FC2ブログ

令和2年12月11日(金)

■朝:柿・りんご・パイナップル・アロエゼリー・ヨーグルト・コーヒー
■昼:みぞれそば・温泉卵
■夜:ミックスナッツ・恵那鶏ローストレッグ・ローズマリー・
   ブロッコリーと卵のサラダ・さつまいもチーズ焼き・
   キャベツとソーセージのカレー炒め・塩パン
   Pモルツ・プリミティヴォ(飲み残し)・ジンファンデル
 
□入浴後体重:68.8kg

腹筋に力を入れたスクワット50回をやっつけて窓の外を見ると傘の花がチラホラ。
一応歩行通勤を視野に入れて自宅集合住宅の裏口を出ると雨は止んでいた。

腹筋に力を入れつつラジオ英会話11月号テキスト復習大股歩行で9:30出勤、
さっとシャワー浴びて朝飯食って10:00始業。

午前中はKTプロジェクト企画概要説明・参加申込書をさらに念入りに修正、
午後は見込み客とのメールのやり取りを経て受注~Sちゃんにお願いなど、
通販受注分の雑務に追われる。

16:00から私的雑用に勤しんでいると17:00にAMZ・K社長ご来訪、
2台のPCにそれぞれ新たなドライバーをインストールしてくださった。
普通ならこのあと蕎麦居酒屋で一杯飲るところなんだけどねえ、残念。

18:20退出、駅ビルでちょろりと買い物してバスで19:30帰宅、
ゆっくり入浴して金曜夜の晩餐をゆるりと楽しんで23:00気絶。

日曜は出勤予定だから明日は自室で英語三昧か。


amazonに注文していたCDが届いた。
大ヴェテランのギタリスト、リー・リトナーの新作はキャリア初のギターソロ。

前出のK社長とオレがそれぞれ別の専門学校に通い始めた18歳のころ、
当時のフュージョンブームに乗って颯爽とデヴューしたのがリー・リトナー。

ダイレクトカッティングというオッソロシク画期的な手法でレコーディングされた
2枚のアルバムはたいへんな話題を呼び、彼の人気は一気に確立された。
(日本でも高中正義、カシオペア、スクエアがフュージョンブームをけん引した)

K社長もたちまちリー・リトナーの熱烈なファンになり、
Greco製の赤い335を手に入れて、熱心にコピーしたが
フリー、ロビン・トロワー、ロリー・ギャラガー、ウィシュボーン・アッシュ、
レーナード・スキナードなどのハードロックに首まで浸かっていたオレの心には、
フュージョンミュージック(=リー・リトナー)はあまりにも軽すぎて、
まったくといっていいほど響かなかった。

そのような些細な音楽的嗜好の乖離が、当時のK社長とオレとの間の溝を、
やがて少しずつ広げていったような気がする。

ちなみに彼とはその後も集合と離散を繰り返し、今は付かず離れずの大人の関係。

そんな因縁?のリー・リトナーだが、
あれから42年で一周回って初めてアルバム購入。
これがなんとも素晴らしい。




光陰矢の如し、ふと気がつくと40年以上の時が流れ、
音楽的な幅は広がったものの、人間的な幅は一向に…。
 

« 令和2年12月12日(土)|Top|令和2年12月10日(木) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3944-0cb12e65

Top

HOME

QR