FC2ブログ

平成25年12月31日(火)

■昼:盛りそば・海老天2本
■夜:霧笛楼仏蘭西おせち・シャンパン・スペインSyrah(飲み残し)・
    ドーナツ・アンドーナツ・コーヒー

□起床時体重:67.7kg/体脂肪16.1%/体内年齢39歳
□入浴後体重:67.6kg/体脂肪14.5%/体内年齢39歳

-----------------------------------
◇腹筋ローラー:20回
◇5kgウエイト装着歩行:約7km(7900歩)
-----------------------------------

7:10覚醒、諸行事を済ませて8:00出勤。
30分ほど業務に勤しんだ後、本年最後の朝練開始。
雲一つない青空が広がり、空気はいつにも増して澄み切っている、
人も少ないし最高に快適だ。

一度帰宅、シャワーを浴びて体組成計に乗ると…、
な・な・なんと、いきなり67kg台にまで落ちてるじゃあねえか。
キツネにつままれたような感じで、しばし呆然と数字を見つめる。
1年の最後の最後で、思わぬボーナスをいただいた感じ。

当時からプチ肥満体だったこともあって、
オレの中学時代の体育成績はずっと5段階で2~3だった。
それが3年の3学期、級友に冗談半分で体育委員に推挙され、
ムッとしながらもがまんして務めあげたら、
担任でもあった体育教諭から生まれて初めて「5」をいただいた。
(これも担任のシャレと温情の賜物であろう)

今朝の体重もそれと同じで、
なんだか体組成計におまけしてもらったような気がする。

いずれにせよ気分を良くして10:40に自宅を出発、
まずは地元駅スーパーで刻みねぎを2パック買って11:00に【遊庵】へ。
予約してあった年越しそば3人前×2セット、2人前×1セット、
揚げたての海老天ぷら10本を受け取り、一度帰宅して自宅用分を置いて
タクシーで東大井へ。

末期がんの老描はむしろ一昨日より元気に見えてひと安心。
2世帯分の年越しそばを母親に渡して待たせてあったタクシーに乗り込む。

目指す自宅が近づいてきて、運転手さんに道順を説明するのに

「この先○○駅手前のガードルをくぐってください」

別にいつもそんなことばかり考えているわけじゃあねえよ。
とっさのことでガードとガードレールを混同しただけだが、
自分で言って自分で苦笑。
あとで愛妻に話したら大爆笑、そらそうだろう。

11:30に帰宅して昼飯は年越しそば+海老天各2尾。
いやあ実に美味い。

12:20に自宅出発、とはいえ少々気が重い。
今年3月までは東横線が渋谷始発だったので、
横浜方面へはまず100%座って居眠りしながらのんびり行けた。

ところがにっくき副都心線(他)が接続しやがったせいで
渋谷駅から座ることはまず不可能、おまけにホームも地下深く潜った。

仕方ないので地元駅から東急線を2回乗り換えて、
自由が丘駅から東横線の各駅停車に乗車。
やっと座れたと思ったのも束の間、菊名行きでやがんの。
終点の菊名で降りて再度各駅停車の元町中華街行きに乗り、
合計3回乗り換えて13:30にようやくみなとみらい駅に到着。

クイーンズスクエアの長いエレベーターで地上に出て、
パシフィコ横浜~万葉倶楽部~旧称・新港パークに出る。


201312311.jpg

インターコンチ


201312312.jpg

日本海側の方に申しわけないほどの、抜けるような青空と海


201312313.jpg

赤レンガ前のプチスケートリンクは今日も大混雑

プロムナード~山下公園~元町をブラブラして


201312314.jpg

16:00に霧笛楼着、予約しておいたおせちを引き取る。

一昨年までは持ち手が弱くて両手で運搬していたが、
去年から画期的なまでに素晴らしい持ち手になり


201312315.jpg

今年もホレこの通り、結構重いけどね。

往きと同じルートで地元駅スーパー経由17:45帰宅。
順番に入浴して19:00から仏蘭西おせちの豪勢極まりない晩飯。
このために1年間がんばってきたようなものだ。

21:00には満腹でなおかついい感じに酔っ払ったが
シャンパンと赤ワインのW攻撃でオレより一足先に愛妻が沈没。
食器洗いを済ませ、ドーナツとあんドーナツを平らげてご満悦。


さて、そんな自堕落な大晦日に、えらく久しぶりにあの男、
【めた坊7号】じゃっくさんからコメントを頂戴した。

=========================================

【めた坊7号】じゃっくでございます。
大変ご無沙汰しております。

あっという間の一年でした。
先輩のブログはいつも拝見しており数値観測しております。

「先輩、ちょっと!体重が70kg手前で安定してきましたね」

私の方は今年の秋頃、愛用の体重計が壊れ、
最新のタニタの体組成計を購入しましたが、
なんと今まで体重が65kgだったのが、
こちらで計測すると66kg後半、ときに67kg台にも。

