FC2ブログ

令和3年6月20日(日)

■昼:ひれかつ弁当・漬物・赤だし
■3時:チョコ・コーヒー
■夜:柿ピー・煎り豆・海老と枝豆のふんわり揚げ・
   野菜天・刺身こんにゃく・Pモルツ・石蔵お湯割り・梅干し

□入浴後体重:69.5kg

7:30に一応起床したものの、この2日間の日本酒飲み疲れ、
さらには昨日のスマホ購入疲れもあって、何もやる気なし。

それでも10:00から先週分の「ラジオビジネス英語」2回分を聴き終え、
いつもの昼飯を買いに10:45に自宅を出発。

郵便局前で信号待ちをしていると隣にチャリに乗ったW田ちゃん。
これから隣駅前のジムでひと汗かいてくるとのこと。
マシンで5kmラン~ウエイトトレ~水泳、たいへんだ。

「店を閉めてから飲んで食って寝てたら太っちゃって」

「確かにね、で、毎日何やってんの?」

「今はほぼ連日ジム通い」

「来るべき時に備えて身体を鍛えてるわけね」

「来るべき時がいつか来るといいけれど」

「きっと来るでしょう、あなたになら」

「そのうち家に遊びに来てくださいよ」

「ありがとうございます、承知しました」

某商業施設前でお別れし、いつもの昼飯を調達して11:15帰宅。
11:30から昼飯食うと疲労による強烈な睡魔が襲いかかってきて
12:30から90分ほど爆睡。

14:00に目覚めた後もなんとなく気乗りせずにダラダラ過ごしたが、
これではイカンと16:00にようやく重い腰を上げる。

この週末の最重要課題はプロジェクトAのWebページ書き換え。
諸事情により4人のうち3人の担当がスライドしたので、
それに伴って新たなストーリーを設定するとともに、画像部品も作り替え。

このページのコピーを勢いに任せて一気呵成に書き上げたのは
確か去年の秋ごろだった記憶している。

その後紆余曲折があって半年以上放置していたが、
逆にその冷却期間が功を奏したか、
今、客観的視点に基づいて冷静に再読してみると、
詰めの甘さが随所に散見せられる。

3時間ほどかけてストーリーを再構築すると同時に、
閲覧者の信頼と共感を得るために必要な情報を追加し、
逆にストーリー展開上、不要な箇所を容赦なく削除していく。

かくしてわれながら十分に納得の行く論旨展開が完成した。
恥ずかしながらこれぞプロデューサー業20年の集大成、とも言えようか。
もっともそれは、魅力的な素材があって初めて成立するのだが。

さっとシャワー浴びて19:30から気分よく飲んで食べて22:30気絶。
明日からもプロジェクトAのWebとECショップの細々した作業が続く。

ロゴ入りTシャツを着たコラボレイター4人の写真撮影が今から楽しみだ。
 

令和3年6月19日(土)

■朝:キウイ・リンゴ・パイナップル・ヨーグルト・コーヒー
■昼:わかめそば・温泉卵
■夜:柿ピー・煎り豆・新緑・揚げ豆腐しゅうまい
   Pモルツ・紀土・AKABU

□入浴後体重:69.7kg

目が覚めると6:30、飛び起きて10分で身支度を済ませ
6:40自宅出発、小走りで停留所へ。

6:50の3番バスで7:15出勤、まずはゴミ出し、
2階作業場でシャツとジーンズを脱ぎ捨てて業務開始。

小僧1号2号が残業して仕上げてくれた
計4点の出荷準備を済ませ、8:20にヤマトに出荷、
併せてコラボレイター・Tちゃんからの荷物を受け取り、
今度はそれの出荷準備作業、こちらは来週月曜日発送。

その他諸々の雑用を片付け、昼飯食って13:10退出、
駅前食品スーパーで今宵の酒肴を調達し、バスで14:00帰宅。

15:00に愛妻と自宅を出て最寄りではない私鉄駅まで15分ほど歩く。
そこからひと駅だけ電車に乗り、15:45ドコモ着。

まずは候補となっていた3機種の実機を見て、いちばん小型に決定。
ここからはちょうど4年前の前回同様、クロ大先生のお嬢様に応対いただく。
当時よりさらに磨きのかかった見事な接客対応に初対面の愛妻も感心しきり、
次回機種変はこちらでお願いするとのこと。

