FC2ブログ

令和元年6月11日(火)

■朝:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■昼:野菜たっぷりタンメン・ゆで玉子
■夕:あとひき豆・鶏もも塩焼き・蒸し春キャベツ・
   玉蒟蒻煮・天然鮭塩麹焼き・
   神泡Pモルツ・芋焼酎お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.6kg

11:00、厳重に木枠の箱に梱包されて届けられた40kg超の鉄の塊。

まずはドライバーで木枠を外し、ブツを中から引っ張り出す。
そのまま座椅子に乗せ、床を滑らせて階段下まで押す。

先週土曜日に見た品川神社の階段を上がる神輿のように、
ありったけの力で一段ずつ持ち上げ、やっとのことで2階に到着。

そこで待ち構えていた座椅子に乗せて作業場奥の設置場所まで押す。
設置場所の高さは90cm、渾身の気合とともに引き上げてどうにか設置。

通電させて電源投入すると、ウィ~ンという軽快なモーター音とともに
実に軽快に回転を始めた、そうとも、こうでなくっちゃあならねえ。
アタッチメントを装着してこちらは準備完了。

続いては今朝のうち取り外しておいた方の鉄の塊、
今度はそれを1階に下ろして木枠に押し込める重労働。

先のほどの順路を戻るようにして階段を1段ずつ下ろす。
一歩間違えて階段を転げ落ちると、
コイツの下敷きになって内臓破裂は確実、
焦らずじっくり攻めて階段下まで降下完了。

座椅子に乗せて木枠前まで運び、最後の力を振り絞って中に閉じ込め、
結束バンドでしっかり留めて木枠をはめて作業完了、はぁはぁ。

木枠を店に出すとちょうど通りかかった佐川が集荷。
通常便での出荷を断られ、チャーター便で送料¥14,000(泣)。

今日はこれで業務終了、てゆーかグッタリして何もやる気が起きず。
18:30終業と同時に退出してバスで帰宅、
ゆっくり入浴して肉体労働の疲れを癒し、飲んで食べて23:00気絶。

明日からいよいよ高齢者の仲間入り♪
 

令和元年6月10日(月)

■朝:りんご・ヨーグルト・コーヒー
■昼:野菜たっぷりタンメン・ゆで玉子
■夕:あとひき豆・麩田楽・湯葉巻き豆腐・
   豆腐しゅうまい・湯葉入り温野菜サラダ・エビフライ
   神泡Pモルツ・芋焼酎お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.6kg

どことなく疲労感が抜けないまま今朝もバスで出勤。

ただでさえ閑散期、しかもこの風雨に低温、
週明けとはいえ今日は1日遊び暮らすかと思っていたところ、
始業早々虎ノ門からFAXで3連打を食らって朝から青息吐息。

15:00にようやくそれが片付くともはや何もやる気なし。
「ラジオ英会話」を少しだけ聴いて19:00退出。

大井町阪急で3割引となった惣菜を買い漁りバスで20:00帰宅、
ゆっくり入浴して飲んで食べて23:00気絶。

明日は文字通りの重労働、腰痛発症に気をつけるべし。
 

令和元年6月9日(日)

■昼:ロースとんかつ弁当・しじみ汁・漬物
■夕:あとひき豆・ミモレット・牛肉と椎茸煮・
   フルーツカブとトマトのサラダ・
   春キャベツと白イカのアンチョビ風炒め・
   おかき・神泡Pモルツ・芋焼酎お湯割り

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.6kg

午前中は昨日分の長いこれ書いて写真とともにアップしておしまい。

午後は「ラジオ英会話」2日分だけクリアしたところ気力消滅、
2016に国立西洋美術館で開催された「カラヴァッジョ展」の図録を熟読。
さらにはゆっくり入浴しながら宮下規久朗先生「闇の美術史」を読む。

というわけでカラバッジョ~カラヴァジェスキを堪能した1日。
飲んで食べて23:00気絶。
 

令和元年6月8日(土)

■昼:ロースとんかつ弁当・しじみ汁・漬物
■夕:あとひき豆・トマトとモッツァレラのサラダ・
   アボカドとベビーリーフのサラダ・ミモレット・
   ハモンセラーノ・プロシュート・石窯パン・
   神泡Pモルツ・イルパッソ・プリミティーヴォ

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.8kg

午前中は2日分のこれ書いておしまい。

11:50に愛妻と自宅を出て近くの商業施設まで歩く。
ドラッグストアと100均を巡る予定が、
ついつい某とんかつチェーン店の前を通ると、
すでに売り切れていると思われていた弁当がまだ売れ残っている。
喜んでホイホイ買ってしまう哀しさよ。

13:00に帰宅して昼食を済ませる。
午後は外出の予定はなかったが、天気もなんとかもちそうだし、
なんといってもカロリーを消費せしめねばならない。

あてのないまま15:00に自宅を出発、
いつも通勤に利用するバスに乗り、国道に出たところで降りる。
クラシカルな商店街を少し歩いたところでUターンし、
川沿いの道に出ると、川の両側に多くの露店が出ている。

