FC2ブログ

平成27年8月29日(土)

■昼:野菜たっぷりタンメン・おにぎり1個・漬物
■夜:トマトとモッツァレラチーズのサラダ・アボカドと豆のグリーンサラダ・
   鶏肉の巻物・ヤンソンの誘惑・オマールエビのスープ・
   カニクリーム白身魚オーブン焼き・国産牛厚切りローストビーフ・
   小岩井チーズスティック・サッポロラガー・ネッロダーヴォラ

□起床時体重:67.2kg/体脂肪17.1%/体内年齢41歳
□入浴後体重:計量不能

あー頭痛え。

あまり食わずにワインをガブ飲みし、
仕上げにメーカーズマークを2杯もやっちゃったのが効いたようで、
ヘパリーゼとスーパーウコンの二重バリアも簡単に破られてしまった。
それでも体組成計に乗ると予想通り67kg台前半でひと安心。

小雨がパラつき8月とは思えない肌寒さの中、ヨロヨロと9:30出勤、
昨日タイムアウトで出荷できなかった丸の内からの受注分を製作して出荷完了。

10:30に一度退出して地元駅から山手線で品川、
ecuteで母親の晩飯を調達して実家に配達、
帰りに大井町駅ecuteで石蔵を2本購入、そのまま電車で一度帰宅。

買ってきた石蔵を玄関に置いてコンビニ経由で再度出勤、
昼飯食って雑用を片づけた後はしばしダラダラ、酒が抜けるのを待つ。

15:00に退出、一度帰宅して愛妻と出発、地元駅から山手線で有楽町。
イトシアをぶらついてからゆるゆると銀座まで歩き、15:50に目的地到着。

16:00から「健康院クリニック」にて「頸動脈超音波検査」を受診。
動脈硬化の程度、頸動脈の壁の厚さ、狭窄・プラークの有無を検査するもので、
脳に大量の血液を流す血管の状態を視覚的に診ることができるというもの。

問診票に記入した後、2人揃って医師の問診を受け、
その後、愛妻に続いて名前を呼ばれて検査室へ。

仰向けに寝て襟元を広くあけたところへ
検査技師のオネイサンが首にゼリーを塗り、機器をあてて検査開始。
右と左の首を各10分、合計20分で検査終了。

ほどなくして2人揃って診察室へ、まずは愛妻の結果から。
ヒッジョーにきれいな血管で壁の厚さも基準値内に収まっていて問題なし。

画面には続いてオレの頸動脈の断面と側面が映し出される。
おおむね良好だが、左右とも血管の分岐点付近にプラークが確認され、
その部分だけ壁の厚さも基準値を超えている。

「このことがただちに重大な異状を指しているわけではありません」

という医師に、恐る恐る聞いてみる。

「実は5年ほど前まで体重が90kg近くあったのですが、
その影響ということは考えられますか?」

今度はそれを聞いた医師がビックリ。

「えっ、そんなに太っていらしたのですか?
その影響は多分に考えられますね」

ああ、メタボの遺物が今なおこんなところに潜んでいたとは。

結果的に2人とも特に問題は指摘されなかったが、
診察中ずっと医師の後ろに立ってうなずいていた
カウンセラーのオネイサンがニッコリ微笑みつつ一言。

「血圧、尿酸値のためにも、ぜひ週に一度は休肝日を」

…最後の最後でそれを指摘されるとは思わなんだ。
ハイ、これから気をつけます。

17:00にクリニックを後にして銀座ハンズ~三越に立ち寄り18:45に一度帰宅。
愛妻がシャワーを浴びている間に再度出勤すると
留守中に本店から明日入用受注分のFAX、まったく油断ならねえな。
2点の受注品データをちょいちょいと制作、あとは小僧にお任せよ。

19:45に帰宅して「胡蝶の夢」を読みつつゆっくり入浴、
喉元過ぎれば熱さも忘れて20:30からガッツリ飲食して23:00には気絶。
久々のネッロダーヴォラがヒッジョーに美味かった。


にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

「メタボにつける薬なし」と呆れたアナタ、恐縮ですがポチお願いします。
 

« 平成27年8月30日(日)|Top|平成27年8月28日(金) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/2002-fb3e30c5

Top

HOME

QR