FC2ブログ

令和2年2月25日(月)

■朝:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■昼:サンドウィッチ・ポタージュスープ・コーヒー
■夜:煎り豆・ドライトマトとオリーヴ・キャベツ・
   鶏唐揚げ・焼鳥(ねぎま・レバー・砂肝・皮・ぼんじり)
   サッポロラガー・佐藤黒お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.0㎏

自宅近くの顧客に納品し、郵便局で振り込みを済ませ、
外に出ると乗るべきバスが無情にも目の前を通り過ぎて行く。

それならと、かかりつけクリニックに立ち寄るも
開院直後にもかかわらず大勢の患者で溢れているので断念、
一つ先の停留所でしばし待ってやってきたバスで9:50出勤。

午前中は昨夜のうちにWeb経由で頂戴した受注品の製作に追われるも
多忙だったのはそこまで。

昼飯は塩分コントロールのため今日から当分はサンドイッチと決めたが、
一撃で食い終えた30分後には早くも空腹感を覚える哀しさよ。

午後は昨日クリアした設定地獄その3の出力作業にとりかかるも
かんじんのラベル用紙が足らずamazonに追加発注、続きは明日。

そして15:00、ついに猛烈な空腹感が襲ってきた。
よほど近くのコンビニに駆け込もうかと腰を浮かせかけたが、
待て待て、それをやっちゃあおしまいよ、と、すんでのところで思いとどまる。

最初の空腹さえ乗り越えればあとはどうにか我慢できるのは経験則から明らか。
問題はその最初の波を無事にやり過ごせるかどうかだが、
とりあえず初日の今日はなんとか持ちこたえることができた。

夕方、丸の内からの注文もなく突如としてエアポケットにハマったが、
明日以降に頂戴するであろう注文品製作に向けた下準備や、
1か月分溜めちゃった入出金伝票の記帳作業で空腹を紛らわせる。

18:30就業とともに脱兎のごとく退出、遠くに乗るべきバスが見える。
暗い裏道を脱兎の如く駆け抜け、次の停留所で間一髪セーフで乗車。

近くの酒店で石蔵を調達して19:20帰宅、
ゆっくり入浴して飲んで食べて23:00気絶。
 

« 令和2年2月26日(火)|Top|令和2年2月24日(日) »

コメント

空腹を如何に紛らわせるか?永遠の命題というかテーマです。
私もご多分に漏れず、毎食後空腹感と闘っている毎日です。もっとレベルの高い高尚なものと闘いたいのですが...どうにも辛い時はノンシュガーの珈琲飴を舐めて誤魔化しているんですが、ノンカロリーじゃなく1粒12kcalあるので、せこいですが1日一撃だけにしております。私も塩分コントロールのため冷奴(86kcal蛋白質7.5g)には醤油をかけませんが、言うまでもなく味気なく無味に感じます。刑務所の囚人の気分です。週2-3回14km走ランニングを課しているのですが、ランニングの良さは、走っている時も終えた後も暫くは空腹感が紛れるんですよ。気絶とまでは行きませんが、空腹感より睡魔に襲われます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3652-a9f790a8

Top

HOME

QR