FC2ブログ

令和3年12月6日(月)

■朝:キウイ・ヨーグルト・コーヒー
■昼:わかめそば・温泉卵
■夜:お豆の王様・みつもち豚とキャベツの蒸し物・
   赤魚柚子胡椒白だし漬け焼き・冷奴・トマト・
   Pモル・石蔵お湯割り梅入り

□出勤時体重:64.6㎏
□入浴後体重:64.2kg

10時間近く眠って体調万全、人間寝るに限る。

スロースクワット30回~ストレッチ~3.2km歩行通勤~
膝コロ30回×2セット~シャワー~朝飯~10:00始業。

午前中にとっとと終わらそうと思っていた
「ラジオ英会話」「ラジオビジネス英語」一気聴取が
長電話や受注品製作などにより予定より長引いて14:30終了。

続いてDHW1点製作、久々なので少々戸惑うも16:00完成、出荷完了。
さらに丸の内と虎ノ門からのそれぞれ細かな受注品の製作で
ようやく全部片付いたのが17:00。

本日予定していた最大案件のラフデザイン制作には突入できず、
その件を客に詫び、少しだけ準備作業を行って時間切れ。

18:00退出、今年は冬の間も徒歩帰宅で通すつもり。
自宅近くの立ち飲み屋、居酒屋、イタリア料理店は
まだ月曜日だというのにそこそこ賑わっている。

19:00帰宅、ゆっくり入浴して飲んでつまんで22:00気絶。


以下は先週水曜日、代打T先生とのレッスンでの1コマ。

クラスメートさんが今年いっぱい休学なので、
その間、一応は彼女の復帰を待つという体でテキストは先に進めず、
最初から総復習することを先週H先生と取り決めた。

そこで今回は文字通りUnit1、1ページ目から再スタート。
東洋人男性が取引先である東洋人女性の会社を訪ねるという設定。

挨拶の後、女性に飲み物を勧められる場面を音読ではなく、
ロールプレイングで即興の会話を行う。

T先生 Would you like tea or coffee?

オレ Coffee would be great, thank you.

T先生 How do you take your coffee?

オレ I would like my coffee black, please.

とここでテキストにないアドリブで尋ねられる。

T先生 How black would you like?

どのくらいブラックなコーヒーがいいですか?
などと実際のビジネスの場面で尋ねられることはなかろう。
テキストから離れた応用力が試されているらしい。

少し考えて

I would like…deeply roasted coffee.

深煎りコーヒーでお願いします。

と答えてみる。(後で調べると deep と形容詞を用いるのが正解)

ここで「先生ならこう聞かれて何と答えますか」と質問すると、
T先生、ニヤリと笑って

As black as my soul.

私の腹と同じくらい黒い(コーヒー)。

思わず爆笑、こういうジョークをさらりと言えるようになりたい。
 

« 令和3年12月7日(火)|Top|令和3年12月5日(日) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

QR