FC2ブログ

平成28年1月24日(日)

■朝:バイキング
■3時:小倉トーストサンド・コーヒー
■夜:以下リングフライ・京風サラダ2種・木曽美水鶏しお唐揚げ・
    鰻巻き・味噌カツ・手羽漬け焼き・てんむす2個

□起床時体重:計量不能
□入浴後体重:69.3kg/16.7%/41歳

7:00起床、美味い酒は翌日に残らない。


201601241.jpg

7:20から昨日と同じ朝食バイキング。(中央奥は名古屋名物どて煮)
ちなみにスペースの都合上白飯丼の陰に隠れているのは
スクランブルエッグ・ウィンナー・ベーコンエッグ・焼き鮭。

今回の旅行では炭水化物摂り放題、
帰って体組成計に乗るのが怖い。

このホテルはありがたいことにチェックアウトが12:00、
昨日分の草稿を殴り書き、写真をリサイズ加工したりして正午にホテル出発。

今日もクソ寒い、早々に地下街に飛び込み栄駅までのんびり歩く。
隣の伏見駅で下車するも、お目当ての名古屋市立美術館は
開催中の企画展に今ひとつ興味がわかないのでパス、
ビルから吹き降ろす寒風に耳が千切れそうになりつつ名古屋駅近くまで急ぎ、
名物の地下街をのんびり見て歩く。

駅をはさんで反対側にある新幹線地下街ESCAで所用を済ませ、
高島屋内の東急ハンズと書店でちょろりと買い物したりして時間を潰す。

それでもまだまだ時間がある、ESCAに戻って喫茶店でひと休み。


201601242.jpg

名古屋めしのひとつ【小倉トースト(サンド)】
予想通りの味だがうみゃーでかんわ。


201601243.jpg

【トアルコトラジャ】 コーヒーの王様

旅の仕上げは晩飯の調達。
いつもは何も考えず松浦商店「鳥ご飯弁当」を買って帰るところだが、
今回は美味そうな名古屋めし詰め合わせを発見したので即買い。

16:27発ひかりに乗車、着席と同時にいきなり爆酔。
1時間ほどで目覚めるともはや外は暗くなりつつあるが
それでも眼前にそびえる雄大な富士山をしっかり目に焼き付けた。

18:01品川着、ecuteでちょいと買い物して帰宅、
愛妻のシャワーに続いて3日ぶりの浴槽にゆったり浸かり、
湯上りに恐る恐る体組成計に乗ると高値安定で69kg台キープ。
暴飲暴食の連続ではあったが、その分、昼間しっかり歩いたからね。

20:00から旅の反省会かたがた軽く一献傾けて23:00気絶。
 

平成28年1月23日(土)

■朝:バイキング
■昼:ハンバーグプレート
■夜:【LA LUNA AZZURRA】にていろいろ・生・PLANETA・グラッパ

□起床時体重:70.5kg(推定)
□入浴後体重:計量不能

8:30起床、ホテルの朝食バイキングをいただいて11:00出発。
地下鉄に揺られて11:30に金山駅に到着。

15年ほど前、某歯科クリニックの治療台に設置された
小型モニターに映されたBGVを観て以来、ヴェネツィアの虜になった。

ヴェネツィアに関するテレビ番組は欠かさず録画し、
その道の大家である陣内秀信先生の著作も何冊か読んだ。
2011年に大江戸博物館で開催されたヴェネツィア展にも同10月に足を運んだ

さらにはここ最近、西洋絵画に興味を持ち始め、
ティントレット、ティツィアーノ、ヴェネローゼなど
ヴェネツィア・ルネサンスを代表する画家の作品を知るに及び、
永遠なる水の都への関心がますます深まった。

そんな中、名古屋ボストン美術館にて
「ヴェネツィア展」が2月まで開催されていることを知る。

東京への巡回予定がない以上、これは観にいくしかない!
荒天が予想されるがスケジュールは今週末しか空いていない。
そんなわけでクソ寒い中、決死の覚悟で名古屋行きを敢行した次第。


201601231.jpg

2時間もかけてゆっくり観て周り大大大大満足。
特にカナレット《サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂:サン・マルコ沖に望む》が最高、
寒波襲来の中、思い切って観に来て、ホントによかった。

