FC2ブログ

平成31年1月12日(土)

■朝:真穴みかん
■昼:パン2個
■夜:煎餅・ヱビス・菓子パン

□起床時体重:68.6kg
□入浴後体重:計量失念

4:00に一度尿意覚醒したが、起床には早すぎる。
これで二度寝して寝坊したらそのときのこと、と
腹を括ってすぐさま眠りに没入したが、次に目覚めたのは6:00

この時間なら予定していた電車に乗れる。
ムックリ起きて6:20、まだ暗い中自宅を出発。

地元駅から地下鉄で浅草着が7:05


201901121.jpg

自販機で特急券と乗車券を買い、7:30発「けごん5号」で一路北へ。

ほぼ満員の車内には英語と中国語が飛び交い、とても寝られない。
昨日分のこれ書いて写真とともにアップしたりするうち、
気がつけば9:20、終点の東武日光駅着、さあここからが勝負だ。

ダッシュで改札を出てタクシーに乗り、日光東照宮往復をお願いする。
今乗ってきた電車が折り返し「けごん18号」となって発車するのが9:58
それを逃すと次の電車まで3分0以上待たねばならない。

親切な運転手さんに「こぉこで待ってっから」と言われて車を降り、


201901122.jpg


201901123.jpg


201901125.jpg

石鳥居の前まで階段を駆け上り、一礼して一直線に右奥の表番所へ。

「このお守り20個下さい、領収書もお願いします」

かくして参拝することなくほんの2分の滞在で日光東照宮を後にして


201901124.jpg

待っていてくださったタクシーに飛び乗って9:38には東武日光駅帰着、
これなら9:58発の折り返し電車に余裕で間に合う。

愛妻と実家に申しわけ程度の土産を買って乗車、
思ったほど寒くなく、ましてや雪道に苦しめられることもなく、
好天の中、極めてスムーズに業務?を遂行できた。

日光付近では快晴だったのが、東京に近づくに連れて空模様が怪しくなる。
愛妻からもメールで「東京は雪」マジかよ。

11:35に浅草に着くと、日光にいたときよりはるかに肌寒く、
空は完全に灰色の分厚い雨雲に覆われている。
松屋で昼飯を買い、地下鉄を乗り継いで12:40帰宅。

自室でささっと昼飯を食い、少しだけ録画番組「世界の名画」を観るも
途中から椅子に腰掛けたままzzz・・・14:00にはベッドに潜り込む。

一度16:00に覚醒するも再度気絶、
3時間も惰眠を貪ってようやく17:00に目覚める。

忘れないうちに今日ここまでのこれ書き、
その後はベッドに横たわって筒井康隆「愛のひだりがわ」一気通読。
自室でビール片手に煎餅を頬張り22:00には気絶。

明日は午前中だけでも休日出勤のつもりにしているが、
天気と気力によっては明後日に延期。


実は日光弾丸往復、今日が初めてではない。

古くからの読者諸兄はお気づきと存ずるが、
今から6年半前にも今回と同じことを敢行している。

その日の記述でもちょこっと触れているが、
信長・秀吉・家康にゆかりのある神社のお守りを各10点確保して、
とある商品企画がスタートしたのはもう7年前のこと。

オレの勝手な事前の予想では、国民的人気の高さからして
信長がトップを突っ走り、秀吉がそれに続き、家康はドンジリ。

ところがいざフタを開けてみれば、あにはからんや家康が首位独走。
しかも信長、秀吉についてはその後京都在住の兄さんとの交誼が復活したので
いざとなればお守り調達に走っていただける(まだご本人未承諾だが)。

しかし日光東照宮の近辺には友人知人がおらず、
今日のような事態が出来した折には授与していただきに伺うしかない。

電話による通販という手もないこともないようだが、
それだとせっかくのお守りもご利益半減となるかも知れず、
かといって近場の上野東照宮のお守りで済ませるというのも気が引ける。

日光東照宮からの帰途、このことをタクシーの運転手さんに話すと、
(以下つぶやきシローまたはU字工事調で)

「そぉりゃそうだっぺ。やぁっぱりなんつっても家康様は別格だもんね。
上野東照宮?だぁめだだめだ、格が違うっしょ」

「こぉのへんは災害ゼロだ。地盤が固いかんね。あ、岩盤って言うのけ。
家康様はそぉれをお見通しで日光に東照宮をお建てなさったもんね、
それもやぁっぱり先見の明だっぺ」

以上、多少の誇張はあるものの、
家康へのリスペクトとともに、地元愛を熱く語ってくださった。

しかし今回もまた参拝せずに門前で失礼申し上げました東照大権現様。
次回こそじっくり時間を取って参詣・拝観させていただきます。
今回も失礼の段、どうぞ平にご容赦を。
 

« 平成31年1月13日(日)|Top|平成31年1月11日(金) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3241-5397c09e

Top

HOME

QR