FC2ブログ

平成31年4月23日(火)

■朝:リンゴ・ヨーグルト・コーヒー
■昼:野菜たっぷりタンメン・ゆで玉子
■夜:あとひき豆・小松菜、ドライトマト、フルーツ蕪のサラダ・
   山芋豆腐・わさび漬け・鈴廣蒲鉾・玉蒟蒻煮・漬物
   神泡Pモルツ・芋焼酎お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.2kg

今日もカラ元気出して背筋トレ~スロースクワット50回~
大また歩行通勤45分~膝コロ20回。

午前中は急ぎの受注品製作に追われるも
午後遅くなってようやく時間が取れたので
「ラジオ英会話」「英会話タイムトライヤル」先々週分を相次いで聴取。

16:30の丸の内攻撃も難なくかわして18:00出荷完了、
18:40退出、徒歩7分の某所にちょいと立ち寄ってバスで19:40帰宅。
さっとシャワー浴びて飲んでつまんで22:30気絶、明日は早朝出勤


【4月21日(日)分追記】

ある方の傘寿(80歳)の祝宴に招かれた。

その方が30代の頃より存じ上げているが、
明敏な頭脳と頑健な足腰は50年前と何ら変わらない。

3ヶ月に一度ほどご自宅で手料理をごちそうになるが、
その味の素晴しさもさることながら、
毎回新たなメニューが次々に供されることに驚きを禁じ得ない。

台所には日々の献立を詳細に記したノートが何冊もあり、
それを基に構想を描き、今までにない一品を創り出す。

「同じ料理の繰り返しでは作っていても面白くない。
何か新しいことができないかと、いつも考えている」

創意工夫。

と、ひとくちに言うが、

「創意」とは、新たなアイデアを思いつく「着想力」、
「工夫」は、それをカタチにする「実現力」。

この両輪をスムーズかつバランスよく走らせるためには、
脳を、それこそ洗濯槽の如くフル回転させることが不可欠だ。

翻って己を省みるに、
日常業務においてそれなりに脳を使っているつもりでも、
それは先人・先例からの申し送り事項の焼き直しだったり、
あるいは経験・常識という既得概念の使い回しだったりと、
言ってみれば「脳の表層部分だけをなぞっている」に過ぎず、
その奥にある深層部分は思考活動を停止しているかもしれぬ。

そんな脳にはアイデアも降りてこないし、具現化はなおさら不可能だ。
それ以上に、活動していない脳はその分だけ老化も早かろう。

創意工夫と、それを達成せんとする前向きな意欲が、
日々の生活を豊かに彩り、なおかつ脳の老化を遅らせる。

まずはわが古びた洗濯槽のサビや汚れを落とすことから始めよう。

身近にいてくださる最高に素晴しいお手本、
M代ちゃん、ほんとうにありがとうございます。
 

« 平成31年4月24日(水)|Top|平成31年4月22日(月) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3342-b3998a08

Top

HOME

QR