おまけにここでまったく知らなかったヤマザキマザック美術館の存在を知る。
どうせ時間をもてあましていることだし、こちらも覗いてみることにする。


201601233.jpg

まずは14:00に金山駅ビルにある洋食屋で腹ごなし、
昨年6月以来半年ぶりのハンバーグ。


201601232.jpg

15:00に「ヤマザキマザック美術館」に到着、
常設展と企画展「聖なる風景」をじっくり鑑賞。
名古屋に来て美術館のハシゴをするとは思わなんだ。

失礼ながら、こちらはまったくの予定外。
単なる時間つぶしのつもりで軽い気持ちで入館したまでで、
展示内容も知らず、ほとんど期待もしていなかったが、
常設展はブーシェ、フラゴナールなどの名品が展示されていて、
華やかで豊穣なロココ絵画を存分に堪能でき、
思いもかけず濃密な時間を過ごせて大いに感謝。
(その上、詳しいオーディオガイドが無料とは太っ腹!)

十分すぎるほど目の保養をして17:30にホテル帰着。
難関は今夜の食事の店選び。

1時間ほどかけてWebで候補店をリストアップし、
狙いをつけた何店かに電話をするもいずれも満席と断られる。

仕方がないので少々客単価が高そうなワインバーに電話すると
「カウンターでもテーブルでもどちらでも空いています」と言われ
逆に心配になったが、他に候補もないので意を決して予約してホテルを出る。


2016012314.jpg

店は飲食街というより少々怪しげな繁華街の
それもスナックばかりが入っている細長いビルの2階。


201601234.jpg

店の外観はこんな感じでいかにも入りにくい。
小心者のオレは思わずビビッて「ばっくれちゃおうか」と口走るが、
さすがにそうも行くまいと思い直し、マジで恐る恐る店のドアを開ける。

入口には店員さんが待ち構えていてテーブル席に案内されるも、
店内はかなり暗く、他に客もいない。

うわぁ~おっかねぇ~、どうしよう。
正直なところ、席に着いたばかりだが今にも逃げ出したい気持ち。
料理のメニューはあるものの(どれも高め)、ドリンクメニューはない。


201601235.jpg

いったいこれからどうなるんだ?


201601236.jpg

【トマトとモッツァレラのサラダ】 緊張して写真取り忘れ(恥)、愛妻撮影分を拝借。


201601237.jpg

【カラスミとなんとかのなんとか】 緊張して料理名を失念(恥)

ビールを飲み終え次は当然ワインだが、お値段が気になる・・・。

「あのー、ボトルワインはいかほどからありましょうか?」

「当店はすべてイタリアワインで7,000円からございます」

「(ゲッ、高!)…ワインリストは拝見できますか?」

「常時入れ替わるのでワインリストはございません。
重いとか軽いとか、酸味が強いとか渋味があるとか、
そういった味のお好みを言っていただければ
それに合ったワインをご提案します、
またはお好きな品種や産地、銘柄があればお探しします」

…完全に場違いな客だとナメられている感じ(実際どう見ても場違いだし)。

うーむ、ここらでガツンと逆襲に転じなければ、
長年イタリア(テーブル)ワインに親しんできた甲斐がねえぞ。

「イルパッソかプリミティーヴォ、
それがなければネッロダーヴォラでお願いします」

それを聞いた店員さんの表情が変わった。

「…ワインセラーを見てまいりますので少々お待ちを」

数分後に4本のワインを手に現れたのは先ほどの店員ではなく、
見るからにソムリエ然とした、若いけど貫禄十分の男性。
確証はないが、おそらく店長かオーナーであろう。

「申しわけございません、南(イタリアの在庫)が薄くて、
ネッロダーヴォラですとヴィンテージといえる2006年のPLANETAと、
もう1本はごくフツーのもの、あとはプーリア州の2本ですね」

「失礼ですが、この2006年のPLANETAはおいくらですか?」

「1万円です」

「こちらのフツーのは?」

「6千円ですね」

6千円のワインですらそう簡単には注文できないが、
せっかくの旅行だし、素晴らしいヴェネツィア展を観た後だし、
4千円の差なら2006年だろう(しかもPLANETAだから安心)、
ということで、これぞまさしく清水の舞台から飛び降りる覚悟で
(何度目だナウシカ)思いきって1万円のPLANETAを選んでみる。


2016012316.jpg


これが実に大正解!!!!!

