FC2ブログ

令和2年4月7日(火)

■朝:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■昼:サンドウィッチ・コールスロー・トマトスープ
■夜:煎り豆・セミドライチェリートマト・レッドチェダー・
   わかめときゅうりの和え物・浅炊きさんま煮・揚げ餅
   桜エビしゅうまい・Pモルツ・石蔵お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:68.5kg

本夕、緊急事態宣言が発出されたが、
わが勤務先は諸事情により休業は事実上不可能。

とはいえ元々少ない来店客はさらに大幅減少するであろうし、
ごく短時間の接客後はそのたびごとにアルコール消毒・手洗い・うがい、
さらにはカウンター、ドアなど客が接触した箇所を
次亜塩素酸で拭き取っているので、まず問題なかろう。

10年以上前から業務時間中は1年を通じてマスク着用しているので
不自由感・抵抗感といったものはなく、
むしろマスクを着用していない方が不安になるほどだ。

となると残る心配は帰りのバス。

そこで本日から、よほどの悪天候でない限り、
当分の間、自宅まで歩いて帰ることにする。

18:30退出、本来なら遠くに乗るべきバスが見えたが
今日はそのまま歩いてバスとすれ違う。
念のためにナンバープレートを見ると「2136」。

駅手前を右に折れ、線路横の小路を進む。
帰りは若干だが下り坂なので歩くのも楽だし、
今思えば先週土曜日に歩行用スニーカーを買って大正解。

線路下の短いトンネルをくぐって小路に別れを告げ、
川沿いに出ると「2136」のバスが横を走りすぎていく。
バスは大回りなのでここまでの所要時間は徒歩とかわらない。

橋を越えてなおも川沿いの道を行く。
すでに散り始めているとはいえ、桜はまだまだ見ごろだ。
街路灯に照らされた夜桜を愛でつつ歩いていると、
ふとどこからか、親父の懐かしい声が聞こえてきた。

「たいへんなことになっているようだな」

「そうなんだ、こんなことになるとは思わなかったよ」

「それで、母さんは大丈夫か?」

「入所している施設は面会禁止だけど、ケアワーカーさんによると
環境にもすっかり慣れて明るく元気に暮らしているって」

「それはよかった」

「だからそっちへ行くのも当分先のことになりそうだよ」

「急いで来なくてもいいよ(笑)、で、商売の方はどうだ?」

「大きくアテがはずれたこともあるけれど、幸いにも今は影響ない。
でもこれからは業績の悪化も避けられないと思う」

「そうか、辛抱するしかないか」

「うちだけでなく、日本国中、いや世界中がそんな状況だから」

「…ということは、オレはいいときに逝ったのかもしれないな」

「北陸新幹線に乗せてあげられなかったのは残念だけど、
あれから7年、それ以外にはあまり良いこともなかったし、
それ以上に、生涯現役を貫けたのだから、よかったんじゃないかな?」

「そうだな、そう思うことにしよう、たいへんだろうけれど、がんばれ」

「ありがとう、話せてよかったよ」

桜並木が途切れたあたりで、親父の気配は消えた。

彼の存命中は、ついぞこのように穏やかな会話を交わしたことはなかった。
ひとり苦笑しつつ地元駅前の飲食店街を足早にすり抜ける。

客のいない店内で店主がテレビを見上げて途方に暮れている店もあれば、
今夜が最後とばかりに盛り上がるグループ客で盛況な店もある。

19:10帰宅、思ったより早く着いた。
ゆっくり入浴すると歩行帰宅効果?で68.5㎏、ウホホホホ…。
こうなると新型コロナが終息しても続けるか?

20:00からゆったり飲んで食べて22:30気絶。
明日から日中は英語とCSSグリッド漬けのつもりではいるが、
自分に厳しくないとなかなかそうは行かない、要は気力と意欲の問題。
 

« 令和2年4月8日(水)|Top|令和2年4月6日(月) »

コメント

>当分の間、自宅まで歩いて帰ることにする。
...コロナ禍というピンチを(ダイエット)チャンスに変える「思考の転換」はさすがですね。65kg位まで落とせるかも知れませんね。

リスク回避・体重減・交通費節約、と一石三鳥♪
もちろん晩飯の食いすぎ(と飲みすぎ)には注意します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3694-15c5f5cd

Top

HOME

QR