FC2ブログ

令和2年12月16日(水)

■朝:りんご・アロエレモンゼリー・ヨーグルト・コーヒー
■昼:みそれそば・温泉卵
■夜:煎りそら豆・オニオンリングフライ・野菜コロッケ・
   キャベツ・ミニトマトとたこ炙り焼きのサラダ・白菜漬物
   一番搾り・石蔵お湯割り梅入り
    
□入浴後体重:69.0kg

背中日光浴スクワット50回~正面日光浴英会話暗唱歩行で9:30出勤、
さっとシャワー浴びて朝飯食って10:00始業。

今日も注文は1階居間担当分がちょろちょろと入るのみ、
小僧1号2号は終日無聊を囲ったまま。

一方人間様はこの機を逃さじとばかりプランe第二段階出品4点の
商品説明英文かき集め作業に邁進。

18:00退出、John先生に1年間の感謝のしるしを差し上げるため、
以前から気になっていたイタリアワイン専門店に向かう。

踏切を越えて商店街の坂をゆるゆる上りつつ、
道の左右に並ぶ店々を見やり、往時との変貌ぶりに思わず感嘆。

この街は今は単なる勤務地だが、生まれてから35年間を過ごした、
いわば故郷といってもいい。

この商店街は当時の自宅から徒歩5分ほどだが、
亡き父が頻繁に利用したカメラ屋(DPE店)によく連れてこられた。
店は今も健在で、石〇純〇に似た無愛想な次男が店主に収まっているが、
あの頃ショーウィンドウに華々しく飾られていたカメラは姿を消している。

隣の1階は当時文具店、砂〇啓〇似の婿さんが店主で奮闘していた。
さらにその地下はマロニエという古い喫茶店で、
高校生のとき朝学校に行くと見せかけて家を出てはコソコソとしけこみ、
モーニングを食ってタバコをくゆらせ、近くのパチンコ屋の10時開店を待った。

文具店、マロニエともに既に代替わりして見知らぬ店が営業している。
確かに故郷には違いなかろうが、その面影はほぼ失われている。

…現実に戻ってワイン店を探すもなかなか見つからず、
2度ほどノートPCを開いて地図を確認してようやくたどり着いた

John先生にはジンファンデル他計2本、
自宅用にもイルパッソを2種類買って目的完遂。
10分ほど歩いてヨーカ堂着、19:00から今年最後の英会話レッスン。

1つ前のクラスは中学2年生男子2人と1年生の女子1人であるからして、
そもそもJohn先生との会話がまったく成立していない。

先生はそのうっぷんを発散するかのように話しかけてくるし、
以前にも書いたがテキスト自体が非英語圏の高校生対象だから、
60過ぎの爺には当然不向き。
加えて先生と生徒の年齢が似通っているとなれば、
ついつい雑談に終始してしまうのも至極当然の成り行き。

しかし例え雑談とは言え、
毎回のように興味深い話が聞けるのが楽しい。

何の話題かは忘れたが、そこから派生して、
Josn先生がこう言いだした。

「バンクーバーはカナダ中で
”最も住人の服装がだらしない州”に選出されたことがある。
なにせ多くの人がTシャツとスウェットパンツで出勤するくらいだから(笑)」

デップリ太った北米人がだらしない恰好で歩く姿が目に見えるようだが、

「でもそれってクルマ社会で人々が公共交通機関を利用しないからでは?」

と聞いてみると、

「うん、それは確かに言えてるだろうね、みんなクルマで出勤するから」

そうだと思った。

以前何度かコラボレーター・Tちゃんの住む岐阜・各務原に出向いたが、
近くにある超巨大ショッピングセンターをのぞいて驚いたことがある。
実に多くの客がどうみても部屋着姿でモール内を平然と歩いているのだ。

思わずわが目を疑うオレに、Tちゃんがそっと耳打ちしてくれた。

「みんな自宅からクルマで来るから、家にいるときと同じ服装なのよ。
電車に乗るわけではないから、外出着に着替えようという意識が働ない」

なるほど!と腑に落ちたことを今でもよく覚えている。
それと同じことが海を越えた遠くのカナダでも起こっているわけだ。

それでもなお気になることがあったので尋ねてみる。

「同じカナダでもフランス文化圏の地域はどうなんですか?」

「例えばモントリオール。まずほとんどの人が太っていない。
男女ともに中高年になっても良いスタイルをキープしているし、
来ているものもオシャレで品がよい。
さらには街並みも整然としていて、まるでヨーロッパにいるようだ」

へぇ~~~と感心して思わず一言。

It sounds like a completely different country!

John先生も

Yes, it really does.

以下は本日の備忘録。

-----------------------------------------------

A bird in the hand is worth two in the bush.

手の中にある1羽の鳥は茂みの中の2羽の価値がある。

※もし猟師が1羽の鳥を捕まえたならば、その1羽の鳥に満足し、
 遠くに逃げて行った鳥を探し求めてはいけない、の意味。
 転じて、理想を追い求めず、現状で満足することが肝要。

be satisfied what you have

持っているもので満足する

be more committed to what you have

持っているものにより専心する

これは「二兎追うものは一兎も得ず」を英語で説明したオレに
「英語にも似たような諺がある」とJohn先生が紹介してくださったもの。

confined (形)(伝染・感染などが特定の集団に)限られた

contradiction (名)矛盾、不両立

A and B contradict each other.

AとBは互いに矛盾する。

across from ~ ~の筋向いに、~の真向かいに

I'll come to the next lesson unless I get a last-minute rush order.

土壇場で急ぎの注文が入らない限り、私は次回のレッスンに来る。

be sworn in 就任の宣誓をする

president-elect 就任前の次期大統領

-----------------------------------------------

最後に今年1年のお礼を申し上げ、心ばかりの品をお渡ししてレッスン終了、
いつものバスで20:40帰宅、さっとシャワー浴びて飲んで食べて23:00気絶。
 

« 令和2年12月17日(木)|Top|令和2年12月15日(火) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/3949-d5a472b5

Top

HOME

QR