FC2ブログ

令和3年11月15日(月)

■朝:キウイ・ヨーグルト・コーヒー
■昼:わかめそば・温泉卵
■夜:煎り豆・たこボールと大根煮物・大根皮ポン酢漬・かぼちゃ煮・
   新生姜佃煮・トマト・大豆入りサラダ・Pモル・石蔵お湯割り・梅干

□入浴後体重:65.5kg

スロースクワット30回~ストレッチ~歩行通勤~膝コロ30回×2セット~
シャワー~朝飯~10:00始業。

午前中は「ラジオ英会話」「ラジオビジネス英語」各1週間分聴取。
午後は通販受注分の出荷を終え、さて何やるか、
と思った途端にバタバタと注文が入り、17:00までそれらの製作に追われる。

いつもより1時間ほど早く出勤したこともあってすでにヘロヘロ、
それでも18:10退出~暗い道を大股歩行で18:50帰宅。

ゆっくり入浴すると発汗効果の助けも借りて65㎏台に復帰。
20:20から飲んで食べて22:30気絶。


訪れるのはこれが二度目、という設定の、京都のとある食堂に入る。
料理が出てくるの待つ間、トイレに立つ。
奥に長い店の奥まったところにあるトイレに行く途中、
座敷席にいる客の老夫婦を見かけ、懐かしさのあまり話しかける。

「たいへんご無沙汰しております、東京の〇〇です。
お二人揃ってお元気そうで何よりです。

しかし今となって思えば、あの時ご商売替えなさったのは
ご子息の先見の明といいますか、ご英断でしたね。

私たちの商売は今、需要が激減してたいへんなことになっています。
思い切って店をたたんで転職する人もでてきていますが、
ほとんどの同業者は他にあてもなく呆然自失の状態です。

私ですか?

ここで放り出しては先代先々代にも申しわけが立たないので、
今の状況下で最善を尽くしていますが、先の見通しは不透明です。
他の可能性もなんとなく模索中、というところでしょうか。

そうしている間にもいたずらに時間が過ぎ、無駄に齢を重ねるだけですが…」

いずれもボンヤリとした輪郭の、旧知のはずだったその老夫婦は、
よく見るとまったくの見ず知らず、一方的に話しかけられて困惑気味。

オレはいったい、誰を相手に熱弁をふるっていたのか…。
  

« 令和3年11月16日(火)|Top|令和3年11月14日(日) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

QR