基礎代謝も今までは1550kcalあったはずが、
1480Kcal前後に減少。がっくりです。

今は仕切り直しで7kmウォーキング、
足上げ腹筋と寝る前のストレッチも取り入れています。

しかしながら休日前の連日連夜の飲み会と、
最近は休日のウォーキング後のビールにはまり、おなかも出てきました。

うーーー、年末、年始、またビールとおせちで2割増しかなぁ(笑)

素敵な年をお迎えくださいませ。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

=========================================


じゃっくさん、久々のコメントありがとうございます。
何はともあれ、お元気そうでなによりです。

まあね、体重以外の数値は体組成計のあくまで「推定」ですから。
それでも60kg台後半を維持していらっしゃるのは素晴らしい。
しかもしっかりワークアウトを継続していらして、感服至極。

来年も引き続きお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

…体重より体型だよキミ(ニヤリ)。


【本年の総括】

業務面でいえば、
今年は超ウルトラ・スーパー零細企業の三代目として
それを「守る」ために懸命に「攻めた」1年だったといえよう。
しかしそれはもっぱら防御を目的とした攻勢であり、
ありがたくも一定の成果は認めるが、あくまで「守り」の成果に過ぎぬ。

かといって、市場収縮が続く衰退産業の中で、
年々小さくなっていくパイを取り合う、いわば未来なき消耗戦に、
果たしてほんとうに「攻め甲斐」があるのか、甚だ疑問だ。

でもまあ、さりとて現時点では他に生きる(食う)道が見い出せない以上、
現状に身を置きつつ、その中でいかにより汎用性のあるスキルを蓄積するか、
ということを主眼に置いて日々Challanging Spiritを発揮していく以外に
手はなさそうだ。

一方、プライベートにおける今年の反省点は…

「物欲に溺れすぎ」

体型変化によるワードローブ(苦笑)の再構築は
本日も着用した自慢のPコートで一応の終結を見たが、
その反面、今年は「白(クリア)メガネ症候群」に大いに悩まされた。
いくら希少品とはいえ、1年間で5本は買い過ぎだろ(呆)。

来年はひたすら質素倹約!(できんのか?)

最後に最重要課題のダイエット面。

最後の最後で奇跡のように67kg台まで戻せたが、
この数か月はずっと69kg台で高値安定状態。
【めた坊7号】じゃっくさんご指摘の通りだ。

それでも今年最大の収穫は「腹筋ローラー」との17年ぶりの再会。
当時すでに80kgを突破していたオレは、
恥ずかしいことに「行ったきり状態」で、ただの一度も戻ってこられなかった。

今春、中学同級生の麗しき某女子(ニヤリ)に勧められ、
再度購入して恐る恐る試したが、
最初はローラーをほんの30cmだけ滑らせて戻ってくるのが精一杯だった。

それが今ではほぼ上半身を水平にまで伸ばして20回の往復を達成。
体型に目立った変化こそみられないものの、
両腕の内側からわき腹にかけて、いわゆる体幹が鍛えられている実感を覚える。
実際、体重は微増傾向だが、ジーンズのはき具合やベルトの穴も、
全盛期の65kg台当時とまったくかわらない。

残るは腹囲と腰回りにへばりつく脂肪だけ。
全部とは言わないが、せめてこの1年で半分は消滅させたいと願う。


というわけで今年も残りあと1時間となった。
除夜の鐘が響き渡るころまでとても起きてはいられないし、
明日も新年1発目の朝練の予定なのでこのへんで気絶しよう。

読者諸兄におかれては、日々ご多忙の中、貴重な人生時間を割いて
このような毒にも薬にもならない、たんなる垂れ流しブログを
ほぼ連日のようにご愛読いただき、ひたすら感謝感激雨霰。

体重面に関してはなかなか諸兄のご期待に沿えずに恐縮だが(ニヤリ)、
来年も究極の目的である62kg台を目指して、
無駄な努力を積み重ねていく所存なので、
懲りずに引き続きご愛読のほど、衷心よりお願い申し上げます。

それでは毎年同じ〆で恐縮だが、

皆さま、どうぞ良い年を「自力で」お迎えくださいますよう。

(自称・日本一Pコートが似合う54歳より)


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「フザッケンナヨ!(by Y本Y子 女史)」とムッとしたアナタ、マジで良いお年を! 
 

« 平成26年1月1日(水)|Top|平成25年12月30日(月) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/1394-8f5403ae

Top

HOME

QR