FC2ブログ

令和3年2月25日(木)

■朝:りんご・パイナップル・アロエゼリー・ヨーグルト・コーヒー
■昼:わかめそば・温泉卵
■夜:あとひき豆・海鮮ちぎり揚げ・里芋煮・
   水餃子入り胡麻味噌たんたん鍋・
   Pモルツ・石蔵お湯割り・梅干し

□入浴後体重:69.0kg

朝方に見る夢は妙にリアルだ。

5:45に一度目覚めるも、このまま起床するにはいくらなんでも早すぎる。
ビザンツ書籍を再読するうちあっという間に沈没。

友人Y、Hら数人と駅を出て「遊庵」への道を急ぐ。

YとHは今から15年前の9月に行われたオレたち夫婦の結婚披露パーティーで、
ダブル司会を務めてくれた、いわば親友とも呼べるほどの間柄だったが、
Yとはこの3年間、なぜか年賀状のやりとりすら途絶えている。

一方のHとも仕事で週に1度は顔を合わせるものの、
酒席を共にしたのは3年前の9月が最後だ。

そのHが、「遊庵」へと急ぐ道すがら、たびたび低音のお笑い芸人Kと入れ替わる。
そして店の前までやってきたが、ここはどう見ても「遊庵」ではない。

いや、そんなことより3人ともマスクをしていないことに気がつく。

「ちょっと待って、リュックに入っているはずだから」

そう言ってサイドポケットを開けて中をまさぐるも見つからず、
ようやく取り出したのはなんと木製のマスク、仕方がないのでそれを着用。

すでに先に店に入っていたHというかお笑い芸人Kが早くもジョッキを片手に
「今日は何杯飲んでも生ビールが150円だって」と歓声を上げる。

まるで大箱のレストランのように広い店内はほぼ満席で、
多くの客が、これまでたまった鬱憤を晴らすかのように大声で談笑している。

そうか、ついにコロナが収束したのか、それで皆祝杯を挙げているんだな。
それにしてもいきなりそんな無防備に、以前の生活に戻れるものか?
それとも、オレが齢とともに臆病になっただけか?

見慣れないママさん役の女性に先導され、店の奥までズンズン進んでいくと
そこにはあるはずのない螺旋階段があり、2階へと続いている。

「2階はバーラウンジになっております、あいにく1階は満席なのでこちらへ…」


再度目覚めると8:00、しばらく夢の世界から抜け出せずにいたが、
残像を振り払うかの如く起床して背中日光浴スクワット50回~ストレッチ。

8:30出発、大股歩行で9:20出勤、さっとシャワー浴びて朝飯食って10:00始業。
早々に飛び込んだ虎ノ門からの受注品製作を済ませ、
久々にまとまった通販受注分の出荷準備を開始。

毎度のことだが、これがまあ手間がかかって時間を食う、time consuming な作業。
昼飯を挟んで14:30にようやく完了、コンパクト5箱を抱えて近くのヤマトへ。

それから1か月分溜めちゃった入出金伝票記帳作業、
今月は出勤こそ少なかったが入金はさらに少ない(泣)。

当店にとって命綱ともいえる丸の内からの受注が昨年10月から激減して以来、
まさに首の皮一枚状態が続いている。

丸の内依存体質脱却のために企画開発したHJプロジェクトもコロナで頓挫中、
DHDこそ世界各地からポツリポツリと注文が入るも、現状では雀の涙。
今しばらく雌伏の時が続こうが、それにも限界がある。

夕方は少々書きものして18:00終業、いつものバスで18:30帰宅。
ゆっくり入浴して絶品・水餃子入り鍋を美味しくいただいて22:30気絶。
明日朝は曇りの予報、しっかり着込んで出かけよう。


それにしても、今朝の夢はいったい何を暗示していたのだろうか?

昨日も書いた通り、実際のところコロナが収束した後も
以前のように頻繁に外食するかと問われれば、明確にNOと答える。

一方で、2年以上音沙汰のないYの現況が気がかりであることは間違いない。

そして、ここ最近はすっかりご無沙汰だが、長い間足しげく通った遊庵が、
この4月末で店を閉じるとママさんから知らされたのはショックだった。

遊庵は、W田ちゃんが店主に収まるずっと以前、
流れ流れてこの街の片隅にどうにか食い扶持をみつけた26年前から通い続けた。

W田ちゃんが経営するようになってからは、われわれ夫婦だけでなく、
多くの友人を誘い、いくつもの小宴を張った。
Yはほとんどいつもその場にいて、飲むほどにピッチが上がりながらも、
その明るく陽気な人柄で大いに皆を楽しませてくれた。

遊庵は残念ながら数年前からランチ営業のみとなってしまったし、
いかんせんこの状況下では二度と暖簾をくぐることもあるまい。
惜別の思いを込めて、11年前の動画を貼っておこう、ありがとうございました。


 

« 令和3年2月26日(金)|Top|令和3年2月24日(水) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/4022-2771a23f

Top

HOME

QR