FC2ブログ

令和3年7月23日(金)

■朝:リンゴ・キウイ・パイナップル・ヨーグルト・コーヒー
■昼:わかめそば・ゆで卵
■夜:枝豆・ピッツァマルゲリータ・生ハム(到来もの)・シーフードマリネ・
   ソーセージ(到来もの)・小松菜のシーザーサラダ・レッドチェダー・
   マスターズドリーム・プリミティヴォ(飲み残し)・イルパッソ

□入浴後体重:66.3kg


tukin.jpg

完全防備の怪しい姿で「ラジオビジネス英語」音読歩行、9:00出勤。

2階作業場で全裸になっていつものように膝コロ…ができない。
一定のところまでローラーを滑らせると腹筋に激痛が走り、
それ以上先に伸ばすことが不可能な状況。

思えば昨日、CDを床一面にばら撒いた写真を撮るため、
机の下に潜って上半身をくの字に折り曲げたとき、
突如として腹筋がつってしまい、強烈な痛みに襲われた。

なるほど、あの後遺症がまだ残っているというわけか。
ここは無理せず今日のところは膝コロを断念、
そのままさっとシャワー浴びて10:00始業。

昨日オンラインショップBに頂戴したお客様の声を
ありがたくWebに追加、お礼のクオカードを郵送。

今日こそは坊主を覚悟していたが、幸いにも2点受注。
それも40分たらずで片付け、気がつくと椅子に腰かけたまま、
延々1時間も気絶してやがる、昨日は9時間以上寝たのによ。

多少はスッキリした頭で「ラジオ英会話」4回分聴いて18:00退出、
外はまだまだ明るいが、それでも6月下旬に比べると
確実に日は短くなってきている。

18:40帰宅、久々にシャワーではなくゆっくり浴槽に身を沈め、
「聖母の美術全史」を読んでいると大量の汗が噴き出し、滴り落ちる。

湯上りに体組成計に乗ると思った通り66.3㎏、単なる発汗効果。
20:00からお待ちかね、金曜夜のワインタイム。
しかも今夜はわが家の帝王・プリミティヴォと懐かしやイルパッソの対決。

イルパッソ今から9年半前に初めて入ったイタリア料理店で飲んで以来
その味にほれ込んで自宅でも散々飲んできたが、
ここ数年は隣駅スーパーが取り扱わなくなったこともあって、
飲む機会が激減していた。

それに代わって今やわが家の金曜夜の主役となったのがプリミティヴォ
少し前に自宅から徒歩13分のところにできた大型リカーショップでは
実に5種類以上のプリミティヴォが売られているが、
中でもこのずんぐりむっくりしたボトル形状のがいちばんうまい。

ビールでのどを湿らせた後、いよいよ愛妻ともども飲み比べ開始。

イルパッソはシチリア、プリミティヴォはプーリア州と、
いずれも南イタリア産なので、ブドウの種類は違えどもかなり似た味。
濃厚な果実味とほのかな甘みは共通しているものの、
ほんの少しだけより風味豊かなプリミティヴォに軍配が上がろう、
というのが2人の共通した見解、でもその差はごくわずかで、両方ともうまい。

ついつい飲みすぎてフラフラ状態、水をがぶ飲みして23:00気絶。
この週末も当たり前だがまったく予定なし。


日々の生活に直結することだけに、
配偶者と料理・酒に関する味覚を共有できることは、この上ない幸せだ。
同じ料理をおいしく味わい、同じ酒をゆるりと楽しむ。

これでオレがミョウガを食べられたら完璧なのだが…申しわけない。
サバや鳥皮はどうやら克服できたが(それでも進んでは食べないが)
ミョウガだけは、あの独特の香りを嗅いだだけで卒倒しそう。

香草という点では同じくパクチーも天敵だが、こちらは愛妻もやや苦手。
その他の香草(パセリ・セロリ・大葉・バジル・ローズマリー・タイム)は
まったく問題ないが、どういうわけかミョウガだけは受け付けない。ご勘弁を。
 

« 令和3年7月24日(土)|Top|令和3年7月22日(木) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/4170-7d3bd580

Top

HOME

QR