FC2ブログ

平成22年10月31日(日)

■朝:レモン入りはちみつ中スプーン3杯
■昼:ガーリックフランセ・トマト1個・ペッパーソーセージ・コーヒー
■3時:醤油煎餅
■夜:枝豆・豆腐シュウマイ・湯葉田楽及びその弁当・きゅうり一本漬・糖質ゼロ500ml2缶

□起床時体重:68.6kg /体脂肪 19.0%
□入浴後体重:67.4kg …この後上記の晩飯

朝、体重計に乗って憤然。
たった1食で68kg台に逆戻りじゃあねえか。

そりゃあ、あれだけ飲み食いすれば、ねえ。

今日も10:30出勤して小僧のお守り。
ガーリックフランセ食って12:30から目黒川沿い6kg歩行開始。
昨夜も1時間ほど歩いたので、さすがに右足にはダメージが蓄積されている。

で、今日は徹底的に歩き方に注意を払ってみた。

まず、着地するときは踵(かかと)から。
そして重心の移動に沿って、足裏をローリングするように地面と接せしめ、
最終的につま先で地面をキックする。
ちょっとでも意識を逸らすと、すぐにペタペタ歩きに戻るので
常に足裏に神経を集中させねばならない。
でもこれが最も効果的で、なおかつ足に負担の少ない歩行方法と信ずる。

ところで、同じ目黒川沿い歩道でも、中目黒というか駒沢通りを挟んで
歩いている人種?はまったく異なるのが面白い。

目黒通りと駒沢通りの間を行くのは、オレと同じような
トレーニングウェアに身を包んだウォーカーやジョガー。
犬を散歩させている人も多い。
(ただし、歩行運動が最も必要なメタボ体型の中年には
今日はついに一度もお目にかからなかった)

それに対して、駒沢通りを越えて東横線のガードを過ぎて少し行くと
おしゃれなブティックやカフェ、ヘアサロンなどが立ち並び、
道行く人は若いカップルやファミリー、それに女性の2人連ればかり。
オレのようなトレーニングウェア姿は場違いも甚だしい。

そんな中、中目黒付近で2人の、いずれもかなり怪しい(苦笑)顧客と遭遇した。

駒沢通りの横断歩道ですれ違ったのは、ガンを克服したコワモテのKさん。

「あれっ? 自宅はこの辺だっけ?」

「いえ、五反田です」

「五反田からここまで歩いてんの? 頑張るねえ(笑)」

東横線ガードをくぐって東急ストア裏のあたりでは、
前方から若い女性と仲良く歩いてくる、これもKさんを見かける。

白いTシャツにジーンズ、黒いダウンジャケットを羽織り、
いかにも高そうなウエスタンブーツでカッコよく決めている彼だが、
実は数年前、ある日突然髪の毛がフサフサになって驚いたのだった(笑)。
しかしそれによって、Kさんは間違いなく20歳は若返った。

やっぱり人間、見た目が9割だな。

14:00に勤務先に帰着。
ウェア水洗い、シャンプー、ヘアケアしてから引き続き小僧のお守り。

16:00から煎餅食いながら昨夜録画した「社長紳士録」を鑑賞。
社長シリーズにどっぷりと首まで浸かるきっかけとなったのが、
もう5年以上も前に観た本作だった。

2年前にそのビデオを友人に貸し出して以来観ることができなかったが、
このたびめでたく放送画質で録画されたものをゆっくり楽しみ、大爆笑。

森繁久弥をはじめ、小林桂樹、三木のり平、加東大介そしてフランキー堺。
5人の名優による「笑わせる芝居」は、
昨今の、誰かを貶める笑いや、もっぱら観客の共感に頼る笑いとは
まったく次元の異なるプロフェッショナルの演技だ。

社長シリーズと池波作品、この2つに出会えなかったら、
オレの40代以降の人生は、今ほど熟成されなかったに違いない(感謝)。

「社長紳士録」を観終え、残りの宿題を小僧に任せて18:00に退勤。
八ツ山通り経由で第一京浜を品川駅まで歩き、
同駅構内ecuteで晩飯とスィーツを調達して、帰りも同じ道を歩いて帰宅→入浴。
これで今日は都合約11km以上は歩行したことになる。

かくして20:00から単身自室で、
もう300回以上は観ている「社長道中記」を観ながら晩飯。社長バカである。

21:30に有楽町でのライヴ帰りの愛妻を五反田駅まで出迎え、
22:30にデザートのロールケーキと紅茶をいただいて24:00気絶。

さて、あと1週間で1kg落とせるか?

そんな先のことより、またもや明日のリバウンドが心配だ(呆)。
 

« 平成22年11月1日(月)|Top|平成22年10月30日(土) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/217-9cc70092

Top

HOME

QR