クロ大先生も素晴らしお嬢さんをお持ちになって幸せだ。
ここまでよくお育てになりました。

というわけで渋々スマホデヴュー、ってったって電話とメール以外使わない。

帰りは雨も止んで助かった。
最寄りでない私鉄駅に到着、近くのリカーショップでワイン3本調達、
今度は味噌ラーメン店に代替わりするという元勤務先があった物件の前を通る。

18:00帰宅、さっとシャワー浴びて意気揚々と体組成計に乗ると、
昨日から一挙に2kgも増量して69.7㎏、なんてことだ。
鰻パワー(てゆーかカロリー)の凄まじさを見せつけられて思わず苦笑。

それでも性懲りもなく19:30から昨日に続いてゆるゆると日本酒を堪能、
買ってきたスマホにまったく触れることなく23:00気絶。


それにしても2016年5月にわが勤務先が退去して以来、5年間で3度目の代替わり、
そのいずれもがカウンター数席だけの飲食店だ(ほぼ居抜き状態)。
そもそもたった10坪の飲食店で、どうやっても月35万の家賃は賄えないと思うが、
それでも夢を追う新規開業希望者は雨後の筍の如く次から次へと現れる。

JR山手線主要駅徒歩4分、ビジネス街の大通り沿いということで
強気な家賃設定にしているのだろうが(店舗専門仲介業者の又貸し)、
確かに人通りは多いものの、そのほとんどは通勤者で、単なる通行人に過ぎない。

しかも今度はラーメン屋。仮に1杯@¥800円
固定費(家賃35万/給料30万/光熱費その他雑費15万)合計80万とすると、
月に1000杯の売上が必要、無休だとすると1日33杯
カウンター10席とすると1日3回転。

一見すると達成可能に思える数字だが、道路を挟んだ向かいは
(大して美味くもないが)中華屋だし、付近にも多くのラーメン店がある。
住宅街でもないので、勝負は平日の昼時に限られよう。
しかも徒歩10分の某私立大学の近くには有名ラーメン店が軒を連ねる。

それに加えて、たとえコロナが収束したとしても、
飲食店がただちに以前の活況を取り戻すかはかなり疑わしい。

というわけで、味噌ラーメン屋も苦戦を強いられるのは間違いなかろう。
まあ、大きなお寺ですけどね~。
 

令和3年6月6日(日)

■昼:パスタ・トマト・オニオンコンソメスープ
■3時:フルーツケーキ(金谷ホテル)・コーヒー
■夜:煎り豆・真アジハンバーグ・刺身こんにゃく・
   チーズ・明太子・いか明太天・
   Pモルツ・石蔵お湯割り梅入り

□入浴後体重:69.5kg

1日中ダラダラと英会話学習。
「ラジオ英会話」「ラジオビジネス英語」「遠山顕の英会話楽習」
それぞれ先週1週間分聴取しておしまい。

現時点で打てる手をすべて打ち終え、今は少々虚脱状態。
 

令和3年6月5日(土)

■昼:ひれかつ弁当・漬物・赤だし
■夜:枝豆・合鴨スモーク・焼鳥・いわし竜田揚げ・
   ブルーチーズ・ミモレット・トマト・水茄子・
   Pモルツ・紀土・八仙夏酒・吉田蔵U

□入浴後体重:69.4kg

いつもの昼飯食って14:30に愛妻と自宅を出発、
徒歩で15分ほどの隣駅から私鉄線で蒲田へ。

ところが期待した「光屋」には当然あるはずの品がない。
急遽私鉄線を乗り継いで西小山まで戻り、「かがた屋」に突撃。
店内は客でごった返している、イヤな予感。

客の間をすり抜けて目指す冷蔵庫の前に辿り着くも、
目当ての銘柄の値札の後ろには1本も並んでいない。

愕然とするオレたちの横を通り過ぎた男性客が持つカゴには
最後の1本と思しき金色に輝く箱が、これ見よがしに入ってる。

蒲田に行かず、最初からこちらに来ていれば買えたかもしれないのに、
ああ痛恨のミス…。

うなだれるオレたちの前を店員が通りかかる。
思わず愛妻に「ダメ元で聞いてみて」と小声で頼み込み、
彼女は蚊の鳴くような声で「あの…AKABUの4合瓶は…」

すると店員さん、
「ああ、ありますよ、少々お待ちを」と言い残してバックヤードに消える。

おお地獄に仏とはこのことだ(最近こればっかり)。
まさに地獄から天国、オレたち2人の周りにバラの花が咲く。

しばらくして3本抱えて戻ってきた店員さんからありがたく2本を受け取り、
Hさんにお贈りする別の2銘柄もちゃっちゃと選び(そのうち1銘柄もラスト1本)
会計を済ませ、配送伝票を書いて店員さんに渡す。

