FC2ブログ

令和3年12月22日(水)

■朝:りんご・パイナップル・ヨーグルト・コーヒー
■昼:わかめげそば・温泉卵
■夜:柿ピー・煎り豆・大根サラダ・春巻1(キャベツ・ハム・チーズ・大葉)×3本・
   春巻2(じゃが芋・ハム・チーズ・大葉)・サッポロ・石蔵お湯割り梅入り

□出勤時体重:64.6kg
□入浴後体重:64.6kg

6:00起床、通販サイトAMHに追加する3ページ分のコンテンツのため
ぞれぞれのページのトップに表示させる画像部品の制作。

スクワット30回~ストレッチ~歩行通勤~膝コロ40回×2セット~
シャワー後は64.6㎏、もはや64㎏台は完全に定着化成功。

近くのコンビニでいつもの朝昼飯を調達し、
戻ってくると店の前に客、寒い中お待たせしてスミマセン。

まずは朝飯前に軽く1点受注、データ制作を瞬時に済ませて朝飯。
午前中は虎ノ門受注分制作と通販受注分2点の出荷準備でおしまい。

午後はわけあって1階居間にある作り付け炬燵を念入りに掃除。
約15年前に建てられて以来一度も使われていない電気行火に初めて通電。
発火もショートもなく無事に作動してくれてひと安心。

その後も急ぎの電話注文品製作や引き取り来店客の応対などに追われ
ようやくからだが空いたのが15:30。

本来なら通販サイトAMHに追加するべきコンテンツを、
SEOのことを考えて以前別途ブログに掲載したが、
昨日入浴中にふと思い直してサイトに移設することを決意。

しかし、ただ単にコピペすればおしまいというほど単純な問題ではなく、
それなりに小細工を施さねばならない。

1時間以上かけてとりあえず1ページ分だけ移設完了、残りは明日以降。
17:00からちょろりと今夜の予習をして18:00終業~立ちコロ7回。

18:20退出、駅ビルでH先生に差し上げるお歳暮?Xマスプレゼント?を調達、
19:00から今年最後の英会話レッスン。

冒頭、サンタクロースの由来についてH先生から15分ほど講義を受ける。
要するにクリスマスもサンタクロースも確固たる史実に基づくものではなく、
その時々の権威者によって都合よく解釈されて用いられ続け、
現代においては北米を発端とする商業主義に利用されている、というお話。


この機会に自分なりの宗教観、死生観を少々披歴しておきたい。
以下はあくまで個人的見解につきご容赦を。

宗教とは、人間が産み出した最も偉大な「創作物」だと考えている。
キリストという人物が存在したのは間違いかろうが、
彼が為したとされる多くの奇蹟は、今日ではにわかには信じがたい。
甕の水が瞬時にして赤ワインに変わるとか、ね。

実際、新約聖書を著したのはキリスト本人ではなく、マルコやルカなど、
使徒やその同伴者であった。
やがてそれを教会が巧みに利用して自らの権威を高め、権力を強めていった。

その一方で、キリスト教のみならず、
宗教は長きにわたり驚嘆すべき宗教芸術を生み出してきた。
これすべて基本的には人間が勝手に考えて作った偉大なる創造物だ。

決して宗教(の存在意義)を否定するものではないが、
人はやがて生命活動を終えて屍になる、これが生とは反対の意味の「死」。
そしてその屍が焼かれるか埋められるかして生前の姿が見えなく状態を、
個人的には単なる「消滅」ととらえている。

そう、ただ消えるだけ。永遠に消えるだけのこと。

これだけ宇宙開発が進んだ今日、
キリスト昇天やマリア被昇天のエピソードにはどう考えても無理がある。
いくら成層圏を突破しても、そこには天国などなく、漆黒の闇が広がるばかりだ。

三途の川を見たという人もいる。
亡父もかつて心臓バイパスの手術中、川の向こうに祖母(父の母)を見たと言った。
しかしそれは彼の脳裏に浮かんだ幻覚(ビジョン)に過ぎなかろう。

人は死んだら消滅し、無になる。

それでもその人の面影は故人を慕う人々の心中に生き続ける。
ただそこには本人の「自意識」は介在しない。

そして、亡き人を想う、残された人々の素朴な思慕の感情が宗教の原点だ、
と考えている。
(実際、毎日の出勤、退勤時には父と叔母の遺影に声をかけている)

それがやがて、あまりにも過酷な現実の生活から少しでも逃避するために
明るい来世を夢見る・期待する・信じる多くの人々の切なる願いによって
宗教へと昇華していったのではなかろうか。


以上長々と失礼、閑話休題。ツラい現世の話の続き(苦笑)。

今日もビジネス英語のテキストをささっと楽しく復習してレッスン終了。
最後にH先生からクリスマスプレゼントをいただく。

そして今度はオレの番。

You've been a great help for me to improve my English skills
throughout the year,
Besides, you let me know great British blues music.
I really appreciate it, so this is a kind of year end gift.
I hope you like it
.

今年1年、私の英語力を高めるためにたいへんお世話になりました。
また素晴らしい英国ブルース音楽も教えていただきました。
とてもありがたく思っております、これはほんのお歳暮のしるしです。
お気に召せば幸いです。

と買ってきたイタリア白ワインをおずおずと差し出す。

20:00レッスン終了、いつものバスで20:40帰宅、
さっとシャワー浴びると今朝と同じ64.6㎏
愛妻手製の2種の春巻きをおいしくいただいて23:30気絶。

明日の歩行通勤はいつもと少々勝手が異なる。
 

« 令和3年12月23日(木)|Top|令和3年12月21日(火) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

QR