FC2ブログ

令和2年7月7日(火)

■朝:オレンジ・りんご・ヨーグルト・コーヒー
■昼:卵焼きサンド・コールスロー・トマトスープ
■夜:煎り豆・蒸しじゃがいも・焼き納豆・
   海老、アスパラ、フルーツカブのニンニク塩炒め
   Pモルツ・石蔵お湯割り

□入浴後体重:67.5kg

降りそうで降らない、今朝も大股歩行で9:15某銀行某支店着。
とある書類に諸々記入、ハンコ捺して粗品もらって9:30退出、
コンビニ経由で9:40出勤、さっとシャワー浴びて朝飯食って10:00始業。

まず某サイトに入り、今日のリリースに合わせて40点の商品登録を済ませる。
11:00に丸の内担当オネイサン2号から電話、本朝納品分がミスで全滅とのこと。
ああ、またやってもた。
速攻で再度制作して12:30にバイク便で出荷、余分な手間と経費がかかった。

昼飯食って気分を変え、今週金曜納期の虎ノ門からの受注品製作。
それが終わると思い立ってロフトに上がり棚の整理を少々。

16j:30に丸の内から受注、内容を見て一瞬ドキリとさせられたが、
幸いなことに既存データの一部差し換えで済んだこともあり
1時間ほどで完成してヤマト出荷完了、18:00ジャストに退出。

帰りも大股歩行で19:00自宅着、
ゆっくり入浴するとまだ火曜なのに早くも67㎏台突入で一瞬小躍りしたが、
毎年この時期は大量発汗で一時的に体重が減ることを思い出した。

20:00から愛妻の手料理をゆっくりと味わって23:00気絶。


新型コロナももちろんだが、この業種が直面している危機による不安や
年齢からくる記憶維持力の急速な低下に対する自己嫌悪などもあり、
ほんの少し前までの能天気はどこへやら、今や鬱屈とした日々を送っている。

しかし、そのような状況であるからこそ逆に気づかされることもある。

週日の晩酌の時間はこれまで単なる日常の1コマであったが、
今ではかけがえのない珠玉のひとときに思える。

毎晩健康で料理と酒を楽しめること、
美味い料理とそれを存分に楽しめる快適極まりない時空間、
そしてそれらのために日々腐心してくれる愛妻、

「ありがたい」という言葉しか思いつかない。

こうなると1日1日が宝物のように思えてきて、
だからこそ日々の時間を無駄にすることはできないと痛切に感じる。

結果的にそれが乏しいながらも推進力の役割を果たしてくれていると思うと、
それに対してもまた「ありがたい」。

こういう、ともすると弱気に映りかねない内容は決して愉快ではなく、
よって無制限に公開していてはなんとなく書くことも憚られる。

これまでも決してお気楽一辺倒な日記ではなかったつもりだが、
今後はこのような、個人的かつ内省的が記述が増えていくことも考えられる。

これが限定公開に踏み切った真の理由。
 

« 令和2年7月8日(水)|Top|令和2年7月6日(月) »

コメント

日常は、自身の健康だけでなく
周りの支えがあって
送ることができるものですね。

当たり前と思わずに感謝すべきですが
なかなか忘れがちになってしまいます。

仕事に没頭して家族や周りが見えなくなる事多々ありますが

毎日に感謝することで
一層、頑張れることを改めて感じされられました。

めかぶさん、コメントありがとうございます。
まったくもっておっしゃるとおりです。

でも感謝の気持ちは態度で表しましょう(笑)、
実はそれがいちばんムツカシイ…。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3787-4c066cb6

Top

HOME

QR