FC2ブログ

令和元年7月31日(水)

■朝:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■昼:ひじきご飯と白身魚の黒酢あんかけ弁当・納豆・しじみ汁
■夜:枝豆・トマト・豆腐ハンバーグ和風おろしソース・
   シーフードサラダとボストンレタス・甘海老唐揚・
   ヱビスプレミアムモルツ・芋焼酎お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:70.4kg/16.9%

背筋運動~スクワット~英文暗誦歩行通勤、
膝コロは自粛してさっとシャワー浴びて朝飯。

珍しく朝から注文が立て込んで午前中はバッタバタ。
午後は通販受注分の発送準備に追われ、
夕方ようやく時間が取れたので本日の予習。

19:00から英会話レッスン、今日は無料体験レッスン受講者が1人。
40代半ばの男性でなかなか積極的に英語を話す。
渡航経験も豊富で海外の友人ともメールでやりとりするとのこと。
だから初対面の外国人相手でも臆せずに話せるのね、裏山師。

20分ほどの自己紹介を含めたスモールトークを終えてレッスン突入。
今日の課題はPCなどに発生する不具合の説明、
及び現在完了経験用法のトレーニング。

以下は本日の備忘録。

-----------------------------------------------

The paper is jammed inside.

紙が内部で詰まった。

It's just crushed.

(PCやHDなどが)壊れた。

The memory card's stuck.

メモリーカードが出てこない(取り出せない)

The picture's fuzzy.

画面がぼやけている。

The lens is scratched.

レンズに傷がある。

residents 居留民

residence 大きな住宅、邸宅

residential area 住宅地域

commercial area 商業地域

industrial area 工業地域

mentally handicapped residents

精神的に障害のある居住者

I explain them how to buy tickets.

私は彼にチケット購入方法を説明する。

I like going to the museums.

私は美術館に行くのが好きだ。

I went the same high school as he.

私は彼と同じ高校に通った。

I've been in Tokyo for 29 years.

私は東京に29年いる。

Where are you from ?

どちらからお越しですか?

What country are you from ?

どこのお国からお越しですか?

Where do you come from は時として失礼に聞こえるので用いない。

He is 10 years older than I am.

彼は私より10歳年上だ。

I have never had any trouble with my laptop.

I have never had any problems with my laptop.


私は自分のノートPCに問題を抱えたことがない。

trouble は不加算名詞

problem は可算名詞

We should not put 's' on 'trouble' because it's an uncountable noun.

「トラブル」は不加算名詞なので「s」をつけない。

many problems

a lot of trouble


He replaced my hard disk with SSD.

彼は私のハードディスクをSSDと交換した。

external 外部の、外付けの

It's making a buzzing sound.

それはブーンという音をたてている。

The bowl shattered into a million pieces.

ボウルは粉々に砕け散った。

The screen cracked.

画面が割れた(ひびが入った)

The memory card gets stuck.

メモリーカードが取り出せない。

This cell phone was reasonably-priced.

この携帯電話はお値打ちだった。

-----------------------------------------------

確かこれは以前にも書いたことだが、
John先生は
「文法的には間違いだけど、わかるでしょ?」的な曖昧さを許さない。

単数/複数、動詞の人称、時制変化を間違えると即座に訂正される。
また、表現方法が良くない場合には

You could say ~

「このように言った方がよろしい」とアドヴァイスされる。

これが同じスクールでも他の講師だとこうはいかない。
現にかつてJohn先生の代打で登場したTiffany先生は、
オレがいくら間違えようと、ウンウンと頷いてそのまま聞き流した。

どちらのタイプの講師が合うかは受講者次第だが、
John先生のレッスンでは正しい英語表現を学べる一方で、
人によっては「間違えてはいけない」という気持ちが先行して、
ともすると萎縮してしまうこともあるかもしれない。

逆にTiffany先生の場合、レッスン自体は楽しい雰囲気で進むが、
自分の話す英語が「通じるか」ではなく「正しいか」がわかりづらい。

今日の体験受講者も最初は調子が良かったが、
John先生による「訂正攻撃」の洗礼を浴び続け、
最後の方は完全に息が上がっているように見受けられた。

レッスンは来週再来週と夏休みだが、
果たして彼が3週間後に受講を開始するかどうかは微妙。

ともあれ20:00レッスン終了とともにおいとましていつものバス。
1つ先の停留所で降り、ガード下スーパーで枝豆買って帰宅、
さっとシャワー浴びて飲んで食べて24:30気絶。
 

« 令和元年8月1日(木)|Top|令和元年7月30日(火) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3442-956fe239

Top

HOME

QR