FC2ブログ

平成30年2月3日(土)

■朝:パン3個・コーヒー
■昼:牛ヒレ肉とひらたけのロースト・焼鳥・チーズ・
   Pモルツエール・シャンパン・プリミティーヴォ・カベルネ・
■3時:【そば処 わへい】(草津)にて軽く・生・地酒各種
■夜:【望雲】にて懐石膳・生・越乃寒梅・八海山他・山崎ハイ・
   望スナックにて角ハイ・マカロニサラダ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:67.2kg

7:30起床、ゆるりと朝飯食って9:00自宅出発。
地元私鉄駅から地下鉄を乗り継いで9:50上野広小路着。

すでにお揃いの同行3氏とともに、上野松坂屋に突入、
往きの電車での酒の友を調達して御徒町からJRで上野。
構内ecuteでさらにちょろりと買い物して11:13特急に乗車。


201802031.jpg


201802032.jpg


201802033.jpg

2時間半で缶ビール4本・シャンパン・赤ワイン2本が空になり、


201802034.jpg

終点・長野草津原に着くころには4人ともほぼ前後不覚状態。
駅舎前発のバスに20分揺られてようやく草津温泉に到着。


201802035.jpg


201802036.jpg

湯畑の周囲には多くの観光客がいて(東洋系外国人多し)
少なくともここでは噴火の影響はあまり感じられない。


201802037.jpg

ホテルに着く前に軽く飲んでいこうと、何の気なしにそば屋の暖簾をくぐったが
ここがまあ大正解!


2018020331.jpg


201802038.jpg

酒好きのご主人に詳しい説明を受けながら新潟・山形の銘酒を堪能、
ここでも気がつくと4人で合計一升ペロリ、恐るべき酒飲みどもだ。
個人的には最後にいただいた「越乃語部」の古色蒼然たる味わいが衝撃的。


201802039.jpg

【わさび漬け】


2018020310.jpg

【いか塩辛】


2018020311.jpg

〆のもりそばを2人前注文すると、ご主人が頃合を見計らって
おもむろに蕎麦打ちを始める。


2018020312.jpg

生まれて初めて食す、まさに打ち立ての蕎麦、味は格別。
軽い気持ちで入った店だが、その美味さとご主人の心配りに感銘を受けた。


2018020313.jpg

かくして15:30に本日の宿【望雲】にチェックイン。
飲酒後の入浴は危険だが、短時間ならということでザブン。
ところが草津の湯は噂にたがわず熱い!
しらふの状態でも長時間入浴は危険だ。


2018020314.jpg

部屋では先に戻っていた【めた坊4号】と新たに襲名した【めた坊5号】
すでに酒盛りの真っ最中、いったいどれだけ飲めば気が済むのか。


2018020315.jpg

18:00から別室で夕食。


2018020316.jpg

【食前酒:華ぷらむ】


2018020320.jpg

さぁ改めて飲みましょう。


2018020317.jpg

【蟹味噌真薯・鳥肝松風焼・干柿バター巻・蟹押寿司・揚げ小芋・菜花峰岡煮浸し】


2018020318.jpg

【人参豆腐】


2018020319.jpg

【和牛すき鍋】


2018020321.jpg

【鮪・寒八・馬刺し】


2018020322.jpg

【湯畑蒸し 真鱈・牡蠣・ギンヒカリ】<


2018020323.jpg

ここでもビールに始まり八海山、越乃寒梅などをグイグイ飲り、
仕上げに【めた坊4号】とオレは山崎ハイ、
ここまで最も多量に飲んできた【めた坊5号】は響ダブルロック、大丈夫か?


2018020324.jpg

【白米・漬物・味噌汁】


2018020325.jpg

【カスタードプリン・苺ゼリー・苺・黒豆】

---------------------------------------
※写真撮り忘れの料理は下記の通り
■煮物:海老湯葉巻・天王寺蕪・海老芋
■焼物:鰤照り焼き
---------------------------------------

案の定、部屋に戻るやいなや【めた坊5号】は沈没。
残る3人は厳重装備でホテルを抜け出して昼間も訪れた湯畑に向かう。


2018020326.jpg


2018020327.jpg


2018020329.jpg


2018020328.jpg

見事なライトアップと湯煙が作りだす、なんとも幻想的な光景に酔いしれるも、
ここでついて幹事・Kさんの体力が限界を迎え、お一人でホテルへ。

さあがここからオトナの時間だ(ニヤリ)。


2018020332.jpg

【めた坊4号】とひっそり寝静まった夜の温泉街を探索、


2018020333.jpg

言っちゃあ悪いが廃墟のような飲食街の一角にポツンと佇むスナックに、
文字通り蛮勇を奮って突撃。


20180203130.jpg

思ったより広い店内には地元の方とお見受けする男性客が1人。
出迎えてくれたのは鶏ガラのような妖怪ママ。

やがて男性客が帰った後は3人して談笑、
妖怪が吐き出すショートホープの副流煙を心行くまで吸い込んで24:00退却、
ホテルへと続く夜道を見上げると、空には満天の星がまたたいていた。
部屋に入って即撃沈。

ああ頭痛え。
 

« 平成30年2月4日(日)|Top|平成30年2月2日(金) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://metabo-diet.jp/tb.php/2897-c0f65399

Top

HOME

QR