FC2ブログ

令和2年1月30日(木)

■朝:リンゴ・ヨーグルト・コーヒー
■昼:野菜たっぷりタンメン・ゆで卵
■夜:煎り豆・しらすおろし・ジャンボ餃子・
   鶏むね肉塩焼き・ブロッコリー・ポテサラ・
   ヱビス・石蔵お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:70.4㎏

日光浴スロースクワットを終え、着替えるべく全裸になったとき、
PCがチリンと鳴って注文メール受信。

開いてみると結構なヴォリュームで希望納期もタイトだ。
早速注文確認メールを整形して送信と、全裸のままでPCにしがみつく…
はたから見れば変態ジジイだ。

大股歩行で9:40出勤、シャワー浴びて出てくるとインターホンが鳴る。
10分前とはいえまだ開店前だし、だいいち全裸なので出るに出られず。
すると今度はその人物らしき男性から電話

「今日は営業してますか」

「10時からです」 電話は全裸でも出られる。

10:00開店と同時に受注、こちらも超タイトな納期要望。
そんなわけで始業早々小僧1号2号をこき使う、頼むよおい。

データ制作も一段落した11:00、
突如として右の視界一面がタラコより微小な黒い点に覆われる。

あ、またやったか。

3年前のクリスマスイブに突如勃発した「黒龍飛翔」の再来だ。
前回は左眼だったが今回は右眼。

あのときは初めての経験だったので原因もわからず
「このまま失明か」と少なからず慌てたが、
翌々日に単なる?眼球内毛細血管からの出血と診断された

今回の症状はあの時より軽微なようで、黒龍もほとんど飛ばない。
なにより二度目の経験なので精神的にも落ち着いていられる。

しかしこんな時に限っていつもより眼を酷使する受注品が多く難渋する。
さらには1か月分溜めちゃった入出金伝票記帳作業もある。
今月はいつも以上に出金件数が多く、青い伝票が山のようだ。
夕方の丸の内注文分もどうにか片付けて18:20ヤマト出荷完了。

そんな中、午前中に試作品の修正版が届いた。
こちらの要望を完璧に満たす見事な出来栄えにただただ感服、感謝。
残る難関はラベルだが、このような状況下においては、
製作自体より、それに費やす時間を確保することの方が難しい。

18:40退出、駅近くのドラッグストアに立ち寄るも、
マスクはおろか、アルコール消毒剤も見事に売り切れ。

業務上、マスクは一年を通じて手放せないので
在庫は常に豊富にあるから問題ないが、
アルコール消毒剤までが店頭から姿を消しているのには驚いた。

代替品を購入してバスで帰宅、入浴~晩酌~23:00帰宅。
眼科通院を明日にすべきか土曜日に延ばすかは諸々の状況次第だが、
(元々、来週金曜夕方に散瞳検査の予約を入れているが)
いずれにせよこれで筋トレは当分お休みだ(喜んでる場合か)。
  

令和2年1月29日(水)

■朝:フルーツ・ヨーグルト・コーヒー
■昼:かき揚げそば・温泉卵
■夜:煎り豆・麩田楽・湯葉巻き豆腐・豆腐しゅうまい・
   揚げ豆腐シュウマイ・湯葉入りポテサラ・湯葉入りひじき・
   湯葉入り切り干し大根・カキフライ
   サッポロラガー・石蔵お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.6㎏

7:00起床、カーテンを開けると雨はあがっている。
しばらくすると雲間から久々に陽光が差し込む。

この機を逃さじとばかり日光浴スロースクワットを50回、
8:30自宅出発して5日ぶりとなる大股歩行で9:20出勤。
仕上げは全裸でのスロー膝コロ20回。

熱いシャワーを浴びて朝飯食って業務開始。
本日発送分の保証書印刷も実にスムーズに運ぶ。
こんなことならもっと早くからインクジェットにシフトすべきだった。

その後も一見客からの注文で慣れないデータ制作に時間を取られ、
夕方には丸の内からズドン、どうにかこうにか18:15出荷完了。
かくして今日もラベル制作には辿り着けず、こうなるとまるでコントだ。

今日の英会話レッスンは休講、
このところ学習する時間がまったく取れていないので助かる。

18:40退出、駅前でちょろりと買い物してバスで19:40帰宅、
さっとシャワー浴びて飲んで食べて23:00気絶。

明日以降も数日間は晴天が続くとの予報、ありがたし。
 

令和2年1月28日(火)

■朝:おにぎり2個・漬物・しじみ汁
■昼:野菜たっぷりタンメン・ゆで卵
■夜:煎り豆・タコのイタリアンサラダ・海の幸サラダ・
   黒酢酢豚・ヤリイカと菜の花のフリッタ・
   ヱビス・石蔵お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:70.4kg