これで無事一件落着、あとは今夜の酒肴をどうするか。
先週訪れた中延スキップロードまで歩くかとも思ったが、
見知らぬ道を20分以上も歩くのはあまりにもリスキーなので断念、
西小山から私鉄線で隣駅まで戻り、半地下のスーパーでちゃっちゃと調達。
いつもの坂道をゆるゆる下って17:00帰宅。

さっとシャワー浴びて19:30から夏酒3種飲み比べ、
酔った勢いでコンビニに走り、アイス買って帰ってきて
自室でコーヒーとともに気分はアフォガード、23:30気絶。

明日は1日英語学習。
 

令和3年6月4日(金)

■朝:りんご・キウイ・ヨーグルト・コーヒー
■昼:かき揚げそば・ゆで卵
■夜:煎り豆・茄子入りラザニア・ブルーチーズ・ミモレット・
   ピーマンとフルーツカブのサラダ・トマト
   Pモルツ・プリミティヴォ

□入浴後体重:69.4kg

予報通り朝から風雨が強くバス通勤、
勤務先駅前の銀行でまたもやドカンと振込み、マジでもう後がない。

今朝の振込みはニュースリリース2回分、
うまくすればその4/5は区の助成金で賄える。

9:20出勤、2階作業場で全裸になって膝コロ30回×2セット、
さっとシャワー浴びて朝飯食って10:00始業。

HJのWebサイトでちょいとスマホ表示が気になった箇所のソースを書き直し、
さらにはHJとDHそれぞれの英語版ページのmeta-discriptinも見直す。
これで今度こそ、HJとDHのプロジェクトeは無事完結、そう信じたい。

これで残るはプロジェクトA。
見本作品が出揃えば、あとは緊急事態宣言解除を待って写真撮影を敢行し、
Webを仕上げて懲りずにリリースする予定、ストーリーもほぼ固まっている。

ヘタな鉄砲はいくら数撃っても一向に当たらないが、
それでも撃たないよりはマシだろう。
少なくとも撃つたびに反省材料が見つかり、その分スキルアップにも繋がる。
それに何と言っても、撃っている間は楽しくて仕方ない。

夕方は丸の内本隊から依頼された事前閲覧用データ2点を
ちゃっちゃと制作してメール送信。

18:00退出して帰りもバス。
ひとつ手前の停留所で降り、
いつものリカーショップでいつものプリミティヴォを2本調達。
だらだら歩いて19:00帰宅、ゆっくり湯に浸かって左右の首の凝りをほぐす。

20:00から愛妻の手料理々をプリミティヴォで愉しむ至福のひと時。
しかし今日のプリミティヴォはさっき買ってきたものではなく、
先週日曜日に隣駅の食品スーパーで見かけた安い銘柄。

プリミティヴォはこれまでに恐らく10種類くらいは飲んできたと記憶しているが、
その中では圧倒的にいちばんうまくない(苦笑)。
なんといってもプリミティヴォ特有の果実味とコクがほとんど感じられぬ。

しかし飲み進めていくうちにそんなことも忘れて酔いに身を委ねる。
まだ何ひとつ結果は出ていないとはいえ、
自らに課した壮大なプロジェクトを完遂したあとの酒は格別の味。

自室でコーヒーをいただき、酔いを冷まして23:30気絶。


明日の予定は来週10日のHさん誕生日に贈る日本酒の調達。
3週間前にも訪れた酒屋を散歩がてら再訪するか、
それとも決死の覚悟で私鉄線に乗って蒲田まで行くか、
はたまたそんな気力もなく、近所の酒屋で間に合わせることになるか。
  

Top|Next »

HOME

QR