FC2ブログ

平成30年12月28日(金)

■朝:ソーセージエッグマフィン・泥水
■昼:野菜たっぷりタンメン
■夜:【坊乃】にていろいろ・生2杯・而今・ハイボール
   
□起床時体重:69.6kg
□入浴後体重:計量不能

地下鉄を乗り継いで9:00日比谷駅着、
ソーセージエッグマフィンを泥水で流し込んで店を出て、
壁際のスツールに腰掛けていると丸の内担当オネイサン登場。

昨日注文分を手渡し納品し、一昨日分の到着遅延を詫び、
少々立ち話しておいとま、京浜東北線で大井町。

銀行と阪急に立ち寄ってからA社を訪問して現金仕入れを済ませ、
そこから徒歩3分の、10年前まで実家のあった場所を久々に訪ねる。
実家跡地を背にして立つと、正面には建設中の超巨大タワマンが、
まさに視野に収まりきれないほどの威容で立ちはだかる。


ohi1.jpg


ohi2.jpg

そのあまりに強烈な圧迫感に軽く目眩すら覚えた。

かつては鮮魚店・洗濯屋・菓子屋・すし屋・美容室・靴屋・甘味屋・美容室・
煙草屋・鰹節屋・八百屋などが立ち並び、
夕方には買い物カゴを手にした主婦たちが往来し、立ち話に興じたりしていた。

今では道幅が倍の広さになり、車両も一方通行から双方向通行へと変わったが、
あたりはひっそりと静まり返り、人の歩く姿もめったに見られない。

間違いなく50年前の方が、この街は活気に満ち溢れていた。

しかしこれはなにもこの街に限ったことではあるまい。
日本の至るところで同じような現象が起こっているに違いない。

この国は、いや、この国に住む人間は、本当に豊かになっているのだろうか?

あれは確か昭和40年ごろのこと。
ある夏の夜、商店の旦那衆が建物跡の空き地に大きな白布を張り、
映画上映会を催したことがあった。

何の映画だったかはまったく記憶にないが、
即席の屋外映画館には多くの家族連れが集い、スクリーンに夢中になった。

わが故郷、それは今や思い出の中にのみ。

13:00に都内の某ホテルコンシェルジュから電話でDH1点注文、
それを明日午前中着で、まったく資本関係のない京都某ホテルへ代引発送。

夕方には本年最後となる丸の内からの注文、
一撃で片付けるも、まだ発送はできない。

17:30に早じまいして珍しく電車で最寄り駅へ。
駅前でちょろりと買い物して18:50に愛妻と合流して【坊乃】へ。
年内最終営業日とあって店は超満員、よきことかな。


201812281.jpg

今年1年お疲れさまでした。


201812282.jpg

【お通し】


201812283.jpg

【ツナサラダ】


201812284.jpg

【おれの作った塩辛】


201812285.jpg

【手作り海苔佃煮】


201812286.jpg

【はまぐり酒蒸し】


201812287.jpg

これですよこれ。


201812288.jpg

【大山鶏唐揚げ】


201812289.jpg

【バクダン】


2018122810.jpg

【牛肉入り玉子焼き】


2018122811.jpg

【あんかけ焼そば】

ゆるりと飲んで食べてマスター&女将に見送られておいとま、
コンビニ経由で22:00帰宅、速攻でシャワー浴びて23:00気絶。

明日は来年を占う大テストが待っている。
 

« 平成30年12月29日(土)|Top|平成30年12月27日(木) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3226-ae3ee339

Top

HOME

QR