こんなに滑らかで柔らかなネッロダーヴォラ、これまで飲んだことがない。
てゆーか、今まで飲んだ赤ワインの中ではNO.1の美味さだ(あくまで個人的嗜好)。

しばらくするとソムリエ氏がやってきてサービスのカヴァを供しつつ

「あの、過去にご来店いただいたことがありましたか?」

「いえ今日が初めてです」

「失礼ですが、どのようにしてこの店をお知りになりましたか?」

これは、オレたちがいかにも(来店時間的にも服装的にも)場違いな客なので
店としても事情を把握しておきたいからあえて聞いてきたのだろう。

「東京から名古屋ボストン美術館の《ヴェネツィア展》を観に来まして
気分はすっかりイタリアンになっていたので
宿泊するホテル近辺の評判の良いイタリアンのワインバーをネットで探して
こちらにおじゃました次第です」

ここに至って、これまで多少は訝しげだったソムリエ氏も納得(安心?)したと見え、

「なるほど!ありがとうございます。これでナゾが解けました。
私が言うのもおかしいのですが、なぜこんな入りにくい店に
一見さんがわざわざご来店いただけたのかと不思議で」と破顔一笑。

こちらも身の上?を知っていただいたのでようやく緊張が解け、
これ以降は落ち着いて料理とワインに集中することができた。


2016012315.jpg

【イベリコのサラダ】 こんな美味いイベリコは初めて


201601238.jpg

【ウニのパスタ】


201601239.jpg

【十勝牛フィレ肉のステーキ】


2016012310.jpg

【フォンダンショコラ】


2016012311.jpg

【仕上げのグラッパ】

出される料理はどれも圧倒的に素晴らしく、
ここまで鮮烈な感動を覚えた経験は初めてといってよいだろう。

特にソムリエに勧められて追加注文したウニのパスタ、
それに続くメインの十勝牛フィレ肉のステーキ、
この2連発のあまりの美味さにはもはや茫然自失。

なかでもフィレ肉、これが超レアだが決して生肉でないんだな。
しっかり火の通ったレアとはこういう肉のことを言うのかと
なんともいえない旨みに悶絶。

それを口中でさんざん味わってから
極上ネッロダーヴォラとともに流し込むのだ。
こんな至福の瞬間は今まで経験したことがない。

いつのことかは神ならぬ身の知る由もないことだが、
遠からず、やがてこの命が燃え尽きる瞬間、
今日ここでいただいたフィレ肉とネッロダーヴォラの美味さを
間違いなくハッキリと思い出すこどだろう。

てゆーか死ぬ前にもう一度、できればもう何度でも通いたい店だ。

決して安くはなかったが、それをはるかに上回る満足感を得て
ソムリエ氏に見送られつつ、なんだかとっても得をした気持ちで店を出て
コンビに経由で22:30ホテル着、ささっとシャワー浴びて23:30高いびき。

昼も夜も実に有意義な1日だった、たまにはこういう日がなくっちゃね。
 

平成28年1月22日(金)

■朝:タマゴサンド・ポタージュスープ・コーヒー
■昼:海鮮トマトスープ・しらすと厚揚げのサラダ
■夜:【酒菜おもてなし陣家】にていろいろ・生・冷酒・燗酒(剣菱)

□起床時体重:69.5kg/体脂肪19.2%/体内年齢44歳
□入浴後体重:計量不能

7:00に一度目覚めた時点ではうっすらと頭痛が残るも
そこから2時間ほど強引に二度寝して9:00にようやく起床。

オーダーはさほどでもなかったが、細かい雑事に振り回され続け、
なんとか17:00に切り上げて脱兎の如く退出。

銀行経由で17:40に自宅に立ち寄り、10分後に愛妻と出発。
18:27のぞみで一路西へ。

車中で今日を含めた3日分のこれ書いて20:01名古屋着。
なれない地下鉄で20:30ホテルに無事チェックイン、ああ腹減った。

愛妻が前もって調べておいてくれた候補店のうちから
雰囲気の良さそうな店を選んでホテルの部屋から予約。

フロントでその店までの道順を聞いてレッツゴー。
名古屋随一の繁華街・栄の中心部から
ちょいとだけ離れた場所にあるビルの1階にあるその店は
表から見るとちょいと敷居が高く、入りくい印象。