その名前は聞いたことがあっても場所を知らなかった荏原神社が
なんと川のすぐそばにあることを発見し、
さらには今日明日がお祭りであることを知る。


201906081.jpg

まずは参詣。

露店が立ち並ぶ川沿いを通って国道に出て、
右に折れて少し歩くと有名な品川神社があり、
なんとここも今日明日が例大祭であった。


201906082.jpg

階段を上ると参拝を待つ長蛇の列、
並ぶことは好きではないが、せっかくきたので最後尾につく。


201906083.jpg

能舞台では巫女さん2人による優雅な舞いが始まった。

参拝を済ませ、拝殿右手から建物の裏に周り通路を辿って、
幕末の志士でもあり、維新後は自由民権運動の主導者として
活躍した板垣退助の墓所へ。


201906085.jpg

「板垣死すとも自由は死せず」

この場所を訪れるのは実に46年ぶりのこと。

中学2年の夏休み、同級生のM岡と自由研究で
「品川区内にある歴史上人物の墓」を巡った。

当時千円札の伊藤博文の墓は西大井、
五百円札の岩倉具視の墓は南品川「海晏寺」にある。

(ちなみに岩倉具視の墓は確か当時は鉄柵越しに垣間見て、
墓の横に機関砲が鎮座ましましていることに驚愕した記憶がある。
しかし現在では厳重な警戒の下、完全非公開となっているとのこと。
そこには諸々の事情が見え隠れするが、ここでは触れない)

そしてこの頃まだ使われていた百円札に描かれていたのが板垣退助。
(百円札はこの翌年1974年8月に使用停止となった)

上の写真の墓碑は脳裏の奥深く、かすかに記憶が残っていたが、
墓もあったという事実は記憶から完全に抜け落ちている。

ともあれ懐かしい。


201906084.jpg

女坂を下って国道を渡り、賑やかな商店街を抜け、
旧東海道をゆるゆる歩くと、前方から神輿が5基連なってやってきた。

子供の頃から祭礼にはまったく興味がなかったので
実際に担がれている神輿を間近で見るのは初めて。


201906086.jpg

勇壮な担ぎ手さんたちの熱量がものすごく、その大迫力にビックリ。

5基の神輿が過ぎ去った後、再び旧東海道をのんびり歩き、





201906088.jpg

あの名画「幕末太陽傳」の舞台となった土蔵相模跡の立て札を見て
京急の線路を越えて国道に戻り、
品川神社の前まで来ると、さっきの神輿が今度はなんと
神社の階段を上っていくクライマックスに偶然遭遇。
もうただただ口アングリ、写真を撮るのも忘れてじっと見入る。

近くの停留所からバスに乗り、いつもより1つ先で降りて
ガード下スーパーでちょろりと買い物して19:00帰宅。

さっとシャワー浴びてゆるりと飲み食いして23:00気絶。
明日こそ完全休養。
  

令和元年6月7日(金)

■朝:五穀米おにぎり2個・つけもの・しじみ汁
■昼:掻き揚げそば
■夕:炒り豆・煎餅・カニ酢・ねぎメンマ・生姜ひじき・コールスロー・
   神泡Pモルツ・Teacher's ハイボール

□起床時体重:計量失念
□入浴後体重:69.8kg

目が醒めると久々に頭痛、そりゃあれだけ飲めばよ。
しかし覚醒3秒後には超重量級爆弾のことが脳裏をよぎり、
倦怠感でいっぱいの重いからだを引きずるようにして7:00自宅出発。

ありがたいことにちょうどやってきたバスに飛び乗り7:40出勤、
嗚呼、しじみ汁がアルコール漬け状態の五臓六腑に染み渡る。

8:00から早速データ制作にとりかかる。
実に幸いなことに、超難関部分は以前制作したデータが転用できるので、
新たに制作するデータはごくわずか、あとはそれらを統合するだけ。

午前中いっぱいかかってすべてのデータ制作と統合が完了するも、
受注内容をよくよく確認すると、あるはずのスペースがないではないか。
・・・逆に言えば、あってはいけないスペースを設定してしまったということになる。

ええいクソ、最初っからやり直しじゃあねえかよ。

しかし再度制作するデータは1点、あとはそれを再度合成するだけだから楽チン。
途中、丸の内からの自転車便引取りの至急分製作を挟んだりして16:00に完成。
早速閲覧用パスワードとともに先方に送信、あとは返事待ち。

ここでふとモニター画面を見ると1階店舗に小柄な白人女性の姿。
階段を駆け降りて接客、たどたどしい日本語だが、声に品がある。
ちゃっちゃと2点制作して20分後にお引き渡し。

使用上の注意は日本語で伝えるのは逆に難しいので英語で説明、
ってったって定型文だから慣れたもの。

するとその彼女は目を丸くして

Have you stayed in the U.S ?

うれしいことおっしゃってくれるじゃないのよ。
いえいえ、外国には行ったこともないしパスポートも持っていません。

そこから少しだけ談笑、お金もらって実践英会話させていただいて恐縮。

17:20に本日2回目となる丸の内からの受注。
それもちょいちょいと片付けて18:20出荷完了。

いつもならここで退出するところだが、今日はここからが本番。

超重量級爆弾の製作開始の前に、とある下準備が必要だ。
それはオッソロシク手間のかかる古~い機械のお守り。

業界機関紙に掲載するための昨夜の支部会報告を書き、
写真とともに支部長にメール送信。

それから本格的にお守りに専念し、ようやく終わったのが22:00。
脱兎の如く退出して停留所で10分待ってラス前のバスに乗り、
いつもの停留所で降りると外はいきなりの大雨。

コンビニ経由で帰宅、さっとシャワー浴びて飲んで食べて25:30気絶。
 

« Prev|Top|Next »

HOME

QR