭が冴え渡り、再び活発に活動を開始したのも事実。

繰り返し言うが、要は匙加減、言い換えれば程度問題。

昼飯を毎日蕎麦やタンメンに完全に戻すと、それこそ元の木阿弥、
かといってサラダ生活を続けると、またあの嫌なスパイラルに陥る。

そこで中間を採って麺類の日とサラダの日を半々にしよう。
(もちろん自室筋トレは続行)
で、今日はとりあえずタンメンの日(どこまでも自分に甘い)。

おかげで意識もハッキリ、意欲もバッチリで、
午後は先週末聴けなかった英会話ラジオ3番組各1週間分の
ストリーミングに精を出す。

今日はこのまま終業かと思いきや、さにあらず、
16:10に丸の内からズドン、それもメールのタイトルが「本日発注分①」。
しかもそのうち2点はC難度、この時点で本日出荷を断念。

早々に白旗を挙げ「明朝お届けします」とメールしてデータ制作に没頭、
ほどなくして「本日発注分②」もめでたく到着(泣)。

本日出荷はとうに諦めてじっくり腰を据えて製作に取り組んでいたが、
小僧1号2号が獅子奮迅の大活躍を見せてくれたおかげか、
なんと18:20には奇跡的にすべて完成、18:30に無事出荷完了。

あわてて担当オネイサンに電話して
「出荷できましたので残念ながら明朝お目にかかれません」と連絡。

残る2話分の英会話ラジオストリーミングを終えて19:10退出、
バスを1つ先の停留所で降り、ガード下スーパーで買い物して20:00帰宅。

ささっとシャワーを浴び、今日1日でどれだけ減らしたかを楽しみに
いそいそと体組成計に乗ると、なんと昨日とまったく変わらず69.4kg

まだ体内に盛岡で摂取したコメが残っているのか、
はたまた本日のタンメンがズシリと蓄積されたか。

なんてことは目の前に注がれたビールを見てすぐに忘れ
今宵も軽く飲んでつまんで22;30気絶。
  

« 平成29年10月11日(水)|Top|平成29年10月9日(月) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metabo-diet.jp/tb.php/2779-b9fefd7d

Top

HOME

めた坊1号

Author:めた坊1号
86.5kgから始めて7年経過、
今はリバウンドと闘う58歳。
わが人生は食欲との葛藤だ。

QR