FC2ブログ

令和3年10月27日(水)

■朝:キウイ・ヨーグルト・コーヒー
■昼:わかめそば・温泉卵
■夜:丹波黒豆枝豆・ブロッコリー・スモークチーズ・
   三元豚焼売・梅酢生姜と枝豆の薩摩揚・
   くりりんかぼちゃ・Pモルツ・石蔵お湯割り・梅干し

□起床時体重:65.1kg
□入浴後体重:65.3kg

スロースクワット30回~ストレッチ~歩行通勤~膝コロ30回2セット~
シャワー~朝飯~10:00始業。

午前中は小僧用PCの調整、午後は虎ノ門からの受注分製作。
2点いずれも1号2号が見事に仕上げてくれて何ら問題なし。

その後はHTML&CSS実践学習、と言いたいところだが
内容がどんどん難解になって理解不能、ほぼテキストをなぞるだけ。
それでも言われる通り記述していくだけでWebが生まれ変わっていく。

18:00に元理容師の友人が来訪、散髪をお願いして18:40退出、
19:00から英会話レッスン。

今週はBreaking Newsの記事を事前学習する時間が取れず、
そのかわりに out of を使ったさまざまな表現をA4にまとめ
プリントアウトしたものを元にご教示を願う。

先週の「マンモス復元プロジェクト」の記事をテーマにしたレッスンの最後に
「マンモスが現代に蘇った場合に懸念されること」に関して、
H先生は
「マンモスとともに眠っていた未知のウイルスが覚醒、拡散する可能性」
を指摘し、それを

Don't let the cat out of the bag.

と表現して下さった。

ネコ(この場合ウイルス)を袋から出すと、あちこち走り回って制御不能になる。

つまり

「危険なものは野に放つな」

という意味の教訓を含んだ慣用句と興味深く理解した。

その後復習の意味で同文を愛用しているWeb辞書で調べると

「うっかり秘密を漏らす」という意味だと表示された。

その語源は、

「袋に入れた猫を『豚が入っている』とうそをついて売ろうとしたら、
袋を開けられて、秘密がばれてしまったという話」とのこと。

「そういう意味もあったのですね」

と伝えると、H先生、なにやらスマホを操作して絶句。

「申しわけない、私が間違っていた」と一言。

そもそもあの文章には、
先生が用いた「危険なものは野に放つな」という意味はなかったということ。

日本語にも多くの人に間違って理解されていることわざはいくつもある。
(「馬子にも衣裳」「情けは人の為ならず」などなど)

先生の誤りを指摘するつもりは毛頭なかっただけに、こちらも恐縮するばかり。

そんなこんなで今週もレッスンは20:00に楽しく終了、
いつものバスで20:40帰宅、さっとシャワー浴びると65.3kg。
帰りは歩かず、強制発汗もしなかったのにこの数字に思わずニンマリ。

21:00から飲んで食べて23:00気絶。
 

« 令和3年10月28日(木)|Top|令和3年10月26日(火) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

QR