6:00起床、カーテンを開けて窓の外を確認。
心配された積雪には至らなかったようでまずはひと安心。

6:10自宅出発、始発バスで6:50出勤。
禁断のおにぎり2個を一撃で平らげる愚行を犯した後は、
眼前にそびえるE難度のドラフトデータ制作作業。

2時間ほどの格闘の末、やっとのことで完成してメール送信。
その他通販受注分の雑務を終えて10:00、すでにヘロヘロ。

午前中は一見客からの受注品製作、
午後もメールでDH3点受注、15:00には丸の内から軽くズドン。
終わってみれば準ダイヤモンドゲーム状態じゃあねえか。
昨日のうちに下準備の皮むき作業を済ませておいて大正解だった。

結局今日も懸案のラベル制作には至らず、モヤモヤは募るばかり。
18:50退出、アトレでちょろりと買い物してバスに乗る。
2日連続の早朝出勤で疲労と眠気に襲われ、一瞬気を失いかける。

19:50帰宅、「カラヴァッジョへの旅」を再読しつつゆっくり入浴、
大阪・あべのハルカスで開催中のカラヴァッジョ展も閉幕まであとわずか、
どうにかして行けないものか。

21:00から飲んで食べて23:00気絶、泥のように寝てやる。
 

令和2年1月27日(月)

■朝:サンドウィッチ・コーヒー
■昼:味噌ほうとう・温泉卵
■夜:煎り豆・チーズ・ブロッコリー・鶏つくね入り寄せ鍋・
   ヱビス・石蔵お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:70.5kg17.2%

6:50発の3番バスに乗るつもりで6:40に自宅出発、
ところが郵便局の角を曲がるところで、
まだ来るはずのないバスが目の前を走り抜けていく。

一瞬駆け出そうと身構えたが、停留所は100メートル先、
この時間は乗降客も少なかろうから間に合うはずもない。

しかしまだ6:47、時刻表より3分も早いとはどういうとか?
憮然としつつ停留所について時刻表を確認すると、
3番バスは6:50ではなく6:43発。

6:20/6:31/6:50と記憶していたのは土日の時刻表で、
平日は6:20/6:31/6:43/6:54であることに初めて気づく。

そんなこんなで7:30出勤。
とはいえ早朝出勤して片付けるべき業務もなく、
朝からひたすら勤務先に置いてあるCDをPCに取り込む。

11:00に待望の試作品到着、嬉々として早速組立て、
内容物を格納して確認する。
内容物が中でガタガタするようなアソビもなく、
かといって取り出し~再格納も実にスムーズ。

しかし1点だけ致命的な問題点を発見、
これについてはぜひとも改善をお願いしたく、
それを説明するため現状写真を撮影して先方メールに添付。
そこがクリアされればパーフェクトな仕上がりになるだろう。

そして最終関門はその側面に貼付するラベルの制作だ。

14:30に携帯が鳴り、5分後にとある方の来訪を受ける。
詳述は控えるが、かなり衝撃的な内容に愕然とさせられる。

「今日は〇〇くん(オレの名前)に”引導を渡してもらいに”来た」

確かに、この期に及んでなんら客観的裏付けのない
その場しのぎの無責任な楽観論でお茶を濁すことは許されまい。
ましてや相手はオレが0歳のころから世話になった大恩人だ。

「ここで今さら小さな取引先を開拓できたとしても、
業界全体が急速に収縮しつつあるこの状況下では、
決断をほんの少しの間、先延ばしすることにしかならないでしょう。
しかもその間も事態は刻一刻と悪化していくであろうことは必定。
言いづらいことですが、ここはひとつスッパリ諦めたらいかがですか?」

「…やっぱりそうだよね、よし腹は決まった、ありがとう」

まだまだはるか遠い先にかすかに目視確認できたかに思えた小さな消失点が、
今年に入り、日を追うごとにどんどん近づいてきやがった。
それはまさにブラックホールであり、一度飲み込まれたら一巻の終わり。
どう考えても今のうちに逃げ出す方が賢明だろう。

ズーンと落ち込んだ気分の中、丸の内からの注文品製作。
ところが土曜日は絶好調だった新チープ製作機がまたやらかした。
見るも無残な大失敗に慌ててゴミ箱行き寸前の古女房を引っ張り出す。

これはいったいどういうことかと混乱したが、気を取り直して振り返ると、
問題点がおぼろげながら浮かび上がってくる。
今週いっぱいは古女房に踏ん張ってもらって、週末に再度実験だ。

19:30まで残業してバスで20:20帰宅、ゆっくり入浴して飲んで食べて23:00気絶。
鍋料理は身も心も温まる、もちろん〆は厳禁、今日のところは。
 

令和2年1月26日(日)

■朝:チョコ・コーヒー
■昼:塩パン3個・目玉焼き
■3時:お好み豆
■夜:煎り豆・チーズ・赤麻辣鍋・ヱビス・石蔵お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.5kg17.6%

8:00起床、午前中4店舗分の保証書ひな形完成。

午後は自宅にあるジャズ/フュージョン系のCDをPCに取り込みつつ、
録画してあった米ドラマ、プロジェクトブルーブックを3話分鑑賞。
こんな休日もたまにはよかろう。

19:00からゆっくり入浴して飲んで食べて23:00気絶。
 

Top|Next »

HOME

QR