恐る恐る店のドアを開けて予約名を告げるとカウンターに通された。
さあ食うぞ、飲むぞ。


201601221.jpg

おつかれぃ


201601222.jpg

【お通し】


201601223.jpg

【アボカドと10種野菜のサラダ】


201601224.jpg

【刺身盛合せ】


201601225.jpg

【燗酒(剣菱)】


201601226.jpg

【名古屋コーチン塩焼き】 歯ごたえ・肉の旨みが素晴らしい


201601227.jpg

【ぶり塩焼き】


201601228.jpg

【茄子揚げ浸し】


201601229.jpg

【金目鯛煮つけ】


2016012210.jpg

【漬物ちょこっと盛り】


2016012211.jpg

【伊勢芋の山かけご飯・あおさの味噌汁】


・・・いやぁ、何もかもが圧倒的美味かった、参りました。

大満足で23:00にホテル帰着、ささっとシャワー浴びて24:00気絶。
 

平成28年1月21日(木)

■朝:タマゴサンド・ポタージュスープ・コーヒー
■昼:海鮮トマトスープ・しらすと厚揚げのサラダ
■夜:某焼き鳥居酒屋にていろいろ・生2杯・熱燗浴びるほど

□起床時体重:69.8kg/体脂肪195%/体内年齢44歳
□入浴後体重:計量不能

昨日とは打って変わって始業早々からの受注ラッシュに青息吐息。
18:30にようやく勤務先を脱出、地下鉄を乗り継いで19:00神保町着、
某会館にて某業界小売団体某委員会に出席。

今までの中で最も中身の濃い、クリエイティヴな議論を経て
2点の配布用印刷物の概要が固まった。

21:10からオレは初めて行く焼き鳥居酒屋に移動して打ち上げ。


201601211.jpg

お疲れさま~


201601212.jpg

【お通し】


201601213.jpg

【鶏レバーその1】


201601214.jpg

【チキン竜田揚げタルタルソース】 オレはもちろん自重


201601215.jpg

【ポテサラ】 これも手をつけず


201601216.jpg

【おつまみ塩昆布キャベツ】 これはガッツリいただいた


201601217.jpg

【鶏レバーその2】 これもパス


201601218.jpg

【鶏わさしょうゆ味】


201601219.jpg

【鶏塩焼き】


2016012110.jpg

【焼き鳥盛合せ<塩>】


2016012111.jpg

【焼き鳥盛合せ<たれ>】


2016012112.jpg

【じゃがバター】 もちろんスルー


2016012114.jpg

【鶏がらスープ】

こんなクソ寒い夜は熱燗に限るってんで2合徳利が次から次へと空く。
常軌を逸した超ハイペースを果敢にリードするのは酒豪で鳴る2人の理事。
特に目の前の席に座ったまだ若い某理事がまあ飲むわ飲むわ。

それにつられて(人のせいにするなっつの)
酌をされるままについつい杯を空けてしまう浅ましさ。

23:30におひらき、1時間後にやっとのことで地元駅にたどり着き、
コンビニでスーパーウコン2本買ってラッパ飲み、
帰宅してささっとシャワー浴びて25:00気絶。
 

平成28年1月20日(水)

■朝:タマゴサンド・ポタージュスープ・コーヒー
■昼:野菜スープ・ひじきと枝豆の鶏サラダ・ヨーグルト・リンゴ
■夜:煎り青大豆・チーズ盛合せ・モッツァレラチーズ入りオムレツ・
    モッツァレラチーズとトマトのサラダ・プロシュート2種・
    Pモルツ・Mドリーム・ネッロダーヴォラ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.1kg/体脂肪17.5%/体内年齢41歳

7:30起床、ヨロヨロと出勤して昨日作った画像部品の貼り付け作業。

幸か不幸かオーダーも少なく、作業はトントンと進んだが、
Google Mapの英語表示で思いっきり躓く。

3時間ほどアーとかウーとかうなりつつ
どうにかこうにかとりあえず完成に漕ぎつけて19:00終業、
速攻で帰宅してゆっくり入浴。

2日連続休肝日とはならず、英語版Webの一応の完成を祝して
久々となるネッロダーヴォラで乾杯、飲んで食って23:00気絶。
 

« Prev|Top|Next »

HOME

QR