FC2ブログ

平成22年5月13日(木)

■朝:納豆・温泉玉子・海苔・昆布佃煮・新香・麦飯
■昼:むつ西京焼弁当
■夜:糖質ゼロビール・胡麻煎餅数枚・赤ワイン少々・カマンベールチーズ

□起床時体重:85.0kg
□入浴後体重:85.0kg …よしとしよう

朝、月例通院。

尿酸値は良好。
だいぶ前から苦しめられている、突如発症する「のぼせ」は、
(誰かが夜な夜な五寸釘打ってるとかじゃなくて…多分)、
どうやら現在服用してる降圧剤の副作用であることが濃厚で
医師に相談して薬を変えてもらうことにした。
これで一安心。

午前中、昔世話になった某氏の慰労会?を急遽思いつき、
昼間はスケジュール調整、店の予約やコースメニュー選定と、
食い物のことばかり考えていた。

だからというわけではなかろうが
21:00からの3kgウエイト装着6kmウォーク中ずーっと

「ビール飲みてえ」
「煎餅食いてえ」
「赤ワイン飲みてえ」
「チーズ食いてえ」

これは栄養補給だ。
そうだ、カラダが本能で欲しているのだ。
チーズや煎餅やビールや赤ワインは
きっと今夜のうちに筋肉になるのだ。
だったら飲まねばならぬ、食わねばならぬ。

と、無理やり自分を納得させて(=ごまかして)、
現在、糖質ゼロビール(風飲料)をほぼ一気飲みした後、
コンビニで売ってる安~い南アフリカ産赤ワイン(うまかねえよ)を
一人でグイグイ飲みながらコレを書いてる次第。

まあ、たまにはこんな夜もあらあな。

…ホントに「たま」かよ?
明日からが怖い。

(当初は↑で終わるつもりだったが酒が入ってついつい饒舌に…)

ついでに酒について少々…(ウンチクなんかじゃあねえよ)。

最初に一口(その一口が多いのよ)飲むならやっぱビールでしょ。
生もいいけど、できれば「サッポロラガー」がありがたい。
以前は(知る範囲では)O町のH幸くらいでしか飲めなかったが、
最近ではコンビニでも見かけることができてうれしい。
大人はラガーよ、それもサッポロに限る。

次は、和食なら断然日本酒、それも生酒がいいねえ。
盟友にもらった「初緑」(岐阜)が恐ろしく旨くて悶絶。
(モノスゴク旨いらしい富山の酒も併せて頂戴したが、そちらは未賞味)
「出羽桜」(山形)もヒッジョーに素晴しい。

肴は浅利の佃煮、小田原の蒲鉾、かに味噌瓶詰めだけでOK。
(全品成城石井で調達可能)
…〆はやっぱり土川そば(岩手)! オレに茹でさせろ!

---------------------------------------------------------

…蛇足ながら、個人的日本の三大麺は、
■土川そば(岩手)
■盛岡冷麺(※それも戸田久に限る)
■味噌煮込みうどん(※それも山本屋本店に限る)…以上蛇足。

---------------------------------------------------------

高価なフランスワインを飲むような店には金輪際行かないので
ワインといえばイタリアかなあ。
味にしろ香りにしろ、華があるからね。

たまに行くオステリアでもだいたいガブ飲みだから
味も銘柄もほとんどわからないけど
キャンティクラシコ、カンポフィオリン、アマローネなんかは
うまいと思うねえ。
成城石井で売ってるエヴァも素晴しいし、バローロは別格。

焼酎を覚えたてのころは石蔵を毎晩のようにグイグイ飲んでたけど
今はコンビニで売ってる一刻者や黒霧島で満足できます。
でも蕎麦屋で飲むなら蕎麦焼酎(十割とか)の蕎麦湯割りに尽きるだろう。
(ねっとりとした蕎麦湯であることが必須条件だが)

でもって仕上げの一杯はポートエレン。
現在では生産されていない、幻となりつつあるシングルモルトの皇帝。

今の経済状況と、それが及ぼす心理状態では、
とてもポートエレンをゆっくり味わうようなゆとりはないけれど、
そんな時を再び過ごせるように、日々悪戦苦闘してるわけだな。

その時のために、実はわが家の倉庫の奥には、
そのポートエレンのオフィシャルボトルが
5~6本眠っているのだよ、ウッシッシ(とっくの昔に死語)…。

間違ってもヤフオクにゃあ出さねえよ。
(オフィシャルボトルはもうほとんど出品されてないのね)

…これだけ書いてるうちに赤ワインどれくらい飲んだかって?
ボトル1//3くらいじゃあねえか。
う~ん、いい酔い心地。ではそろそろ気絶。
 

« 平成22年5月14日(金)|Top|平成22年5月12日(水) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://metabo-diet.jp/tb.php/45-4f13d561

Top

HOME

QR